円安の今、新OSとiPad ProやApple製品の上手な使い分けが重要

Apple
Appleホームページより引用

iOS 16、iPadOS 16、macOS Ventura、tvOS 16、HomePod software version 16、 およびwatchOS 9 など、WWDC2022では新しく登場するOSに関する内容が充実していました。

中でも「iPadOS 16」は、iPad を「より Mac に近づける」機能が追加され、ここ数年で iPadOS の進化による iPad の使い勝手の良さは一際際立っています。

同時に円安の影響もあり、日本での販売価格が既存モデルも改定されている今、「新OS と Apple製品の上手な使い分け」が重要になり、無駄な機能を目当てにデバイスの追加を避けることもできます。

iPadOS 16の機能は非常に良い機能が揃っていますので、今お使いの Apple製品を上手に使い分けて、連係機能を便利に利用するための参考にしてください。

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2,970円(税込)

 

iPadOS 16に注目!Stage Manager(ステージマネージャー)

Appleホームページより引用

複数のアプリ(最大8個のアプリ)をウィンドウとして開いておくことができる Stage Manager(ステージマネージャー)は「iPadOS 16」で追加される機能でも最も注目されている機能です。

メインで使っているアプリの背後に別のアプリをスタンバイさせておきながらバックグランドで作動させ、それらを切り替えたり、背後に配置したアプリの内容を参照しながらメインのアプリで作業をしたりといった使い方も可能になり、「より Mac に近づいた」機能となります。

ウィンドウの配置を自由に行えるので、左右のスペースしか調整ができなかった Split View や Slide Over よりも、サイズ・配置の自由度が増すので使いやすく配置することが可能です。

複数のアプリを同時に動かせるので、当然RAMに余裕のある M1 iPad Pro が有利だと感じますが、同時に追加された機能で M1 iPad のみ利用可能な「仮想メモリスワップのサポート」があります。

RAM容量で劣る M1 iPad Air も「仮想メモリスワップのサポート」を利用して、Stage Manager を最大限活かすことが可能です。

iPadOS 16 の詳細はこちらから

「M1 iPad Pro」利用者には「iPadOS 16」はありがたい。けど、

Appleホームページより引用

今 M1チップ搭載の iPad Pro を利用されている方にとって、iPadOS 16 の機能は他の iPad より上位機種である恩恵を受けられることで、Stage Manager などの機能を使えるのでありがたいアップデートになるでしょう。

iMac 27インチや iMac 24インチ、Mac Studio などデスクトップ利用者の方が外出用のデバイスとして M1 iPad Pro を利用されている場合も多いので、「より Mac に近づいた」利用ができることは便利になります。

ただ Stage Manager の機能を利用すること前提で、これから M1 iPad Pro を購入するのは少し疑問符がつきます。

特に「macOS Ventura」対応の MacBook 利用者には、あえて未対応ソフトがまだ多い iPad で Stage Manager を積極的に利用する意味はない様にも思えます。

iPad Pro を購入するなら、絶対「価格改定前」!

Appleホームページより引用

M1 iPad Pro 11インチ / 12.9インチとも2021年のリプレイス以来 「iPad の頂点」に君臨しており、次期モデルが「M2チップ」を搭載してリプレイスされたとしてもWWDC2022で発表のあった「iPadOS 16」の機能では「M1 と M2 の性能差」はほとんどないと思われるので、iPad Pro を購入するのであれば現行モデルの「M1 iPad Pro を価格改定前に購入」するのがベストでしょう。

M2 MacBook Air 発表と同時に Mac 全機種の日本での販売価格が改定されました。

同様に考えると、iPad Pro のリプレイスに合わせて「iPad の販売価格改定」があると予想できます。

それと同時に Magic Keyboard などのアクセサリー類も価格改定の可能性もあるでしょう。

iPad Pro の購入を検討されている方は、早めの購入をおすすめします。

M1 iPad Pro11インチの購入はこちらから
M1 iPad Pro12.9インチの購入はこちらから

それとも iPad は「閲覧専用」と割り切るか!?

今 M1 搭載 iPad 以外を所有していて同時に MacBook も利用している方は、iPad は「閲覧専用」と割り切り、M1 iPad Pro の購入は見送ることを検討されてもいいと思います。

iPadOS 16 発表の中で、M1 iPad Pro 所有者の方のメリットは、Stage Manager の追加でしょう(外部ディスプレイのサポートや仮想メモリスワップのサポートもあります)。

ただ、Stage Manager は「Mac に近づき始めた」機能であり、未対応ソフトが多かったり iPad 最大の弱点であるファイル管理の問題など、やはり Mac にはまだまだなりきれないです。

今 MacBook と iPad を所有されている方は、iPad は「閲覧専用」と割り切り、セルラーモデルの iPad を利用されている方は「テザリング親機にもなる閲覧専用 iPad」と考えて利用されると、今所有している iPad を使い倒すことができると思います。

「円安による価格改定」は必要なスペックを見極めるチャンス!

Appleホームページより引用 iPad でM1の性能を発揮するときがやっときました

今回の M2 MacBook Air 発表時の販売価格と全ての Mac の価格改定は、購入時に旧機種とこれまで以上に比較検討する良い機会にもなり、衝動買い一歩手前で踏みとどまる要因にもなりました。

これからリプレイスされる iPad Pro や、毎年恒例の秋の iPhone も間違いなく日本での販売価格は改定されて今より上がるでしょう。

Mac,iPad,そして iPhone の連係機能を最大限活かして活用するためにも、それぞれの機種で「必要なスペック」を見極めることが費用を抑える近道にますますなりそうです。

余談 私なら、

今私が所有しているのは、

・M1 MacBook Air
・iPad mini6
・iPad Air4
・iPhone12 Pro

今後の予定では、次期 Mac mini か Mac Studio を追加して M1 MacBook Air はモバイル用として残し、M1 iPad Pro11インチを価格改定前に購入する予定でしたが、iPad Pro は必要ないかもと感じ始めました。

iPad Air4 も iPad mini6 もセルラーモデルですので、どちらか1台を残して「テザリング親機にもなる閲覧専用機」としたまま、iPhone13 Pro をリプレイス前に購入する可能性が高くなってきました。

「円安による日本での販売価格改定」は非常に痛いですが、これをプラスに考える良い機会としましょう。

Mac も iPad も iPhone も、for Better Life に欠かせないツールなのですから!








コメント

タイトルとURLをコピーしました