快適なブラウジングに iPad mini のApple整備済製品がお勧め!

Apple

iPad mini 第5世代から iPad mini 第6世代に買い替えて半年が経過しました。

家の中でも外出先でもWEBブラウジングや動画視聴は iPad Air4 と iPad mini6 が主役となっている筆者ですが、その理由は「画面サイズ」が「ともにちょうどいい」から!

iPhone では比較的長めの文章だったり写真や図などが挿入されているサイトではスクロール回数も増え、ちょっと前に戻りたい時もその場所まで戻るのにスクロールし過ぎたりと面倒な経験をされた方も多いでしょう。

今回はWEBブラウジングや動画視聴など「閲覧主体の利用」であれば、2021年に登場した iPad mini 第6世代の1世代前の iPad mini 第5世代(以降 iPad mini5)のApple認定整備済製品がお勧めな理由などをお届けします。

iPhone に限らずandoroidスマホの利用者の方でWEBブラウジングや動画視聴で画面サイズに不満がある方は最後までお読み頂き、参考にしていただければと思います。


iPad mini5 で充分満足可能!

iPad mini は片手で握れる最大サイズのディスプレイが魅力ですが、現行モデルの iPad mini 第6世代(以降 iPad mini6)は 64GB / Wi-Fiモデル で59,800円します。

外出先で視聴するためにAmazonプライムなどでダウンロードしておいたりすると、64GBでは少し不安があるため、やはり256GBは欲しいところです。

iPad mini6 の 256GB / Wi-Fiモデルは77,800円と結構な価格になりますが、 iPad mini5 のApple認定整備済製品ならば58,080円と iPad mini6 の 64GB / Wi-Fiモデル よりも安く購入することが可能です。

iPad 整備済製品についての詳細はこちら

「でも、iPad mini6 の方が新しいから性能が違うんじゃ、、、!?」

はい、性能は iPad mini6 の方が上ですが、「閲覧主体の利用」であれば、全く問題なく利用することが可能です。

iPad mini の新旧比較

ここで、iPad mini6 と iPad mini5 の性能・機能の比較をしてみましょう。

新型 iPad mini 第6世代iPad mini 第5世代
ディスプレイ8.3㌅Liquid Retina7.9㌅Retina
解像度2,266 x 1,488ピクセル
解像度 326ppi
2,048 x 1,536ピクセル
解像度 326ppi
チップA15 Bionic Neural EngineA12 Bionic Neural Engine
メモリ4GB3GB
ストレージ64GB,256GB64GB,256GB
メインカメラ12MPカメラ f/1.8 4Kビデオ撮影(最大60fps)8MPカメラ f2.4 HDビデオ撮影(1080p 最大30fps)
フロントカメラ12MP 超広角7MP FaceTime HD
スピーカー2スピーカー(横向き)2スピーカー
ポートUSB-CLightning
認証電源ボタンTouch IDホームボタンTouch ID
ディスプレイ
広域色ディスプレイ(P3)広域色ディスプレイ(P3)
True ToneディスプレイTrue Toneディスプレイ
Appleペンシル第2世代第1世代

「閲覧主体の利用」でお勧めしていましたので、最初にディスプレイ性能についてみてみましょう。

iPhone よりも大きな iPad mini5 の7.9インチ Retinaディスプレイは、iPad mini6 の8.3インチLiquid Retinaディスプレイよりも0.4インチ小さいですが、1インチあたりのピクセルの数「pixel per inch(ピクセル・パー・インチ)」は326ppiと同じであり、

  • フルラミネーションディスプレイ
  • 反射防止コーティング
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • SDR輝度 最大500ニト

と、両機ともディスプレイ性能に関してはサイズ以外に大きな違いはありません。

これまで iPhone やandoroidスマホの小さい画面に不満があった方も、iPad mini5 のディスプレイでそんな不満もなくなり、快適なWEBブラウジングや動画視聴を楽しめて、より快適な環境を得られるでしょう。

Apple認定整備済製品の iPad はこちら

Apple認定整備済製品とは

Appleホームページより引用

では、Apple認定整備済製品とはどういった製品なのでしょうか?

Apple認定整備済製品はすべて、新品のApple製品と同様の機能上の基準を満たすため、全項目試験を含む厳格なプロセスで再整備を受けており、整備済デバイスはまったくの「新品同様」で、新品と比べて最大15%引きの特別価格で購入できる製品です。

iPad整備済製品に含まれるもの

iPad整備済製品は、すべてのモデルに新しいバッテリーと外装が使用され、1年間の保証も付いています。最短で翌日に無料でお届けし、返品も無料です。ほかにも、以下のものが含まれます。

  • 完全な動作テスト、Apple純正パーツの交換(必要な場合)、徹底したクリーニング
  • 出荷時のオペレーティングシステム、またはより最新のオペレーティングシステム1
  • 整備済製品はすべて、必要なアクセサリやケーブルとともに新品の箱に再梱包されます2
  1. お客様のデバイスが出荷時のオペレーションシステムを搭載した状態で出荷された場合も、最新バーションをApp Storeから無料でダウンロードできます。
  2. 数量限定につき、在庫状況は購入代金全額のお支払いが完了した時点で保証されます。
    Appleホームページより引用

充電端子が iPhone と同じ「Lightning」

iPad mini5 の充電端子は iPhone と同じLightningコネクタですので、同じケーブルで充電することが可能です。

iPad mini のサイズは持ち運びにも最適なサイズですので、ケーブルが一本で済むのはある意味ありがたいことでもあります。

Appleペンシルが利用可能

iPad の魅力の一つに、「Appleペンシル」が利用できることがあります。

これは iPhone には無い機能で、iPad をサッと取り出してAppleペンシルでメモを取れたり、略図を描いたり、フッと浮かんだアイデアを記しておくなど iPad を利用しているユーザーではAppleペンシルは1番必要なアクセサリーでもあります。

iPad mini5 はAppleペンシル第1世代に対応していますので、いつでもメモを取ることが可能です。

以前、iPad Pro10.5インチなどAppleペンシル第1世代対応の iPad を利用していて、Appleペンシル第1世代をお持ちの方は、そのまま iPad mini5 で利用することが可能です。

また最近はサードパーティ製のスタイラスペンも良い商品が多数発売されていますので、数千円からお気軽に購入することも可能です。

できることはほとんど同じ

iPad mini の第5世代・第6世代ともにできることはほとんど同じですので、閲覧中心の利用ならば iPad mini5 でも充分利用することは可能です。

長く利用するなら、iPad mini6 がお勧め!

Appleホームページより引用

「iPhone やスマホは4年くらい利用しているから、iPad もそれ以上利用すると思う」

iPhone やスマホは2年で機種変更する方が多いですが、iPad は比較的長く利用される方が多いです。

iPhone やスマホを長く利用される方でしたら、iPad もきっと長く利用されると思いますので、機種費用は高くなりますが iPad mini6 を最初から購入するという選択もおすすめです。

また、外出時よりも自宅での利用が多い利用環境であれば、画面サイズの大きい iPad 第9世代や iPad Air 第5世代の方が更に表示領域が増えますので、より快適な環境を手にすることができます。

iPad の選び方についてはこちらも参考にしてみてください。

iPad はあなたの for Better Life を更にワンランク上へと導いてくれるでしょう。







コメント

タイトルとURLをコピーしました