iPad Pro も MacBook Pro も「プロ仕様」のプロユーザー向け!

Apple

iPad と iPad Pro の新型が登場し、レビューなどは iPad Pro の方が目立っています。

外観で大きく変化を遂げた iPad 第10世代も魅力ある iPad ですが、円安の影響を受けた日本での販売価格がその魅力を打ち消してしまうと同時に、どうしても昨年の iPad mini 第6世代登場の時の様なインパクトの強さは無いように感じます。

今回は、iPad や Mac を選ぶ際にスペックの高い「iPad Pro」や「MacBook Pro」に目が行きがちですが、

『本当に「iPad Pro」や「MacBook Pro」がベストな選択なのか!?』

このことだけに注目して解説していきたいと思います。

金利0% 6回払いで、新しいMacが購入できます。詳しくはこちらから

サイト更新をTwitterで配信しています(@Kazu_blog)。
ほぼ毎日Apple製品、特に Mac や iPad、iPhone に関する情報を掲載していますので、Twitterでフォローしていただくと更新内容の通知が届きます。
ぜひフォローお願いします。
@Kazu_blog

iPad Pro も MacBook Pro も「プロ仕様」のプロユーザー向け!

2022年10月、iPad Pro がM2チップを搭載してひっそりとアップデートを迎え、よりハイスペックな iPad として発表・発売されました。

これまでのM1チップ搭載 iPad Pro でもオーバースペック感の強い iPad Pro ですが、M2チップを搭載して更にスーパースペックの iPad Pro になったと言えます。

M1チップの本領を発揮する機会の少なかった iPad Pro ですが、iPadOS16の登場により iPad Pro の Pro としての存在意義が明確になったと思います。

M2チップを搭載して新しくなった iPad Pro 11インチ 第4世代

また、M2チップを搭載した新型 iPad Pro では、DaVinci Resolve for iPad を iPad用 DaVinci Resolve Studio にアップデートした際、Ultra HD ProRes映像のレンダリングパフォーマンスが4倍高速になる等、搭載チップによる「メリット」もこれからは増えてくるでしょう。

また、MacBook Pro、特に M1 Pro や M1 Max、そしてこれから登場が予想される M2 Pro や M2 Max 搭載の MacBook Pro などの新型 Mac なども、クリエイティブなアプリを動かす上での「ベストデバイス」であることは間違いないです。

M1 Pro 搭載 MacBook Pro 14インチ

そういった面からすると、iPad Pro も MacBook Pro もクリエイティブなタスクを効率よくこなす「プロ仕様の仕事道具」であり、一般的な利用ではその機能を持て余してしまう程の性能なのです。

中には趣味で動画編集などクリエイティブなタスクをされる方もいます。

そうした「趣味に必要なデバイス」として、MacBook Pro などを購入するのは大賛成でもあります。

ただハイスペックを必要としないタスクが中心の方は、MacBook Air や 無印iPad を選択して残った費用を Apple Watch など他のApple製品購入に充てた方がより Apple Life を満喫できます!

iPhone だけは「Pro」を選択する必要はあるかも…

一方 iPhone に関しては「Pro」を選択する必要があるかもしれません。

それは、カメラ性能。

広角・超広角・望遠のレンズを搭載している iPhone14 Pro 引用 : Apple

iPhone Xsまでのデュアルレンズは「広角」と「望遠」のレンズでしたが、iPhone11 以降のデュアルレンズは「広角」と「超広角」のデュアルレンズへ変わりました。

iPhone で撮影する機会が多くなった今、望遠レンズを必要とする機会も多く、望遠レンズ搭載の iPhone となると、iPhone14 Pro の様にトリプルレンズを選択するしかありません。

これだけ iPhone やスマホのカメラが進化して撮影する機会が多くなった今、カメラ性能に拘っての買い替えが多いのも現状です。

そうなると価格は上がっても iPhone14 Pro などの「Pro」シリーズ購入に絞られます。

私もそれが理由で iPhone は「Pro」を利用しています。

一般的な利用では、iPad も Mac も「Air」がベスト!

「プロ仕様の仕事道具」や「趣味に必要なデバイス」としてではなく、iPhone を利用していて iPad や Mac を「使ってみたい!」と購入を検討されている方には、iPad も Mac も「Air」がベストです。

iPad に関しては、無印 iPad でも充分満足できる性能であり、iPad も Mac もクリエイティブなアプリを頻繁に利用する様な状況になってから機種をステップアップした方が、日本での販売価格が上がっている今は特にオススメです。

「使ってみたい!」なら、「始めてみること!」が大事です。

iPad も Mac も、iPhone ユーザーのあなたにとって手放せなくなるデバイスとなるでしょう。

これからの for Better Life の必需品の一つとして、有効利用を!

サイト更新をTwitterで配信しています(@Kazu_blog)。
ほぼ毎日Apple製品、特に Mac や iPad、iPhone に関する情報を掲載していますので、Twitterでフォローしていただくと更新内容の通知が届きます。
ぜひフォローお願いします。
@Kazu_blog



コメント

タイトルとURLをコピーしました