便利になったユニバーサルコントロールで不要になるものはこれ!

Apple

「iPadOS15.4」のリリースによりMac で利用しているキーボードやマウス、トラックパッドを拡張ディスプレイとして利用している iPad でも利用可能となり、これぞ「連係」といった機能を利用できるようになりました。

Mac で iPad を直接操作できることでキーボードやトラックパッドから手を離さず、iPad を手に取る必要もなく利用できることは今後多数の可能性が出てくるとも感じます。

今回は、iPad を拡張ディスプレイにすることで不要になるものを中心にユニバーサルコントロールを上手に利用する方法などをお届けします。


iPad を拡張ディスプレイにすると不要になるもの!

ユニバーサルコントロールを利用して iPad を拡張ディスプレイにすることで不要になるものは、

iPad に接続していたキーボードやマウスです。

iPad Air や iPad Pro に装着していた「Magic Keyboard」や「Smart Keyboard Folio」、無印iPad に装着していた「Smart Keyboard」はユニバーサルコントロールで iPad を操作するのであれば不要になります。

外出時などに iPad と一緒に Magic Keyboard を利用する必要がある方以外は、これから新しく Magic Keyboardを購入する必要はないかもしれません。

ユニバーサルコントロールについてはこちら

Magic Keyboard よりもMacBookがおすすめ!

ユニバーサルコントロールを利用してその便利さを体感出来たなら、 Magic Keyboardを購入せずに新しい Mac に買い替える費用に充てた方が良い場合が多くなるでしょう。

例えば、2016年製の MacBook Pro13インチを利用されている方は M1搭載 MacBook Air に買い替えてみてはどうでしょうか。

2016年製の MacBook Pro13インチは intel Core i7デュアルコアCPUですが、2020年製の M1 MacBook Air は8コアCPUですので、処理性能的にも非常に進化しています。

これから iPad Air や iPad Pro の為に Magic Keyboard などを購入しようと考えている方は、MacBook Air や MacBook Pro、または iMac などを購入された方がより便利に Apple製品を利用することが可能になるでしょう。

外付けディスプレイで作業効率向上を!

既に MacBook Air や MacBook Pro を利用されている方は、外部ディスプレイに接続して利用することでより一層作業効率が上がります。

クラムシェルモードは MacBook Air などのディスプレイを閉じた状態で外付けのディスプレイを繋いで表示させますので、キーボードやトラックパッド(マウス)が必要になりますが、M1 MacBook Air なら13.3インチしかないディスプレイを外付けディスプレイに繋ぐことによりマルチタスク表示が更にみやすくなり、またユニバーサルコントロールで表示出来る iPad もありますので、作業効率が格段向上します。

クラムシェルモードで外付ディスプレイに接続するには、キーボードとトラックパッドが別途必要になります。

その他おすすめのキーボードはこちら

外付けディスプレイは最低27インチがおすすめ

新たに外付けディスプレイを選ぶ際にどのサイズのディスプレイが良いのかわからない方も多いと思います。

新しく外付けディスプレイを追加するには最低でも27インチは欲しいところです。

4K(3820×2160)は映像も綺麗に映りますが、32インチ以上の外付けディスプレイなら4Kがおすすめではありますが、27インチのディスプレイなら個人的にはフルHD(1920×1080)でも充分だと感じます。

筆者は23.8インチのフルHDを購入した為、画面を分割させて複数のタスク表示の際には最低27インチ、可能なら32インチが最適だと痛感しました。

23.8インチディスプレイでの表示

23.8インチディスプレイで分割表示

様々な分割方法がディスプレイのメニューで可能ですが、23.8インチでは2分割の画面でもこの表示な為多少窮屈さを感じてしまいます。

可能ならば32インチ、最低でも27インチのディスプレイがあると、一層効率が上がるでしょう。

おすすめの外付ディスプレイはこちら

iMac などデスクトップ利用者は iPad を外出時のPC代わりに

iMac や Mac mini、Mac Studio などデスクトップ型の Mac を利用されている方にとっては、iPad に「Magic Keyboard」や「Smart Keyboard Folio」を合わせて利用することで、外出時のノートPC代わりとして iPad を有効的に利用することが可能になるでしょう。

自宅では iMac や Mac mini などのサブディスプレイとして iPad を利用し、 外出時には iPad に Magic Keyboard を装着して「MacBook の代わり」としても利用出来る様にしておくことで最適な環境を得ることが出来るのではないかと思います。

こちらの記事も参考に

ユニバーサルコントロールでの連係は最強アップデート

これまで様々なアップデートがありましたが、今回のユニバーサルコントロールは、iPad を iPad 以上にしてくれ、Mac を更に便利に利用出来る様な連係となりました。

iPad を Mac のサブディスプレイとして、また iPad 単体としても Mac のキーボードやトラックパッド・マウスで文字入力や操作が出来ると様々なメリットが生まれます。

例えば Mac で送信するメールに PDF やパワーポイントなどの書類に修正箇所を記す際、Mac からドラッグ&ドロップで iPad へファイルを移し、Appleペンシルで修正箇所や具体例などを記入したファイルをまた Mac へドラッグ&ドロップで戻してメールへ添付など、利用用途は多岐に渡ると感じます。




コメント

タイトルとURLをコピーしました