M2 MacBook Pro13インチは誰の為の Mac!?

Apple
Appleホームページより引用

WWDC2022では M2チップ搭載 MacBook Air の製品発表が目立ちましたが、もう1機種 Mac が発表されました。

それは「M2 搭載 MacBook Pro13インチ」です。

スペック的に上回る M1 Pro / Max 搭載 MacBook Pro14 / 16インチが存在する中でどういったスペックになるのか注目しました。

今回同時発表となった M2 MacBook Pro13インチのスペックを確認すると同時に、どういった方に適した MacBook Pro なのかも考えてみたいと思います。

2022 13インチMacBook Pro: 8コアCPUと10コアGPUを搭載したApple M2チップ, 512GB SSD – スペースグレイ

M2 MacBook Pro は誰の為の Mac!?

Appleホームページより引用

見出しにある「M2 MacBook Pro は誰の為の Mac!?」ですが、同じ様に感じた方も多いのではないでしょうか!?

Appleが世に出した製品ですので、「とりあえず出しました!」的な製品ではない筈。

価格と仕様からの想定ですが、この M2 MacBook Pro13インチは「Mac Studio」や「M1 Max MacBook Pro16インチ」などハイスペックでモバイル利用に向かない Mac を利用しているユーザーの「モバイル用」としてではないかと感じます。

その理由を確認する為にも、スペックをみてみましょう。

M2 MacBook Pro スペック比較

今回発表された「M2 MacBook Pro」のスペックを一緒に発表された「M2 MacBooK Air」と「M1 Pro MacBook Pro14インチ」と比較してみましょう。

M2 MacBook ProM2 MacBook AirM1 Pro MacBook Pro14インチ
発売年月日2022年7月2022年7月2021年10月
カラースペースグレイ / シルバーミッドナイト / スターライト / スペースグレイ / シルバースペースグレイ / シルバー
システムオンチップ
Apple M2Apple M2Apple M1 Pro
4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU8つの高性能コアと2つの高効率コアを搭載した10コアCPU(上位モデル)
10コアGPU最大10コアGPU最大16コアのGPU
16コアNeural Engine16コアNeural Engine16コアNeural Engine
100GB/sのメモリ帯域幅100GB/sのメモリ帯域幅200GB/sのメモリ帯域幅
メディアエンジン8Kビデオ対応 ProResビデオエンジン搭載8Kビデオ対応 ProResビデオエンジン搭載8Kビデオ対応 ProResビデオエンジン搭載
メモリ8GB / 16GB / 24GB8GB / 16GB / 24GB16GB / 32GB
ストレージ最大2TB最大2TB最大8TB
ディスプレイ
13.3インチ Retinaディスプレイ13.6インチ Liquid Retinaディスプレイ14.2インチ Liquid Retina XDRディスプレイ
2,560 × 1,600ピクセル2,560 × 1,664ピクセル3,024 x 1,964ピクセル
500ニトの輝度500ニトの輝度XDR輝度:1,000ニトの持続輝度(フルスクリーン)、1,600ニトのピーク輝度(HDRコンテンツのみ)
SDR輝度:最大500ニト
高さ1.56cm1.13cm1.55cm
30.41cm30.41cm31.26cm
奥行き21.24cm21.5cm22.12cm
重量1.4kg1.24kg1.6kg
カメラ720p FaceTime HDカメラ1080p FaceTime HDカメラ1080p FaceTime HDカメラ
オーディオ
ハイダイナミックレンジステレオスピーカー4スピーカーサウンドシステムフォースキャンセリングウーファーを備えた、原音に忠実な6スピーカーサウンドシステム
空間オーディオに対応空間オーディオに対応空間オーディオに対応
高い信号対雑音比と指向性ビームフォーミングを持つ、スタジオ品質の3マイクアレイ指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ高い信号対雑音比と指向性ビームフォーミングを持つ、スタジオ品質の3マイクアレイ
ポート
Thunderbolt / USB 4ポート × 2Thunderbolt / USB 4ポート × 2Thunderbolt 4(USB-C)ポート x 3
HDMIポート
SDXCカードスロット
MagSafe 3充電ポートMagSafe 3充電ポート
セキュア認証Touch BarとTouch IDTouch IDTouch ID
電源とバッテリー
最大17時間のワイヤレスインターネット最大15時間のワイヤレスインターネット最大11時間のワイヤレスインターネット
最大20時間のApple TVアプリのムービー再生最大18時間のApple TVアプリのムービー再生最大17時間のApple TVアプリのムービー再生
58.2Whリチウムポリマーバッテリー内蔵52.6Whリチウムポリマーバッテリー内蔵70Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
67W USB-C電源アダプタ30W USB-C電源アダプタ67W USB-C電源アダプタ(8コアCPU搭載M1 Proに付属)
価格178,800円(税込)から164,800円(税込)から274,800円(税込)から

主な仕様は「M2 MacBook Air と一緒」

今回発表された新チップ「M2」を MacBook Air とともに搭載した「M2 MacBook Pro13インチ」ですが、比較表をみて頂いた通り、SoC(メディアエンジン含む)、搭載可能メモリ、ストレージなど非常に似ていて「M1 MacBook Pro13」よりも性能的には間違いなく向上しています。

ただ、M2 MacBook Air よりも劣っている(M1 MacBook Pro から進化していない)箇所も多い為、「あれっ!?」と思ってしまいます。


2022 13インチMacBook Pro: 8コアCPUと10コアGPUを搭載したApple M2チップ, 512GB SSD – スペースグレイ

筐体を含めいくつかは「M1 MacBook Pro と一緒」

実機を確認していませんので断言出来ませんが、サイズやディスプレイ、搭載ポートやFaceTimeカメラなどをみると、M1 MacBook Pro の筐体をそのまま利用しているのでしょう。

価格を抑えたかった!?

MacBook Pro としてSoCなど主要な性能面は強化し、旧型の筐体をそのまま利用。

そしてカメラやスピーカーなどにはコストをかけずに、M2チップの性能を最大限引き出し、発熱時にはファンを作動させて効率を下げずに「M2の性能」を活かし切れるヘビーユーザーを対象にしたのではないかと感じます。

ヘビーユーザーには「MBP 14 / 16インチの方が最適」

ただスペック面で比較すると、どこまで MacBook Pro を利用するかにもよりますがヘビーユーザーには M1 Pro や M1 Max 搭載の MacBook Pro を選ぶ方がベストです。

ハイスペックだけど、、、

バッテリー持続時間を踏まえると、「ハイスペックだけど、サブ機的」なポジションとしては最適なのではないか、と感じます。

そして、次の「M2 Pro / M2 Max MacBook Pro」や「M2 Ultra Mac Studio」が発売された後は、現在の「M1 Pro MacBook Pro14インチ」を今回リプレイスされた「M2 MacBook Pro13インチ」の代わりとして残すことで、「モバイルに向かないハイスペックな Mac のサブ機」として継承していくことも可能でしょう。

早く実機に触れてみたい!

Appleホームページより引用

スペックと価格からの想定ですのであくまで個人的な意見でしかないのですが、M2 MacBook Air 同様早く実機を見てみたいですね。

もしこの仮説が当てはまるのであれば、そういったハイスペックな Mac を扱うバリバリのクリエーターになりたいです。

「夢を抱かせてくれるのも Mac の魅力」ではないでしょうか。

ハイスペックな Mac を1台所有したいなら、M1 Pro搭載 MacBook Pro がお勧め!






コメント

タイトルとURLをコピーしました