M1ユーザーから見た M2 MacBook Air 3つの魅力

Apple
Appleホームページより引用

M2チップを搭載した MacBook Air と MacBook Pro が発表され、MacBook Pro の予約注文が開始されました。

6月24日に発売される MacBook Pro は M1 MacBook Pro と同じ筐体を利用していますが、ファン搭載でM2チップの性能を最大限発揮できるという最大の魅力があります。

そして全てが新しくなった M2 MacBook Air は、発表された直後から新色の「ミッドナイト」のカラーに注目が集まり、購入を予定している方のほとんどがミッドナイトを選ぶという声が多く、既に人気が集まっています。

そんな M2 MacBook Air の魅力の中で、M1 MacBook Air ユーザーの私が感じた「3つの魅力」を挙げてみたいと思います。

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2,970円(税込)

 

M1ユーザーから見た M2 MacBook Air の3つの魅力

Appleホームページより引用

発売前ではありますが、スペック等からみる M2 MacBook Air の魅力は

・デザイン(カラー)
・GPUコア数のアップ
・メディアエンジン搭載

の3つです。

デザイン(カラー)

これまで MacBook Air が採用してきたヒンジ部から手前に掛けて薄くなっていくエッジの効いたラウンド型のデザインから、「薄くフラット」な M1 Pro MacBook Pro 同様のデザインに変更されました。

個人的には MacBook Air を持った時、これまで採用されてきたデザインの方がヒンジ部に重量が集中して、少し傾いた状態になっても重みを感じにくい点が好みでした。

それでも M1 MacBook Air の1.29kgから1.24kgへと少量ではありますが、軽量化されたことは「流石Apple!」と言えるでしょう。

そしてカラーラインナップ。

発表前に予想されていた「iMac の様な」カラーラインナップと、キーボードやベゼルがホワイトに刷新されると言った内容ではなく、MacBook の持つ「堅牢さ」を継承したデザインに合うカラーラインナップとなったことは個人的には安心しました。

これまでのシルバーとスペースグレイに加えて、「スターライト」と「ミッドナイト」という新色を追加し、発売前ではありますが「購入するならミッドナイト」と言った声が非常に多く、人気を集めています。

私が M1 MacBook Air を所有してなく、M2 Air を購入するとしたらやはり「ミッドナイト」を第一候補に上げるでしょう。

お気に入りのカラーがあり、そのカラーを選ぶことで得られるメリットは多いです。

お気に入りカラーの M2 MacBook Air を購入することで、自然と利用頻度が上がり操作方法も早く習得することができて、結果としてスキルアップに繋がるという好循環が生まれます。

今 M2 MacBook Air の購入を検討されている方で「このカラーが欲しい!」と感じた方は、迷わず購入することをおすすめします。

これから始まる Macライフを想像して、発売日を待ちましょう。

GPUコア数のアップ

Appleホームページより引用

M1 MacBook AIr では8コアGPU(廉価モデルは7コアGPU)でしたが、M2 MacBook Air では最大10コアGPU(通常は8コアGPU)を選択することが可能となりました。

画像処理や動画編集などこれまで以上に安定した処理が可能になるでしょう。

お子さんやペットの成長記録や旅行の記録など動画で撮影して、Mac へ転送・編集する楽しみが増えるでしょう。

映像の編集を頻繁に行う予定のない方は8コアGPUで充分な性能ですので、無理に10コアGPUを選択する必要はないので、16,000円価格を抑えることが可能です。

メディアエンジン搭載

今回のリプレイスでは、M2 MacBook Air と M2 MacBook Pro 両機ともにメディアエンジンを搭載してきました。

メディアエンジンにより、さらに多くの4Kまたは8KのProResビデオストリームを編集することが可能になり、より綺麗な画質で撮影した動画を編集して残すことが可能になります。

ただ画質の綺麗な動画ファイルは、ファイル容量も大きくなりますので、MacBook Air 本体のストレージ容量をカスタマイズするか、外付けストレージなどへ保存する必要が出てきます。

残念な点

M1 MacBook Air から買い替えをされる方にとっては、intel製チップを搭載している Mac から M1 MacBook Air に買い替えた時程「衝撃」は少ないのではないかと思います。

M1 MacBook Air は今でも充分利用することができる機種であり、性能面でも体感できる程の進化は期待できないでしょう。

それに加えて円安の影響もあり、日本での販売価格が164,800円からと高額であることから、115,280円から購入できた M1 MacBook Air の時よりも「お得感」は薄れるでしょう。

M1 MacBook Air が安すぎた為余計にそう感じるのですが、164,800円が最低価格の PC ならば、ユニファイドメモリは廉価版モデルでも16GBスタートが理想です。

現在 M1 MacBook Air を利用している私は、M2 MacBook Air への買い替えは見送ります。

ただ、intel製チップを搭載している MacBook Air(Pro)から買い替える方にとっては、その性能の進化に驚くと思います。

1番体感できるのは、「バッテリー持続時間」です。

「最大15時間のワイヤレスインターネット」と記載してある通りバッテリー残量が減りません。

Windowsラップトップでは最長◯◯時間と記載してあっても、実際そんなにバッテリーが持たない機種が多いですが、MacBook Air はほぼこの時間利用可能です。

15時間通してワイヤレスインターネットを利用したことはないですが、バッテリー残量が減らないことから予想すると、15時間は持続できるでしょう。

こういった方におすすめ!

Appleホームページより引用

M2 MacBook Air がおすすめな方はどういった方なのでしょうか。

・現在 intel製チップを搭載した MacBook 利用者(M1 MBA もおすすめ)
・Mac Studio や M1 Pro MacBook Pro16インチなど高性能 Mac を所有されており、モバイル用途として1台追加したい方(M1 MBA もおすすめ)
・M1 Mac を利用していて、動画編集時など負荷のかかるタスク中に動作がカクツクことが多く、改善したい方
・カラーに一目惚れした方

こうした方には M2 MacBook Air はおすすめできる Mac です。

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2,970円(税込)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました