macOS と iPadOS 異なるOSだからこそ上手く使い分け

Apple

Appleが提供しているOSの中で、macOS、iOS、iPadOS は3大OSですが、その中でバージョンアップの際に最も大きく変化しているのが「iPadOS」でしょう。

「macOS と iPadOS」

当然違う OS なので、iPad Air5 や iPad Pro に Magic Keyboard を装着しても Mac にはなりませんし、iPadOS の良さを Mac に求めることもできません。

Magic Keyboard を接続した iPad Air や Pro が MacBook にはなれない様に、それぞれの OS を上手く使い分けることで Mac の良さや iPad の良さを今以上に感じることができます。

1番簡単な使い分けは「閲覧」と「編集」

MacBook Air をはじめとする Mac は iPad よりも「編集作業」が得意です。

Mac や iPad を利用されていない方でもWindows PCは利用されたことはあると思います。

Windows PCをはじめ Mac もキーボードを利用してのタスクには欠かせないですし、処理速度・能力ともに申し分ないです。

一方 iPad に関しては Mac よりも「閲覧主体の利用」が得意です。

一瞬で起動させることが出来て、iPhone 同様に直感的な操作でWebをはじめ動画視聴や読書などを開始することが可能です。

iMac や Mac mini などデスクトップと iPad

MacBook Air や MacBook Pro を利用されているならば、バッグへサッと入れて外出先での Mac 利用も簡単ですが、iMac や Mac mini などデスクトップの Mac を利用であればそうはいきません。

そうした場合、iPad がとても役立ちます。

iPad Pro や iPad Air に Magic Keyboard をつけてバッグへ入れれば、外出先でも MacBookの様に」iPad を利用することが可能です。

ブラウザベースでのタスクならば問題なし

ここで重要なことは「MacBookの様に」利用することが可能という点であり、MacBook には成りきれません。

Magic Keyboard をつけた iPad は長文でも入力しやすくなり非常に便利ですし、Googleドキュメントなどブラウザベースでの作業ならばほとんど問題なく利用することが可能です。

Magic Keyboard に搭載されているトラックパッドは MacBook に搭載されているものよりは面積は小さいですしキーボードのキー面積も違いますが、充分利用可能です。

ただ重量が結構ありますので、iPad の魅力でもある単体での「軽さ」は多少犠牲になってしまいます。

Officeアプリには不安あり

ブラウザベースでのタスクならば問題ない iPad と Magic Keyboard ですが、ビジネスでの利用が多いMicrosoftのOfficeアプリに関しては例外です。

iPad Pro をはじめ iPad で利用できるWordやExcelなどOfficeアプリは、iPhone などのモバイル用に作られていて、Windows PC や Mac で利用できるソフトと比べて制限されている機能が多いです。

iPadOS の更なる進化に期待

Appleホームページより引用

今年秋リリースされる「iPadOS16」やそれ以降のiPadOSでその点が「よりPCに近い」利用が可能になれば、自宅では iMac や Mac mini、Mac Studio を利用、外出用に Magic Keyboard を装着した iPad Pro(Air) との使い分けでビジネスの場で、より便利に利用できる日がくるかもしれません。

プライベートでは iPad の方が「便利さ」では上

ビジネスでは会社から支給されているPCを利用する場合が多いですが、自宅でプライベート時間を過ごす場合は iPad の方が起動の速さや手軽さや便利さという点でリードしています。

iPad Air5 単体で498g(セルラーモデル)、最軽量の iPad mini5 ならば297g(セルラーモデル)という軽さは負担にならず、Touch ID でサッと起動できることも利用する上では便利です。

また、プライベートでの利用ではWeb閲覧や動画視聴など「閲覧中心」の利用が多く、キーボードを利用する必要がないので、iPad の持つ魅力を最大限引き出すことが可能です。

日本で1番利用されている iPhone との「連係」が便利

Appleホームページより引用

「iPhone で閲覧していたサイトをもっと詳しくみてみたい…」

「iPhone で撮影した写真を PowerPoint や Keynote に使用したい…」

ほんの一例ですが、こういった iPhone と iPad、Mac との「連係」を利用すると非常に便利な場面が多いのも、Apple 製品の特徴でもあります。

Handoff を使えば、作業に着手した iPhone から、近くにある iPad や Mac に切り替えても、中断したところからスムーズに作業を続けられますし、AirDrop を使うと、近くにある iPad や Mac と写真や書類などのコンテンツを共有し、相手からも受け取ることができます。

まだまだ便利な連係機能はありますが、こういったことができる Apple製品同士の利用が何より便利なのです。

「macOS とiPadOS の上手な使い分け」が、更にあなたの for Better Life に役立ってくれることでしょう。









コメント

タイトルとURLをコピーしました