iPad ヘビーユーザーが Mac を強く勧める5つの連係機能

Apple

iPad Air 第5世代が発表され、M1が搭載されたことに驚いた方も多かったでしょう。

iPad はWEB閲覧や動画視聴などで iPhone よりも大きなディスプレイの為観やすく、筆者も度々 iPad の利用をおすすめしてきましたが、その iPad と一緒に利用することで更に便利になるモノがあります。

それが Mac です。

今回は iPad や iPhone を利用されている方が Mac を利用することで得られるメリットと言える5つの機能を紹介します。

大前提として、編集作業は Mac の方が数段使いやすい

WEB閲覧や動画視聴など情報を得る目的をはじめとするインプット的な利用では iPad は非常に優れています。

ただ、Word や Pages などでの長文入力や Excel / Numbers や動画の編集などアウトプット的なタスクでは Mac を利用した方が数倍便利です。

iPad は「パソコンの様に」利用することは可能ですが、「パソコンにはなりきれない」です。

ですが、iPad や iPhone と Mac を一緒に利用することで「編集作業が効率的」に行える機能のうち、厳選5種類をご紹介します。

1.「ユニバーサルクリップボード」は魔法のコピペ

Appleホームページより引用

「今 iPhone で撮影した写真を、Mac のメモや Pages に貼り付けたい!」

このような機器を超えて写真などのコピー・ペーストが可能なら便利だと思いませんか?

その願い、Appleが叶えてくれます。

同じAppleIDの利用でiCloudにログインしていたり、各デバイスでWi-Fi、Bluetooth、Handoffがオンになっているなどの設定がありますが、iPhone で撮影した写真や iPad のファイルなどをコピーして Mac など別のデバイスにペーストできるのです。

ユニバーサルクリップボードがこの機能で、デバイスを超えてコピペができる優れものなのです。

ユニバーサルクリップボードを利用することで、これまで以上に時間を短縮することができますし、流れるように作業を進めることが可能です。

iPhone や iPad とMac を利用することで得られる大きなメリットの一つです。

ユニバーサルクリップボードについての詳細や設定方法はこちら

2.ファイル共有なら「AirDrop」

「iPhone で撮影した動画を画面の大きな iPad や Mac に送って編集したいけど、その手間と時間が、、、」

AirDrop を使うと、近くにある他の Apple 製デバイスと写真や書類などのコンテンツを共有することが可能で、相手からも受け取ることができます。

自分のデバイスだけでなく、近くにいる iPhone や iPad をお持ちの友人にも送ることができますし、受け取ることもできるのです。

わざわざメッセージアプリに添付して送らなくても、AirDropでサッと送信・一瞬で終了!

一度利用すると手放せない機能の一つです。

AirDropについての詳細や設定方法はこちら

3.「Handoff」は文章作成に便利

Appleホームページより引用

「電車の中で iPhone のメモで作成し始めた文章を、自宅の Mac で完成させる」

こんなこともAppleのデバイス同士なら可能です。

よくあるのが、メールを iPhone で確認・返信し始め、後で Mac で途中から返信の内容を作成し始めるといった使い方があります。

Handoff に対応した メール、マップ、Safari、リマインダー、カレンダー、連絡先、Pages、Numbers、Keynote、数々の他社製アプリで、このように作業に着手したデバイスから近くにある別のデバイスに切り替えても、中断したところからスムーズに作業を続けられます。

空いた時間を有効に利用できる機能ですので、iPhone や iPad ユーザーに Mac をおすすめする理由の一つです。

Handoffについての詳細や設定方法はこちら

4.知っていると非常に便利「連係カメラ」

Appleホームページより引用

「プレゼンテーションアプリの Keynote に写真を挿入したいけど、今撮影して簡単に挿入できないかなぁ、、、」

それは iPhone と Mac で解決できます。

iPhone、iPad を使って書類をスキャンしたり、近くにあるものを撮影すると、すぐに Mac に表示されます。

連係カメラには、Finder、メール、メッセージなど、さまざまなアプリが対応していますので、とても便利です。

「ユニバーサルクリップボード」や「AirDrop」を利用しなくても、iPhone をカメラとして写真を、また iPhone をスキャナとして書類を Keynote など連係カメラ対応のアプリなら、一手間で差し込むことが可能なのです。

これもAppleデバイス同士だからできる「連係」の一つで非常に便利です。

連係カメラについての詳細や設定方法はこちら

5.「ユニバーサルコントロール」がとても便利

Appleホームページより引用

「Mac を利用しながら簡単に iPad も操作できたらもっと便利なのに、、、」

「Mac にある写真にAppleペンシルで文字を記入できたら便利なのに、、、」

iPad 利用者でキーボードやマウスを使っている方も多いです。

これからキーボードやマウスを購入されるならちょっとお待ちください。

例えば MacBook Air のキーボードやトラックパッドが iPad で利用できたら便利だとは思いませんか!?

この機能、最新のiPadOSで可能となりました。

Mac のキーボード、マウス、トラックパッドを使って、近くにあるほかの Mac や iPad デバイスを最大 2 台コントロールし、それらのデバイスを行き来しながらシームレスに作業できるのです。

この機能を利用することで、Mac と iPad のデバイス間でファイルをドラッグ&ドロップすることが可能ですので、

iPad で Apple Pencil を使ってスケッチしてから、描いたものをマウスやトラックパッドを使って Mac の Keynote にドラッグする。
Mac から iPad のメッセージ App 内のチャットに写真をドラッグする。

こうした作業を簡単にすることが可能なのです。

「究極の連係機能!」

iPad 利用者の方に Mac を強くおすすめする最も大きな理由です。

ユニバーサルコントロールについての詳細や設定方法はこちら

閲覧などの「インプット的利用」なら iPad がおすすめ!

日常では「編集」よりも「閲覧」を主とした利用が多いでしょう。

閲覧主体の利用なら、やはり iPad の方が使いやすいし便利です。

でも、PCを利用する機会も多い方はいますので、PCの買い替えなどの機会にMacを検討してみてはどうでしょう。

iPhone や iPad を一層便利なツールとして利用することが可能であり、Mac でよりクリエイティブなタスクを iPhone や iPad と合わせて利用することができるでしょう。

ご利用の環境が「閲覧」が多いのか「編集」が多いのかで、iPad 主体か Mac 主体かを選択するのも一つの方法でしょう。

Mac はあなたの for Better Life の手放せないツールとなるでしょう。








コメント

タイトルとURLをコピーしました