もう直ぐWWDC22!新mac OS や新チップ M2 に注目!

Apple
Appleホームページより引用

現地時間の6月6日、WWDC2022が開催されます。

WWDCの正式名称は「Worldwide Developers Conference」で、Appleが毎年開発者向けに開催しているイベントです。

WWDCとは基本的に「次期OS」に関する内容がメインであり、mac OS や iOS、iPadOS などに追加される機能などの発表がメインです。

「開発者向けならば、一般ユーザーはそれ程関係ないかも、、、!?」と思った方、今お使いの iPhone や iPad、Mac でその機能が秋頃にOSのアップデートで利用することができるのですから、ある意味1番面白いイベントでもあります。

ただ過去のWWDCでは Mac Pro を発表して秋の発売を告知するということがありましたので、今回新型 Mac Pro に関して発表があるかもしれません。

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2,970円(税込)

 

過去にWWDCで発表された製品

Appleホームページより引用

過去のWWDCでの製品発表を振り返ってみましょう。

2008年に「iPhone 3G」の発表がありました。

この発表があり、今の「スマートフォン」があると言っても良いでしょう。

そして翌年「iPhone 3GS」が発表され、日本で初めて発売され今に至っています。

2012年にはRetinaディスプレイ搭載「MacBook Pro」、翌2013年には「Mac Pro」の発表があり、その衝撃的なフォルムに驚いた方も多かったでしょう。

2017年には「iMac Pro」と「iPad Pro10.5インチ」が発表され、iPad Pro10.5インチは私も購入しました。

Appleホームページより引用

2019年には「Mac Pro」と「Apple Pro Display XDR」が発表されました。

iPhone を除き、Mac も iPad も発表されるのは「Pro」モデルであり、他の「Air」等のモデルがないのが特徴ですから、今年のWWDCでは MacBook Air 発表の可能性は少ないものと私は思います。

Appleシリコンへ移行するとの発表がWWDC2020

Appleホームページより引用

そして2020年のWWDCでは「Mac がAppleシリコンへの移行を2年掛けて行う」という発表があり、同年11月に「M1 MacBook Air」「M1 MacBook Pro」「M1 Mac mini」の発売に至りました。

この経緯からしても、今年のWWDCで「Mac Pro」の発表と次期Appleシリコンである「M2(仮称)」に関する案内があるのではないかと思います。

Apple はハードウェアとソフトウェア両方を開発する企業

Apple製品の魅力でもあり強みとして、iPhone や Mac などのハードウェアと iOS や mac OS などのソフトウェアの融合による「便利さ」があると思います。

特に iOS や iPad OS、mac OS などに関してはアップデート対象期間が長く、仕上げりの良い iPhone や iPad、そして Mac を長く利用できる一つのメリットにもなっています。

こうした OS の新機能追加などをメインとする機会が、「WWDC」です。

今お使いの iPhone や iPad、Mac に追加される機能を楽しみに観るのもWWDCを楽しむ一つの方法です。

個人的には M1 Pro の後継に該当するであろう「M2 Pro」に期待

Appleホームページより引用

「まだ M2 の発表もまだなのに、M2 Proって・・・!?」

そんな意見が聞こえてきますが、個人的には今追加したいと感じる機種は「M1 Pro を搭載した Mac mini」です。

当然そんな機種は発売されていません。

M1 MacBook Air 利用者である私ですが、自宅ではクラムシェルモードで外部ディスプレイへ接続して利用しています。

M1 MacBook Air に現時点では全く性能的に不満がないのですが、今後動画編集を本格的に開始する予定でありますが、先日発売された「Mac Studio」はベースとなる「M1 Max」でもオーバースペック過ぎます。

今利用している Dell U2422HE に追加で32インチ4Kディスプレイを予定していますが、そのディスプレイを利用したデスクトップ版Mac を望んでいます。

M1 Mac mini の後継に当たる機種の発表がいづれあると予想しているのですが、M2チップ搭載機ではなく、高効率コアCPUを増した M1 Pro 若しくは M2 Pro 搭載が長く利用できるかと感じています。

そうした「希望」の意味も込めてWWDCを待つのも楽しみの一つとなります。

今 iPhone や iPad、そして Mac を利用されている方も、これから利用可能になる機能や将来的な利用を含めた「希望するスペック」など楽しみを持ってWWDCを迎えてみませんか。

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2,970円(税込)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました