iPhone・iPadの必需品 ワイヤレスイヤホン Truengine 3SE

Best Buy

音楽や動画鑑賞、そして通話と iPhoneやiPadの必需品といってもいいワイヤレスイヤホンですが、AirPods Pro の登場でノイズキャンセリング機能は付いていて当たり前のような感じになってきています。
そのノイズキャンセリングが優秀という AirPods Pro ですが、まぁー高い!
イヤホンに、ワイヤレスイヤホンとしてでも30,000円はちょっと… という意見は多いと思います。
Apple製品との相性が良いのは解ります。が、高い!

で、私が利用しているのはAmazonで購入した、SOUNDPEATS Truengine 3SE です。
購入後2ヶ月以上経過し使用した中での感想も取り入れて良い点・イマイチな点をご紹介したいと思います。
他のワイヤレスイヤホンと比較した内容ではなく、あくまで最初のワイヤレスイヤホンとして購入・使用した商品としての感想になりますので、予めご了承ください。

SOUNDPEATS Truengine 3SEの良い点


それでは商品の良い点からご紹介します。

音質

まずは音質。デュアルダイナミックドライバー技術により高音・低音を強調する二重のドライバーユニットを搭載でMusicや映画などでの音質はこの価格にしては良いと思います。
テレビで動画視聴の際に多少音に遅れが生じる場合がありますが、トランスミッターとの相性もあるかと思いますので、この商品が原因とも言い切れないです。

洋画の吹替え版などで使用すると、低音から高温まで迫力あるサウンドを体感できます(吹替えだと遅延が気にならないので)。
音質に関して不満なことはありません。

通話

通話も音声が途切れることもなくきちんと聞けますし、相手へもこちらの声が途切れるなどの症状がでたことはないようです(通話相手に確認済み)。
「デュアルマイクノイズキャンセル機能により、喧噪な環境でもノイズを抑え、クリアな通話を実現します。」とAmazonの商品説明にもありますが、ノイズキャンセリング機能に関しては他の商品と比較した訳ではないので、甲乙つけがたいです。

相手方の声もこもる様な感じではなく、はっきりと声の輪郭が判る感じで聞こえるので聞きやすい感じです。
通話に関しては特に不満がない品質です。

機能

Bluetooth5.0対応による転送速度と音質の向上とのことだけあって、特に目立った遅延などはありません。
イヤホン単体では約6.5時間連続再生が可能で、ケースを合わせれば30時間以上利用可能で電池切れの心配もこれまで経験ありません。
充電はUSB-Cですので、他で利用しているケーブルを使える点も良いです。
イヤーピースはS,M,Lの3種類に加えてComply(コンプライ)社が出品した特製イヤーピース1ペア付き、密閉感が高まり装着感も最高です。
ただ、使用しているうちに少しヘタリが出てくるので別途購入する必要が出てきますが、購入しても利用したい耳へのフィット感です。

もし他のワイヤレスイヤホンを購入したら、コンプライのイヤーピースに変更すると思います。それ程フィット感は最高です。

付属されている3サイズのイヤーピースは、耳へ装着していて滑る感じがあるので使いづらい印象でした。落下の原因にもなりかねないので、使うことはないと思います。

SOUNDPEATS Truengine 3SEのイマイチな点

価格の割りに満足度の高い商品ですが、ごくまれにタッチ操作で音量の増減が効かないことと、接続しないときがあります。
ペアリングも台数制限があるのかもしれないですが、記載がないのでなんとも言えないです。

最初のワイヤレスイヤホンとしてとてもおすすめです


Amazonで6,000円弱で購入可能な SOUNDPEATS Truengine 3SE。iPhoneをはじめスマホや iPad などのタブレットで使用するワイヤレスイヤホンとしてはとてもおすすめな商品です。
趣味で音楽を聴くとか拘りがある方には物足りなさを感じると思いますが、通話・動画鑑賞での使用としては必要十分な商品と感じます。
この価格帯のワイヤレスイヤホンを購入し、不満点があるのなら更にグレードの高い商品を購入し直す方が良いのかもしれません。

今後購入検討しているワイヤレスイヤホン

いくつか今現在購入を検討しているワイヤレスイヤホンがあります。
動画編集の際など利用では現在の SOUNDPEATS Truengine 3SE で問題ないのですが、アクティブノイズキャンセリングなど外での使用の際に必要な機能を試してみたいのが主な理由です。

まとめ

『プロの評論家が選んだ完全ワイヤレスイヤホン』国内最大級オーディオビジュアルアワードVGPの完全ワイヤレスイヤホン5千円以上7.5千円未満部門に見事に入賞され、金賞を取得した商品ですので、基本性能は高いと感じます。
個人的にはこういったカナル型イヤホンの方が落下の心配も少ないので、インナーイヤー型よりも装着していて安心感はあります。

上を見ればキリがないのがこういった商品です。が、妥協ではなく満足できる商品でしたので、これからも使用は続けます。

これからワイヤレスイヤホンを購入される方の少しでも参考になればありがたいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました