マジックキーボードを利用ならiPadPro12.9が最適

Apple

ノートパソコンよりも手軽で起動も早くストレスフリーな iPad。

そんな iPad を利用するのにAppleから販売されている Magic Keyboard(以降マジックキーボード) を利用したいと考えている方は多いでしょう。

実際にマジックキーボードを iPad へ装着するとMacBook Air よりも重量は多くなるので、iPad 本来の気軽さは損なわれてしまいますが、iPad 利用時に文字入力しかも長文入力する必要があるときはやはりキーボードがあった方が作業効率は各段に向上します。

今回は iPad でマジックキーボードの利用を検討している方の参考になればと思います。

マジックキーボードを利用するなら iPad Pro12.9インチ!

最初に結論から掲載しました。

マジックキーボードを利用するなら12.9インチの iPad Pro がおすすめです。

「サイズが大きい12.9インチにマジックキーボードを装着すると、余計に重くなる!」

こういった意見が出そうですが、そもそもマジックキーボードを利用する方は、普通に iPad を利用される方よりもバリバリ使いこなして重さよりも使い勝手を優先される方ではないでしょうか!?

iPad はその起動の速さや気軽さが魅力ですが、iPad Pro12.9インチは標準サイズの11インチ系よりも重量があり、外出の際に携帯するにはちょっと不向きかもしれません。

ただ、その画面の大きい12.9インチだからこそスプリットビューやスライドオーバーを利用する際にはその画面を最大限に活かせます

例えばスプリットビューを利用して、受信したメールを確認しながら返信を書くとき等はマジックキーボードはとてもいいツールとなります。

また、外出先での執筆などでもその目的を果たしてくれるでしょう。

短文ならば外部キーボードは不要でしょうが、数千文字に及ぶ入力にはやはりキーボードがあった方が便利です。

こうした理由からマジックキーボードを併用しての iPad 選びは12.9インチを選ぶべきではないかと考えます。

携帯性重視なら11インチ系の iPad とBluetooth接続のキーボードがおすすめ

「やはり12.9インチは大きすぎるし、重さも気になる!」

「今持っている iPad Air や iPad Pro11インチを利用してキーボードを使いたい!」

こういった方へはマジックキーボードではなく、Bluetooth接続のキーボードがおすすめです。

マジックキーボードはApple純正ということもあって魅力ありますが、11インチiPad Pro にマジックキーボードを付属すると、やはり MacBook Air よりも重くなります。

iPad の大きな魅力の一つがサッと取り出せることです。

マジックキーボードへ接続してある iPad Pro はその機動性を犠牲にしてしまう可能性があります。

であれば、わざわざ iPad を重くするよりも長文入力の際だけ接続可能なBluetooth接続キーボードを用意しておいた方が iPad の機動性などを損なうことなく利用することが可能です。

著者も iPad で長文入力の際はBluetooth接続キーボードを利用しています。

それ以外ははSmart Folio を取り付けてあるだけです。

iPad mini とキーボードもあり!?

もっと携帯性を重視されている方は iPad mini を利用されていることでしょう。

iPad mini だってBluetooth接続キーボードが利用可能です。

そんな iPad mini に合う折りたたみ式のキーボードといった携帯に優れたキーボードもありますが、利用されている方の意見でヒンジ部が壊れやすいといった話しをよく聞きます。

キーボードは数千円出費することになりますので壊れやすい商品は避けたいですよね。

11インチの iPad Pro や iPad Air などにも利用可能なBluetooth接続キーボードが利用可能ですので、そういったキーボードを利用されることをおすすめします。
iPad mini に関する記事はこちらから

おすすめキーボード

iPad Pro12.9インチにはこれ!


iPad 史上最高に打ちやすいキーボードでiPadOS での作業方法を広げるトラックパッド、充電用の USB-C ポート、バックライトキーを搭載。
しかもiPad の前面と背面をしっかり守ります。
その他商品概要は下記よりご確認下さい。

それ以外にはこれがおすすめ!


ロジクール K380BKは軽量・コンパクトが魅力のワイヤレスキーボードです。
Windows、Mac、Chrome OS、Android、iOSに対応します。
このキーボードの特徴として、接続した3台のデバイスをEasy-Switchボタンで切り替えられる点が優れています。

電源は単4乾電池2本使用(別途購入)。

このキーボードには持ち運ぶ際に便利な専用ケース(サードパーティ製)があるのもありがたいです。
その他商品概要は下記よりご確認下さい。


その他Bluetooth接続キーボードはこちらから

Pro12.9インチは iMac などを利用されている方のサブマシンとしてが理想

私も iPad を利用しておよそ8年になりますが、自宅でこういった執筆以外は iPad の利用がほとんどです。

iPhone よりも iPad Air第4世代の利用頻度が高いです。

これまで iPad を利用してきてその利用を再度考えてみましたが、iPad Pro12.9インチは iMac などのデスクトップPCを利用されている方で、外出時にもバリバリ使いこなす方が利用する理想の iPad ではないかと感じます。

そもそも iPad Pro はそのスペックからバリバリ使いこなす方でないとその機能を持て余してしまう機種でもあります。

ただ最近は旅行をはじめ、普段の生活を動画で残すことも多いので、その動画編集の頻度によっては少々高額ではありますが iPad Pro を選択するというのもアリだと思います。

一度購入すると比較的長く利用する iPad はコスパも良いので、無駄な買い物になることはないでしょう。

iPad をあたなの for Better Life のツールとして最大限有効活用してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました