眠っている iPad は拡張ディスプレイでの利用がおすすめ!

Apple

iPad Air5 が発売され、購入された方も多いのではないでしょうか。

iPad を買い増しすると、古い iPad は下取りに出すか売却、もしくは自宅で眠ったままになる場合もあるでしょう。

比較的新しく傷などがない iPad なら高価買取や高額で売却することが可能ですが、3年以上経過している iPad などではなかなか希望通りの額で売ることは厳しいかもしれません。

そんな売却せずに眠っている iPad は macOS Monterey と iPadOS の新機能「ユニバーサルコントロール」の拡張ディスプレイやミラーリングの iPad として利用しましょう。

今回は、非常に便利なユニバーサルコントロールの拡張ディスプレイやミラーリングとしての iPad 利用を中心にお届けします。

対応可能な iPadOS 対象機種はこれ!

対応するOS のバージョンは、macOS Monterey 12.3 とiPadOS 15.4 の対応機種ですが、iPad で言いますと、

12.9インチiPad Pro(第5世代) 11インチiPad Pro(第3世代)
12.9インチiPad Pro(第4世代) 11インチiPad Pro(第2世代)
12.9インチiPad Pro(第3世代) 11インチiPad Pro(第1世代)
12.9インチiPad Pro(第2世代) 10.5インチiPad Pro
12.9インチiPad Pro(第1世代) 9.7インチiPad Pro
iPad(第9世代) iPad Air(第5世代)
iPad(第8世代) iPad Air(第4世代)
iPad(第7世代) iPad Air(第3世代)
iPad(第6世代) iPad Air 2
iPad(第5世代) iPad mini(第6世代)
iPad mini(第5世代)     iPad mini 4

以上が iPadOS15 に対応しています。

筆者も「10.5インチiPad Pro」を売却せずに自宅にあるので、ユニバーサルコントロールの拡張ディスプレイ用として利用することにしました。

対象機種ならどれでもOK!

ここで大事なことは、対象機種であればどの iPad でも大丈夫だということです。

バッテリーの消耗が早くなっている古い機種でも電源に接続して利用可能な状態であれば問題なく利用可能です。

バッテリーの消耗が早い機種なら、単独で iPad として利用するには少し不安がありますが、拡張ディスプレイとしてならばその心配なく利用することができますので拡張ディスプレイに固定してしまいましょう。

ユニバーサルコントロールとは

Appleホームページより引用

Mac のキーボードやマウスやトラックパッドを使って、近くにあるほかの Mac や iPad デバイスを最大 2 台コントロールすることができ、それらのデバイスを行き来しながらシームレスに作業できる機能です。

ユニバーサルコントロールのシステム要件についてはアップル公式サイトでご確認ください。

ユニバーサルコントロールはベータ版で発展途上でもあるので、機能が想定通りに作用しない場合があります。実際、iPad を外付けディスプレイの下に位置付けした際にカーソルが iPad へ行き来しないことがありました。

MacBook のクラムシェルモードではキーボードなどが必要

MacBook Air(Pro) を閉じて大きな外部ディスプレイで使用するのに MacBook Air(Pro) のキーボードとトラックパッドは利用できなくなってしまいます。

その為別にキーボードとトラックパッド若しくはマウスが必要になってきます。

数あるキーボードやマウス(トラックパッド)の中でどのキーボードがお勧めなのでしょうか!?

おすすめのキーボード

やはりお勧めは、Apple Touch ID搭載Magic Keyboard が1番でしょう。

Apple 純正ですので MacBook Air(Pro) との相性も良く、Appleシリコン対応の最新マジックキーボードには指紋認証での解除が可能になっています。

打鍵感も MacBook Air(Pro) と同じなので、違和感なく使用することが可能です。

詳細はこちら

また、Mac 以外にWindows PCを利用している方にはキーボード1台を兼用できるモデルがおすすめです。

こちらの ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS は、PCを3台まで登録可能であり、キー一つで切り替えが可能です。

iPad にも対応していますので、自宅で iPad でも文字入力などをされる方にもお勧めできるキーボードです。

私も利用していますが、MacBook Air と lenovo のノートPC、iPad との切り替えが直ぐにできますので、とても便利です。

詳細はこちら

また同じシリーズで、テンキーの無い省スペースタイプの「MX KEYS mini KX700GR」もあり、こちらも3台のPCを登録可能です。

テンキーが不要な方や、キーボードも携帯される方にはこちらもお勧めです。

詳細はこちら

おすすめのトラックパッド / マウス

トラックパッドのお勧めは Apple純正 Magic Trackpad 一択です。

様々なMulti-Touchジェスチャーと感圧タッチテクノロジーに対応しており、大きなガラスの表面がエッジからエッジまで広がっているので、コンテンツのスクロールやスワイプがこれまで以上に快適になり、作業効率も向上します

詳細はこちら

キーボード同様にWindows PCも利用されている方には、ロジクール MX ANYWHERE 3 MX1700GR がお勧めです。

こちらも私は利用していますがマウス裏面のボタンで切り替えが可能ですので、複数のPCを利用されている方にはキーボードと合わせてお勧めです。

詳細はこちら

おすすめの外部ディスプレイ

外部ディスプレイは利用される用途にもよりますが、簡単に分けますと

・映像・動画編集もされる方には「27インチ以上の4Kモデル」
(可能ならば32インチ4Kディスプレイがお勧めです)

・映像・動画編集はそんなにしないのであれば「24インチ以上のフルHDモデル」

がお勧めです。

ディスプレイに関してはこちらの記事を参考にしてください。

お勧めのディスプレイは

Dell U3223QE 31.5インチ 4K ハブモニター

Dell U2422HE 23.8インチ USB-Cハブモニター

この2機種がお勧めです。

iPad の使い道は色々!

もし眠っている iPad があるならば閲覧専用として、またその iPad が対応モデルならば Mac の拡張ディスプレイとして利用することで iPad も生まれ変わります。

閲覧専用でも拡張ディスプレイ専用としても「移るならば問題ない」ですので、有効に利用してみてはいかがでしょうか。

iPad も Mac で生まれ変わり、あなたの for Better Life をより有意義にしてくれるでしょう。










容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2,970円(税込)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました