買い替えるより今お持ちの iPhone を使い倒す方がベスト!

Apple

毎年秋にリプレイスされる iPhone。

スペックが上がりデザインも変更されると魅力的に感じます。

ですが、そのスペックは本当に必要でしょうか?

今ある機能を使い切れていますか?

デザインは好みがありますので新型が必ずしも良いとは言い切れませんが、性能面では今発売されている iPhone 各種ともに申し分ないほどです。

今回は新型が発表されて買い替えるよりも今持っている iPhone を使い倒した方がいい理由と、買い替えた方がいい場合について考えてみたいと思います。

これは iPhone だけでなく iPad や Mac 、そして殆ど全ての家電などにも当てはまることですので、参考にしてもらえればと思います。

お使いの機種を使い倒そう!

「今お使いの iPhone の機能を使い切れていますか!?」

故障もなく外観も綺麗なのに iPhone の買い替えを検討しているあなたが友人や知人からこのような質問をされた時、「使い切れている!」と即答できるでしょうか!?

おそらく多くの方は iPhone の機能を使い切れていないでしょう。

iPhone を長く利用している私もその性能を充分に引き出し、機能を使い切れているかと質問されたら答えは「No」です。

ですが、安心してください。

使わない機能は使う必要はありませんし、iPhone の全機能を使い切る必要はないのですが、

「この機能をもっと早く知っていたら、、、」

「こんな便利な機能があるとは知らなかった!」

といった機能を知らずに使用していることが勿体無いと思います。

Apple製品同士で利用できる便利な機能

例えば「AirDrop」。

iPhone と一緒に Mac や iPad を利用されている方ならば、iPhone で撮影した写真や動画を一瞬で Mac や iPad に送信することが可能です。

iPhone を利用している友人や知人の方へも「AirDrop」で写真や動画などを転送することも可能ですので、撮影した画質を落とさずにそのまま渡すことが可能です。

そして、「ユニバーサルクリップボード」。

iPhone と一緒に Mac や iPad を所有されているなら、この機能は非常に便利です。

iPhone でコピーしたファイルをそのまま Mac や iPad へペーストすることが可能なのです。

例えば、iPhone で撮影した写真をコピーして Pages や Keynote などにペーストすることが可能ですので、わざわざ撮影した iPhone から iPad へ写真を転送する必要もありません。

iPhone 単体で利用できる「便利で知らない機能」

iPhone と Mac や iPad を合わせた利用環境でもまだまだこうした便利な機能はありますし、iPhone 単体で利用されている方も「まだ知らない機能」はあるはずです。

例えば文字入力の際、一文字だけ消去したい時になかなかそこの文字の後ろにカーソルを移動出来ずに苦労された経験はありませんか!?

そんな時は空白キーを長押し(英文字ならばスペースキーを長押し)することで、文字入力部分でマウスを移動させる様にカーソルをどこにでも移動させることが可能です。

こういった「機能」は新しい iPhone に限らず今お使いの iPhone でも利用可能です。

便利な機能はまだまだあります。

新しい iPhone を購入するよりもこうした「便利な機能」を使い倒して、新しく iPhone を購入しようとした費用を iPad や Mac の購入費用に充てた方が Apple 製品を今以上に快適に利用することが可能です。

Apple Watch は健康管理には必需品

iPhone を新しくするよりも、Apple Watch の購入費用に充てることで健康管理、いや大事に至る前に体の異常を知らせてくれる機能を得ることができます。

ある程度年齢を重ねた方には iPhone よりも Apple Watch の方がこれからは「必需品」になるかもしれません。

基本的に長く利用可能なのが iPhone の特徴!

バッテリーの劣化などは防げませんが、iPhone は長く利用することが可能です。

2年で機種変更される方が多い iPhone やスマホですが、iPhone はAppleのサポート期間が長いので、実はかなり長く利用することが可能なのです。

現在最も新しい iOS15 では2015年9月発売の『iPhone 6s』まで対応しています(2022年5月現在)。

7年前に発売された iPhone 6s がまだAppleから最新OSのサポートを受けられるのです。

またこのiOSのサポート以外にも、セキュリティーアップデートも受けることが出来ますので、バッテリーの寿命や iPhone 本体の故障などがなければこれだけ長く利用することが出来ます。

これはandroidスマホには無いメリットの一つです。

機種代金は高くてもコスパは良い!

長く利用できる iPhone だから、購入費用が他のスマホよりも高くてもコスパが良いと言えるでしょう。

ケースやディスプレイフィルムを貼ったりして、長く利用すれば愛着が湧き更に長く使用することも可能です。

☆こういった場合は買い替えがおすすめ!

サポート期間の長い iOS が特徴の iPhone ではありますが、買い替えを検討しなければならない場面も当然出てきます。

そうした場合は思い切って買い替えることも必要です。

バッテリーの減りが極端に早くなった!

買い替えの一つの理由として、バッテリー寿命があります。

利用した時間や充電方法撫でもバッテリー寿命に影響しますが、一般的には2年ほど利用するとバッテリーの劣化が現れ始めると言います。

最近の機種は2年で極端に消耗するようなことは聞きませんが、経験上3年利用するとバッテリー劣化は目立ってきます。

案外そうしたタイミングで新機種のデザインが気になることも多いです。

スペック不足を感じる!

個人的には、iPhone は「iPhone 6s で完成」されたと感じています。

その後はApple Pay などに対応した iPhone となり、生活に欠かせない機能が追加されたりしますが、基本的に今後はカメラ性能の微妙な進化になると思われます。

次期モデルの「iPhone14 シリーズ」は画素数が相当上がるなどの情報が出ていますが、iPhone などに搭載されている小さいセンサーでは iPhone13 シリーズの画素数で充分であり、これ以上の画質競争は不要だと個人的には感じます。

ですが、生活に変化が出た場合、例えばお子さんが誕生して成長を記録したいとか、ペットを新しく迎え入れて成長記録を残したいなどといった場合、カメラに拘って機種変更されるなどは絶好のタイミングかもしれません。

新型のデザインがどうしても気になる!

これが機種変更の理由で最も多い意見ですが、新機種のデザインやカラーで気に入った iPhone が登場した時は、買い替えの良いタイミングでしょう。

気に入った機種ならば、iPhone で撮影する機会も増え、自然と iPhone に触れることで今まで知らなかった機能ももっと知りたくなるタイミングなのかもしれません。

iPhone は秋に新機種発表、半年後に新しいカラーを追加投入するというパターンが2年ほど続いております。

iPhone 13 シリーズや iPhone 13 Pro シリーズの「グリーン」系のカラーも人気があり、もし気に入っているのならば、購入のタイミングなのかもしれません。

iPhone 14 シリーズは円安の影響を受けて価格が上がる可能性もあります。

まとめ 今利用している iPhone を使い倒すのがベスト!

今使用している iPhone を使い倒して知らなかった機能を利用したり、新しく別の端末を購入することでAppleの魅力でもある「連係機能」を使うことが可能です。

iPhone 単体で利用できる便利な機能などは、いずれ買い替える時に「更に便利」に利用できるようになると思います。

iPhone をはじめApple製品は、あなたの for Better Life に欠かせないツールであり続けるでしょう。





コメント

タイトルとURLをコピーしました