M2 MacBook Air の良いところだけ15個ピックアップ

Apple

7月15日 M2 MacBook Air が発売されました。

やはり人気があり、カスタマイズしたモデルなら最短で8月11日とオンラインストアでは表示されています(7月27日現在)。

その中でも新色のミッドナイトが1番人気で、スターライト、スペースグレイ、シルバーの順で人気があるそうです。

筐体が新しくなり、カラーも豊富なので、これから初めて MacBook の購入を検討されている方には満足いく Mac だと思いますので、気に入ったカラーの M2 MacBook Air を購入して Mac Life を満喫してもらいたいものです。

今回は、M1 MacBook Air を利用している筆者が『M2 MacBook Air の良いところ』のみ15個をピックアップして解説していきたいと思います。

M2 MacBook Air 15の良いところ

最初に筆者が思う「M2 MacBook Air 15の良いところ」を15つピックアップしていきます。

・フラットな筐体
・より薄く1.13cm
・更に軽量化 1.24kg
・魅力的な新色追加 ミッドナイト / スターライト
・新型「M2チップ」搭載
・MagSafe 復活
・最大24GBを選択できるメモリ
・1080p FaceTime HDカメラ
・空間オーディオに対応した4スピーカー
・500ニトの輝度
・Mac ビギナーはベースグレードでも充分満足可能
・Apple製品の特徴でもある「OSサポート期間が長い」
・Apple製品の特徴でもある「製品同士の連係機能」
・Apple製品の特徴でもある「所有欲を満たしてくれる」
・Apple製品の特徴でもある「一段上のことを試したくなる」

この15点についてそれぞれ見ていきましょう。

フラットな筐体

引用:Apple

これまでの MacBook Air はヒンジ部から手前に薄くなる「クサビ型」を特徴とした筐体を M1 MacBook Air まで採用してきました。

今回 新型「M2チップ」搭載と同時にデザインも一新しフラットな筐体を採用しました。

「MacBook Air」を利用してきた筆者は「Air らしくなくなるのでは…」とも思いましたが、フラットな筐体にすることで剛性も更に上がり、狭小ベゼル(外枠)の MacBook Air は M1Pro / Max搭載の MacBook Pro 14 / 16インチと同様これからの MacBook のスタンダードとなっていくでしょう。

四隅に向けて丸みを帯びた旧MacBook Air のボディー(引用:Apple )

より薄く1.13cm

1.13cmの薄さで頑丈な100%再生アルミニウムボディは、ビジネスシーンでもプライベートシーンでも場所を選ばず利用する者を満足させてくれるに違いありません。

Appleシリコンは省電力性も特徴の一つで、M1チップも余程の高負荷を掛けない限りCPUの温度が上昇しすぎたときにクロック周波数を落として温度を下げる機能(サーマルスロットリング)は起きにくく、M2 MacBook Air も同様に省電力性は引き継がれています。

冷却ファン非搭載だからこそ可能な1.13cmの薄くフラットな M2 MacBook Air は、オーナーの行くところどこに同行しても苦にならないでしょう。

ただ、大事な MacBook Air を保護するためにも、バッグへ入れる際には保護ケースも用意すると尚安心です。

引用:Apple

おすすめの保護ケースはこちら

更に軽量化 1.24kg

引用:Apple

1.29kgの M1 MacBook Air より、僅かではありますが軽量化された M2 MacBook Air。

ビジネスシーンでもプライベートシーンでも iPad mini など iPad と合わせて利用することを考えると、少しでも軽い方が負担は減ります。

特にセルラーモデルの iPad mini と一緒に持ち運べば、iPad mini がテザリング親機として利用することも可能です。

値上がりしてしまった iPad mini ですので、これから iPad mini を購入される方はお求めやすいWi-Fiモデルを購入して iPhone をテザリング親機にすれば費用を抑えることも可能です。

iPad mini第6世代の詳細はこちら

iPhone13の詳細はこちら

魅力的な新色追加 ミッドナイト / スターライト

引用:Apple

引用:Apple

M1 MacBook Air から大きく変わった点が幾つかありますが、その中の一つにボディーカラーがあります。

新たに加わった「ミッドナイト」と「スターライト」は発表当初から注目されており、既存色の「スペースグレイ」と「シルバー」と合わせて4色展開となりました。

そしてMagSafe充電ケーブルも本体カラーと同色になるなど、Appleの拘りが憎いです。

新型「M2チップ」搭載

引用:Apple

筆者は M1 MacBook Air の利用者ですが、その M1チップに手を加えて動画編集をより一層スムーズに出来る様に改良されたのが『M2チップ』です。

CPUは高効率コアのクロック周波数を上げて日常多く利用するコアを高速化、GPUコア数を10コアを選択でき、高性能メディアエンジン搭載により更に多くの iPhone13 Pro で撮影した4Kまたは8KのProResビデオストリームを編集可能となりました。

これまで最大16GBだったユニファイドメモリが最大24GBまで搭載可能となり、M1より50%広い100GB/sのメモリ帯域幅は複数のアプリを使ったマルチタスキングもスムーズに行えます。

この性能を最大18時間利用できるバッテリーも M2 MacBook Air の魅力です。

MagSafe 復活

引用:Apple

M2 MacBook Air で復活した MagSafe3。

USB-Cポートが2箇所利用可能となったこともありがたいですが、その MagSafe がボディーカラーと同色なことも憎い演出だと思いませんか。

またUSB-Cでも充電可能なので、自宅では MagSafe、外出時にはUSB-Cで充電し荷物を少なくすることも可能です。

電力効率の良い M2 MacBook Air にはその心配も不要かもしれませんが。

最大24GBを選択できるメモリ

引用:Apple

新型「M2チップ」搭載の項でも記載しましたが、M2チップ搭載MacBook Airは24GBまで構成できるので、マルチタスキングが一段とスムーズになります。

大きいファイルも簡単に処理できます。

M1Pro MacBook Pro でカスタマイズできる32GBまで必要ない方にとって、安心できる仕様でもあります。

24GBを使い切るまで、M2 MacBook Air を使い倒してみてください。

1080p FaceTime HDカメラ

引用:Apple

こちらも M1 MacBook Air の720p FaceTime HDカメラよりもスペックアップしました。

テレワークやビデオ通話などを利用することが増えた今、ありがたいスペックアップでもあります。

空間オーディオに対応した4スピーカー

M2搭載MacBook Airでは4スピーカーサウンドシステムが搭載され、内蔵スピーカーでドルビーアトモス対応音源の再生をした場合は「空間オーディオ」にも対応となりました。

ワイヤレスイヤホンが普及していますが、イヤホンジャックも進化しています。

雑音がカットされる特徴のあるインピーダンスが高いヘッドフォン対応の3.5mmヘッドフォンジャックは音質に拘る方にはありがたい仕様でもあります。

amazonプライムやNetflixなどで動画視聴する際など、ビジネス以外でも M2 MacBook Air は貴方を満足させてくれるでしょう。

500ニトの輝度

引用:Apple

M1 MacBook Air の400ニトから25%明るくなった M2 MacBook Air はAir史上最も明るいディスプレイとなりました。

持ち出すことが多くなる MacBook Air は屋外でも更に見やすいディスプレイへと進化しました。

Mac ビギナーはベースグレードでも充分満足可能

M2 MacBook Air:8コアCPU / 10コアGPU / 512GB SSD / ミッドナイト


2022 13インチMacBook Air: 8コアCPUと10コアGPUを搭載したApple M2チップ, 512GB SSD – ミッドナイト
「iPhone を利用しているから Mac を使ってみたい…」

こうした理由で Mac の購入をされる方が増えています。

使い慣れていないなど不安もあるでしょうが、Macビギナーの方にはベースグレード(廉価版)でも充分満足できる仕様となっています。

謂わゆる「吊るしモデル」ではありますが、ストレージに余裕のある 8コアCPU / 10コアGPU / 8GBユニファイドメモリ / 512GB SSDストレージ 価格208,800円(税込)のモデルがビギナーの方におすすめです。

Apple製品の特徴でもある「OSサポート期間が長い」

iPhone や iPad 同様、Mac もOSのサポート期間が長いのが Apple製品の特徴でもあります。

この秋登場の『macOS Ventura』はMacBook Air 2018以降、MacBook Pro 2017以降、Mac mini 2018以降など、5〜6年前の Mac にも対応しています。

M2 MacBook Air も最低6年は利用可能であることが予測でき、例えば大学生が入学時に購入されたとしても卒業まで充分現役利用することが可能となるでしょう。

ビジネスシーンでも基本性能がしっかりしているので、安心して利用することが可能です。

この秋登場の『macOS Ventura』についてはこちら

Apple製品の特徴でもある「製品同士の連係機能」

iPhone を利用していて Mac を利用するメリット、それは「製品同士の連係機能」です。

この連係機能を最大限活かさなければ、M2 MacBook Air を購入するメリットはないと言っても過言ではないでしょう。

例えば、『AirDrop』。

Mac 上で Pages やGoogleドキュメントで作成していた文章を AirDrop で iPhone へ共有し、受け取った iPhone でその文章を電車で移動中に途中から再度作成し始めることも簡単にできます。

また、iPhone で撮影した動画ファイルを Mac へ AirDrop で共有し、Mac でその動画を編集・書き出して他の iPhone ユーザーへ AirDrio で共有することだって可能です。

例えば、『ユニバーサルクリップボード』。

iPhone に保存していた写真をコピーして、 Mac で編集中の Keynote へデバイスを超えて貼り付けることだって可能です。

代表的な例を二つ挙げましたが、まだまだ「製品同士の連係機能」はあります。

Apple製品同士の連係機能についてはこちら

Apple製品の特徴でもある「所有欲を満たしてくれる」

iPhone をはじめ、Mac も iPad も不思議と所有欲を満たしてくれるという感覚が湧いてきます。

それぞれ感じ方も違うので言い切れないですが、同じように感じている方も多いと思います。

それだけApple製品は、製品として魅力があるのです。

Apple製品の特徴でもある「一段上のことを試したくなる」

これもApple製品の大きな特徴と言えるでしょう。

不思議と新しいことを試してみたくなる魅力が Mac にもあります。

例えば iPhone 利用者が Mac を購入して、活用シーンをブログで紹介したりYouTubeで開封動画を公開するなど多くの方が始めています。

ドメイン取得やレンタルサーバーの準備はエックスサーバーがお得



また Mac を利用することにより、プログラミングやアプリ開発に興味を持ち、転職や副業の新たな道を志す方も多いです。

自宅で現役エンジニアから学べるTechAcademy(テックアカデミー) 無料体験あり。

M2 MacBook Air は Mac の新しいスタンダード

これから順にリプレイスされていく「M2チップ」搭載の Mac ですが、全てこの M2チップがベースとなりスペックアップしたチップを搭載していきます。

その Mac の新しいスタンダードとなる M2 MacBook Air は、これから Mac を購入されるビギナーの方や、intel製CPUを搭載した旧 MacBook シリーズから買い替えの方まで満足できる MacBook です。





コメント

タイトルとURLをコピーしました