M1 も日常利用で変わりなし!サイズで mini 選択もOK!

Apple
引用 : Apple

「M1搭載の iPad Pro や iPad Air の登場で、iPad はこれから M1 でなければいけないのか心配・・・ 」

「2021年発売の iPad mini は発売当初よりも影が薄くなってきたけど、これから購入するのは待った方が良いのかなぁ・・・」

2021年10月に6代目となった iPad mini ですが、ホームボタンを排除したオールスクリーン、Appleペンシル第2世代対応、USB-C端子搭載と大幅なリプレイスで iPad ファンを魅了した頃から12ヶ月経過した今、少しその熱も冷え切っているようにも感じます。

その後2022年4月、iPad Air 第5世代が「M1チップ」を搭載して登場するなど熱い話題が絶えない iPad ですが、これから iPad mini 第6世代を購入される方にとっては「A15 Bionic」というチップで大丈夫だろうかという心配もあるかと思います。

Mac でも M1 Pro / M1 Max に次いで「M1 Ultra」と言うモンスター登場もあり、「Aシリーズ」チップ搭載の iPad mini6 を購入しても大丈夫かと言う不安を抱いている方の参考になればと思います。

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2,970円(税込)

 

iPad mini6 のサイズ感が好きなら購入すべし!

Appleホームページより引用

iPad mini6 の購入を検討されている方にとって、最大の魅力はそのサイズではないでしょうか。

「片手で握れる最大サイズの iPad」であり iPhone よりもWeb閲覧もしやすい為、利用者でもある私も所有している iPhone12 Pro の利用頻度が減る程 iPad mini6 を利用しています。

iPhone でも充分Web閲覧は可能なのですが(スマホ用に最適化された表示)、一度 iPad を利用してしまうと自宅での iPhone の利用頻度は本当に減ります。

外出先でも電車などでの移動中でも iPad mini6 なら片手で握れますので「iPhone の代用」として利用することが可能です。

M1 でなくても充分利用可能!

Appleホームページより引用

最新の iPad Air5 にも M1チップが搭載されたこともあり、iPad mini6 の「A15 Bionic」に不安を感じる方がいるかもしれませんが、全く問題ありませんので大丈夫です。

iPad などリプレイスされる度に「処理速度◯◯%向上」とかスペック向上の表示が気になりますが、日常利用では体感できないくらい iPad は過去のモデルも優秀なレベルで私たちの期待に答えてくれます。

ファイル容量の多い4K動画編集を『頻繁に』行うなど、余程 iPad に負荷のかかるタスクを実行しない限り iPad mini6 で性能不足を感じることはないでしょう。

実際私も iPad mini6 で性能不足を感じたことはありません。

少し古いアンケート結果ではありますが、iPad の主な利用用途アンケートの集計があります。

価格.comより引用

価格.comリサーチ No.044 iPad購入状況調査 より引用

このアンケート結果からも解りますように、iPad 購入後の実際の利用用途は iPad に負担を掛けるタスクの実行はほとんどありません。

こういった利用用途から M1チップ搭載の iPad Pro や iPad Air 以外でも日常的な利用であれば全く問題なく充分利用可能なのです。

これは A13 Bionic 搭載の無印 iPad 第9世代でも同様であり、全く問題ありません。

iPad mini6 はセルラーモデルがおすすめ!

iPad は自宅での利用が多いのが特徴な為、自宅にWi-Fi環境が整っている方にはWi-Fiモデルをおすすめしてきました。

ただ、iPad mini6 はそのサイズが魅力でどこにでも持ち出すことが可能な iPad でもあります。

そういった iPad mini6 を最大限に利用するのであれば、Wi-Fiモデルではなく「Wi-Fi+セルラーモデル」をおすすめします。

最近は利用したい時だけ利用したい分だけを契約可能な「povo2.0」を筆頭に格安SIMが充実しており、大手3キャリア(docomo / au / softbank)の回線を利用できるデータ専用SIMが充実しています。

Wi-Fiモデルの iPad を購入して iPhone などスマホでテザリングするという方法もありますが、長時間テザリングした場合には親機である iPhone のバッテリー消費が激しく、いざという時に「バッテリーが無くて電話ができない!」なんてことにもなりかねません。

どこにでも持ち出せる iPad mini6 だからこそ、セルラーモデルを活かして活用することをおすすめします。

また、仕事などで MacBook Air などノートPCを携帯している方は iPad mini6 をテザリングの親機として利用することも可能です。

モバイルWi-Fiにもなる iPad mini6、iPhone 以上の便利さを体感することが可能です。


2021 Apple iPad mini (Wi-Fi + Cellular, 64GB) – スターライト

唯一不向きな使い方は

Appleホームページより引用

そんな iPad mini6 ですが、私が利用していて唯一「これは不向きだなぁ」と感じる機能が「マルチタスク」です。

Split View や Slide Over といった画面を2分割、もしくは片側に小さく表示させるマルチタスクに限ってはディスプレイサイズの小ささが影響して正直使いづらいです。

マルチタスクを頻繁に利用されるのであれば、11インチクラスの iPad Pro や iPad Air、無印iPad か、iPad で1番画面サイズの大きい iPad Pro12.9インチがおすすめです。

ただ私もそこまで iPad でマルチタスクを利用する機会は多くないですが、学生さんなどで iPad の片側にテキスト・片側にノートアプリといった使い方が多いのならば、iPad Pro12.9インチが最適だと思います。

iPad mini6 は iPhone 以上のパートナー!


2021 Apple iPad mini (Wi-Fi, 256GB) – パープル

「丁度良いサイズ」に私は感じる iPad mini6。

大きすぎず小さすぎない8.3インチのディスプレイは、日常でも iPhone 以上に利用頻度が多く、今では「無くてはならない存在」です。

M1、M1!と高性能化になりつつある iPad ですが、サイズ感が気に入ったのであれば iPad mini6 は最高のパートナーになってくれるでしょう。

iPad mini6 は、あなたの for Better Life に欠かせないベストパートナーとなるでしょう。

iPad の購入なら、Amazonがお得です!

その理由はこちら







容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2,970円(税込)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました