初めての iPad!価格最優先でこの2機種がおすすめ!

iPad9 / iPad mini6Apple
Appleホームページより引用

「iPhone を利用していてこれから iPad を使ってみたい!」

「iPad が便利らしいから、私も使ってみたい!」

この記事では、これから iPad を購入して使ってみたいと考えている方にどの iPad がおすすめなのか!?

今発売されている機種の中から「価格最優先!」での2機種とその理由、そして選ぶ際の注意点をわかりやすく解説していきます。

iPad をこれから始めてみようというビギナーの方はぜひ参考にしてみてください。



価格最優先でこの2機種がおすすめ!

iPad を使ってみたいけど、安くはないから間違った機種選びは避けたい気持ちが強く、購入を躊躇される方も多いです。

そんな方には「価格最優先」でこの2機種がおすすめです。

※7/1より日本での販売価格が改定されました。

    • iPad 第9世代(無印iPad9)Wi-Fiモデル / 64GB 49,800円

  • iPad mini 第6世代(iPad mini6)Wi-Fiモデル / 64GB 72,800円

1番お求めやすい無印iPad9 とその次にお求めやすい iPad mini6 。

両機種ともWi-Fiモデルで最小ストレージ容量の64GBが「iPad デビュー」の方におすすめです。

初めての機種だから機種代金を抑える

iPhone を利用していてディスプレイの小ささから見難いと感じた方は多いです。

その解決策の一つとして iPad の購入を検討されている方は多く、購入後はプライベートからビジネスまで広く利用できる便利さに「購入して良かった!」という声が多い一方で「iPad は高い!」という声が多いのも事実です。

そこで「初 iPad だから機種代金を抑える!」ことで購入のハードルを下げ、iPad の便利さをもっと多くの人に感じてもらいたいです。

最初は閲覧中心の利用がほとんど!

iPad 購入後の利用用途アンケートによると、Web閲覧や動画視聴など「閲覧中心の利用」、インプット的利用が殆どです。

こうした「閲覧中心の利用」であれば高額な iPad Pro などスペックの高い iPad でなくても充分利用可能ですから安心して利用することが可能です。

自宅での利用が多いからWi-Fiで充分!

iPad の利用場所で多いのは「自宅」です。

Wi-Fi環境が整っている自宅ならば、機種代金の高い「Wi-Fi+セルラーモデル」よりも価格の安い「Wi-Fiモデル」で利用可能です。

外出先では iPhone などでテザリング利用!

iPad を利用していくと外出先でも利用したくなってきます。

加入プランにもよりますが、iPhone などスマホをテザリング親機として利用できますから、たまに外出先で iPad を利用する程度ならばWi-Fiモデルで充分です。

外でもバリバリ利用したくなったら買い替え!

iPad の便利さを体感すると、外出先でもバリバリ利用したくなってきます。

特にビジネスで利用する場合、機動性も外せなくなるでしょう。

その際は思い切って「Wi-Fi+セルラーモデル」への買い替えを検討されると良いでしょう。

それまではWi-Fiモデルでも充分満足できます。

基本的に「出来ることは一緒」

クリエイティブなタスクなど高負荷をかける用途以外、iPad で出来ることは一緒です。

4K動画の編集やRAWファイルの編集を頻繁にされるようなクリエイティブな利用以外では無印iPad9 でも充分対応可能です。

気軽に無印iPad9 や iPad mini6 のWi-Fiモデル / 64GB から始めて、iPad の便利さを体感してからステップアップする方が無駄もなくなると思います。

万が一使わなくなっても負担が軽い!

ただ全ての人が満足できるとは言い切れないのも事実であり、購入したけれど利用する機会は殆どなく、売却したり眠らせたままの iPad があることもあります。

万が一購入した iPad を利用しなくなった場合、高額な iPad を購入した場合よりも負担は軽いですし、売却することも可能です。

iPad9 / iPad mini6 の注意点

お求めやすいこの2機種ではありますが注意点があります。

それぞれみてみましょう。

iPad9 の注意点

最初に iPad 第9世代の注意点をみてみましょう。

本体の厚みが気になる場合がある

iPad9 は厚さが7.5mmあり、iPad mini6 の6.3mmや iPad Air5 の6.1mmと持ち比べた際に厚みが気になる場合があります。

片手で持つことの多い iPad ですので、「手にした感触」は予め確認した方が良いかもしれません。

反射防止コーティングがない

iPad9 は反射防止コーティング非対応の為、室内灯などが映り込み反射して見難くなることがあります。

気になる方と気にしない方で別れますが、他の iPad は反射防止コーティング対応ですので注意点と言っても良いでしょう。

フルラミネーションディスプレイ未対応

フルラミネーションディスプレイは iPad9 は未対応です。

ディスプレイをタッチ操作するときやAppleペンシルを利用して文字や絵を描く際、指やAppleペンシルと書いた字の間に空間が生まれ、違和感を感じる場合があります。

反射防止コーティングも同じですが、対応機種と比較しなければ気にならない方も多いので、「価格とトレードオフ」と割り切れば日常利用では影響することはないでしょう。

lightning端子を使用している

iPad で唯一lightning端子を使用している iPad9。

iPhone でもlightningケーブルでの充電ですから気にすることはないですが、USB-Cケーブルと比較すると転送速度が遅いことがデメリットではあります。

ただ初iPad として64GBを選択するのであれば、iPad 本体に容量の多い動画ファイルなどを保存する機会も少ないことを考えれば、問題ないでしょう。

Appleペンシル第2世代に対応していない

iPad9 はAppleペンシル第1世代に対応していますので、Appleペンシルの利用は可能です。

ただ、他の iPad は本体へマグネット装着出来るAppleペンシル第2世代対応ですので、利用したい時に本体から外してすぐに利用できるというメリットがあります。

このAppleペンシル第2世代に対応していない点は、今回掲げた注意点の中で唯一 iPad9 のデメリットと言える点ではないかと感じます。

背面のメインカメラ性能が劣る

iPad9 は背面に搭載しているメインカメラが8MPと他の iPad よりも画素数が少ないです。

ただ、iPad のカメラを利用する機会はそれ程ないので、気にすることはないでしょう。

iPad 利用歴9年超の私も iPad で撮影した回数は10回あるかないか程度です。

スピーカーが本体下部に2スピーカー

iPad で動画視聴する際は横向きで利用する場合が多いです。

その際 iPad9 は片側にスピーカーが位置しますので、臨場感は他の iPad と比べて劣ります。

今はワイヤレスイヤホンを利用する方が多いので、その場合はスピーカーの位置や音質を気にする必要はありません。

iPad mini6 の注意点

次は iPad mini6 の注意点を2つみてみます。

Smart Keyboard など一体型キーボードがない

iPad9 には iPad 本体へ装着できるApple純正 Smart Keyboard が用意されていますが、iPad mini6 にはこうしたApple純正の装着できるキーボードがありません。

ただ、Bluetooth接続でキーボードは利用可能ですので、iPad 本来の気軽に手に取れてサッと使えるという特徴を活かす上では関係ないとも言えるでしょう。

Split View 利用時の表示が小さい

iPad mini6 では Split View などマルチタスクでの利用は他の iPad と比較すると正直劣ります。

ディスプレイが8.3インチと小さい為仕方ないですが、Split View を利用する機会って意外と少ないのかもしれないです。

利用目的がハッキリしているならば「Pro等」も検討

iPad を購入する目的が「デザインアプリを利用して iPad でデザイン作成をする」と言ったハッキリした目的があるのであれば、iPad Pro などの高性能な iPad がおすすめです。

「M1搭載」機種は現段階では使いきれない

一方、iPad ビギナーがいきなりハイスペックな iPad を購入しても使いきれないでしょう。

M1搭載の iPad Pro や iPad Air は長年利用しているユーザーでもM1チップを iPad で使い切ることはできないです。

それに万が一 iPad に飽きて使わなくなったことを考えると、購入費用が無駄になります。

どうしてもカラーが気に入ったなら「Air」もOK!

Appleホームページより引用

「iPad Air に気に入ったカラーがある!」

デザインやカラーで気に入った機種があるのならば購入するのはおすすめです。

理由は単純、「気に入った iPad ならば、利用頻度が上がるから!」です。

利用頻度が上がることで、iPad の操作方法の習得も早くなり、より一層利用する機会が増える為です。

購入した iPad を大切に利用するために!

せっかく気に入って購入した iPad、値上がりしたからではないですが『iPad を保護する』ためにもケースとガラスフィルムは最低限準備した方が安心です。

無印iPad 第9世代におすすめのケースはこちら

無印iPad 第9世代におすすめのガラスフィルムはこちら

iPad mini 第6世代におすすめのケースはこちら

iPad mini 第6世代におすすめのガラスフィルムはこちら

お求めやすい iPad から始めるのがおすすめ!

今回は価格最優先で iPad の機種を2機種ご紹介しました。

気軽に始めるにはお求めやすさは重要です。

今回はストレージ容量が最小の64GBをご紹介しましたが、iPhone で撮影した写真や動画を iPad で閲覧・編集されるなどの場合は、64GBでは足りなくなる可能性が大きいので、最初から256GBを選択することをおすすめします。

iPhone よりも大きな画面でのWeb閲覧や動画視聴、始めてみませんか!

iPad はあなたの for Better Life のツールとして手放せなくなるでしょう。

iPadやMac購入ならAmazonギフト券 チャージタイプの利用が一番お得!
日常の買い物でAmazonを利用されている方は多いと思います。そのAmazon利用の際に高価格な買い物がよりお得になるAmazonギフト券チャージタイプを利用されていますか?チャージするだけで最大2.5%ポイント付与されますし、購入の際商品のポイントも得られます。利用しないと勿体ないです。






コメント

タイトルとURLをコピーしました