10コアGPU / メモリ24GB なら M2 Air より M2 Pro が安心

Apple
Appleホームページより引用

「M2 MacBook Air をカスタマイズして子供の成長を動画で残そう!」

「iPhone で動画撮影した愛犬との思い出を編集しよう!」

新しい「M2チップ」発表を機に、こういった思いで新型 M2 MacBook Air をカスタマイズして購入を予定されている方も多いと思います。

でも、ちょっと待ってください!

カスタマイズするならこの内容を確認してからにしましょう。

サイト更新をTwitterで配信しています(@Kazu_blog)。
ほぼ毎日Apple製品、特に Mac や iPad、iPhone に関する情報を掲載していますので、Twitterでフォローしていただくと更新内容の通知が届きます。
ぜひフォローお願いします。
@Kazu_blog

GPUコア数もメモリもアップすると、、、

Appleホームページより引用

M2チップはGPUコア数がこれまでの M1チップよりも2コア、搭載メモリを最大24GBまで増やせたりと一見選択肢が増えて「嬉しい!」と感じてしまいますが、GPU2コアアップやメモリ24GBという仕様にすると、M2 MacBook Air が「頑張ってしまう!」仕様になります。

「頑張ってしまう!」

そのことにより当然「発熱」という問題に直面しますし、「発熱」を感じると冷却ファン非搭載の「M2 MacBook Air」は、パフォーマンスを低下させて「発熱」を抑えようとします。

GPU10コア / 24GBメモリーというスペックで、どのくらいの頻度で動画編集という比較的重いタスクをこなすか次第ですが、MacBook に頑張ってもらう(動画編集など負担をかけるタスクの実行)なら冷却ファン搭載の「M2 MacBook Pro」がベターな選択でしょう。

「薄くフラットで、新色のミッドナイトやスターライトの Air が欲しい!」という理由もあるでしょうが、こちらをご覧ください。

同じ10コアGPU / メモリ24GB / 512GB SSD なら
・M2 MacBook Air 264,800円(税込)
・M2 MacBook Pro 262,800円(税込)

筐体が新しい・旧型と一緒やその他仕様に違いはありますが、M2 MacBook Pro の方が2,000円安いという価格になります。

同じM2チップでファン搭載の「MacBook Pro」の方が冷却効率もよく性能的にも安心、しかも価格が安いのは魅力ではありませんか!?

M1 MacBook Air のメモリ16GBでも4K動画編集可能

Appleホームページより引用

今私が使用している「M1 MacBook Air メモリ16GB」でも4K動画編集は充分可能なスペックです。

まだ M2 MacBook Air に触れて実際に試していない為はっきりとは言えないですが、8コアGPU / 16GBメモリ / 512GB 仕様の M2 MacBook Air なら、220,800円(税込)で購入することが可能であり、10コアGPU / メモリ24GB / 512GB SSD の仕様よりも44,000円安く購入することが可能です。

また、M2 MacBook Pro ならば、10コアGPU / 16GBメモリ / 512GB の仕様にすると、234,800円となり先程の仕様よりも30,000円安くなります。

カスタマイズ仕様の M2 MacBook Air(Pro)の購入は、発売直後に購入するのではなく利用された方のレビューなどを参考にしてからの方が良いかもしれないです。

M2 MacBook Pro13インチが、「Air か Pro かの選択を迷わせる存在」であり、同時に「ユーザーが助けられる存在」となるかもしれないです。

動画編集をする機会が少ないのであれば、M2 MacBook Proは搭載メモリ8GBでも充分な性能でお勧めです。

金利0% 6回払いで、新しいMacが購入できます。詳しくはこちらから

~ちょっと一息~

iPad や Mac をの利用を始めてからプログラミングやアプリ開発に興味を持たれる方が増えてきています。
ただスクールへ通いたいけど通えないといった状況の方が多いのも現実としてあります。
そういった方には自宅にいながらプロの現役エンジニアからプログラミングやアプリ開発が学べるオンラインスクールがあります。
近くにスクールが無かったりスクールへ通う時間をかけたくない方にはオンラインスクールがおすすめです。

サイト更新をTwitterで配信しています(@Kazu_blog)。
ほぼ毎日Apple製品、特に Mac や iPad、iPhone に関する情報を掲載していますので、Twitterでフォローしていただくと更新内容の通知が届きます。
ぜひフォローお願いします。
@Kazu_blog



コメント

タイトルとURLをコピーしました