値上げの可能性大のiPhone14より完成型の13シリーズ がお勧め

Apple
Appleホームページより引用

iPhone14 シリーズに関する情報も多く見られる様になってきました。

この情報はまだ「噂」程度の信憑性しかありませんが、円安による iPad Air 第5世代の日本での販売価格や iPhone をはじめApple製品の製造をしている中国のロックダウンや半導体不足などを考慮すると、少なからず日本での販売価格は上がると考えて間違いないでしょう。

そんな中、新しい iPhone 14 シリーズでも最新の「A16 Bionic」を搭載するのは iPhone 14 Pro シリーズのみで、iPhone 14 シリーズは現在 iPhone 13 シリーズへ搭載されているチップのままではないかといった「情報」も出ています。

今年の新モデルで iPhone の買い替えを検討されている方はどういった選択が良いのか考えてみました。

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2,970円(税込)

 

円安の影響を受け価格改定の可能性大!

2022年秋に発表・発売される予定の「iPhone 14 / 14 Pro」シリーズは、iPad Air 第5世代同様に円安の影響を受けて日本での販売価格は上がるだろうと言われています。

因みに、現行モデルである iPhone 13 シリーズの販売価格は以下の通りです。

iPhone 13 Pro MaxiPhone 13 ProiPhone 13iPhone 13 mini
128GB¥134,800¥122,800¥98,800¥86,800
256GB¥146,800¥134,800¥110,800¥98,800
512GB¥170,800¥158,800¥134,800¥122,800
1TB¥194,800¥182,800

どうですか、改めて見てみると高額だと思いませんか!?

新型の iPhone 14 シリーズはこの価格以上で販売される可能性があるのです。

この秋に iPhone の買い替えを検討されている方は価格は覚悟しておいた方が良さそうです。

iPhone13 シリーズは完成された iPhone!

今販売されているiPhone 13 / 13 Pro」シリーズはほぼ全てにおいて「完成された iPhoneだと言えるでしょう。

マスク装着で解除可能となった Face ID があれば指紋認証はもう不要ですし、これが必要といった機能はもうないのではと思います。

動画撮影も手ブレ補正が優れていて充分な性能!

iPhone 12 シリーズでは「ビデオ撮影のセンサーシフト光学式手ぶれ補正」は iPhone 12 Pro Max しか対応していなかったが、iPhone 13 シリーズは mini を含む全ての機種に対応しており、気軽に撮影しながらも強力な手ぶれ補正のかかった動画を撮影することが可能となっています。

動画撮影の機会が多い現在、この機能が iPhone 13 シリーズ全機種に搭載されているのはありがたいことですし、動画撮影にこれ以上の機能は必要ないと言っても良いでしょう。


Apple iPhone 13 (512GB) – ブルーSIMフリー 5G対応

望遠レンズが不要ならば、iPhone 13 がおすすめ!

Appleホームページより引用

iPhone 13 Pro / 13 Pro Max には「Pro 12MPカメラシステム(望遠、広角、超広角)」の3眼レンズ搭載ですが、望遠レンズが不要な方には iPhone 13 / 13 mini の「デュアル12MPカメラシステム(広角、超広角)」がおすすめです。

街角でのスナップショットも通常の広角レンズで充分ですし、望遠レンズの利用頻度は意外と少ない場合が多いです。

カメラ性能に拘りたい方もナイトモードのポートレートやマクロ撮影などの撮影する機会が少なければ、iPhone 13 / 13 mini でも充分満足できるレベルでもあります。

iPhone 13 mini は最後の mini の可能性大!

Appleホームページより引用

iPhone 12 シリーズから登場した「mini」は、iPhone 13 mini で最後になりそうです。

個人的にはこの「mini」のサイズが日本人の手には1番しっくりくるサイズだと思いますので、14 シリーズから廃止となると非常に残念です。

サイズの理由から搭載バッテリーの容量が小さいなどはありますが、iPhone 13 mini が気に入っている方は次期モデルは期待できない為、早めに購入されることをおすすめします。

センサーサイズを考慮すると「13 シリーズ」で充分!

Appleホームページより引用

iPhone 14 Pro / 14 Pro Max のリア広角カメラは4,800万画素になると噂されています。

スマホに関しては、各社カメラの画素数で争っている状況ですが、搭載できるセンサーサイズを考慮すると1,200万画素で充分です。

撮影した写真はそのまま iPhone で観るか、大きなディスプレイで観るにしても iCloud へ保存して Mac か iPad くらいではないでしょうか。

また、印刷したとしてもA4サイズ以上に現像する場合はほとんどなく、A4サイズであれば荒さが目立つこともありませんので、個人的には iPhone のカメラはほとんどの方にとって iPhone 13 シリーズで充分満足可能だと思います。

私の iPhone が 11シリーズ以前の機種ならこうする!

Aooleホームページより引用

今 iPhone 12 Pro を使用している私ですが、もし私の iPhone iPhone 11以前の機種だったら、現行モデルの iPhone 13もしくは iPhone 13 Proを購入します。

  • iPhone 13 Pro Max はデカすぎる
  • iPad も利用しているので 13 Pro Max のディスプレイは不要
  • iPhone 13 Pro Max はカメラ性能が 13 Pro と変わらない
  • iPhone 13 でも充分だが、望遠レンズの利用する機会が多い
  • iPhone 13 mini だとテザリングの際にバッテリーに不安がある

これは私の利用環境をベースとしての選択ですので、それぞれの利用環境により選択する機種も変わってきますが、秋発売の高額になる可能性大の「iPhone 14 シリーズ」よりも iPhone 13 シリーズを選択された方がコスト的にも満足されるでしょう。

今年の新型 iPhone 14 シリーズ購入を予定されている方の参考になればと思いますので、性能・コスト両面で「iPhone 13 / 13 Pro」シリーズを選択の一つに加えてみてはどうでしょうか。





容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2,970円(税込)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました