新型iPad mini 第6世代を周辺機器の利用でフル活用

Apple

画像はAppleホームページより引用

最小筐体に8.3インチの Liquid Retinaディスプレイ、最新チップ(SoC)の A15 Bionic搭載の iPad mini 第6世代。

絶妙なサイズが日常での利用にとても便利で、iPhone に触れる機会が大幅に減っている方も iPad mini 第5世代の頃から多いのではと思います。

これから秋、冬と季節が変わるにつれてポケットの大きなアウターを着る機会も増え、そのポケットにスッキリ入る iPad mini は個人的には「最高・最良のツール」となること間違いないと感じます。

そんな iPad mini 第6世代をもっと活用する為、どんな周辺機器があれば便利かを再度考えてみました。

iPad mini の特徴を再考してみる

画像はAppleホームページより引用

iPad はコスパが良い

2年で機種変更する iPhone などのスマホと比べて利用期間が比較的長い iPad は、機種代金も安く実はコスパが良いのです。

他の iPad 達と比べると画面が一回り小さい iPad mini は、片手で握れる最大サイズの iPad として最も携帯性に優れており、いつでもどこでも気軽に利用できることが最大の魅力です。

詳細な仕様はこちら

また新型はスペック的にも非常に満足で、比較的長く利用されコスパの良い iPad としてはそのスペックからみてもかなり長い間利用可能でもあると言えるでしょう。

iPad のコスパの良さについてはこちらから

その為にも本体保護の為、ケースやフィルムを利用してなるべくキズがつくのを防ぎたいです。

iPad mini 第6世代のケースはこちら

iPad mini 第6世代のフィルムはこちら

iPad mini アクセサリーについてはこちらも参考に!

理想的な利用環境

画像はAppleホームページより引用

どこにでも連れ出せる iPad mini ですが、そのサイズが最大の魅力であると同時にそのサイズがネックになる場合もあります。

Split View などマルチタスク機能を利用の際は、他の11インチクラスの iPad と比較するとその表示領域の狭さから「窮屈さ」を感じてしまう方も多いかもしれません

そう考えた場合、どういった方にとって iPad mini 第6世代が最も相応しいのでしょうか。

普段ノートパソコンを携帯し、ノートパソコンでの作業がメインの方が補機として iPad mini を携帯・利用するといった場合も該当するでしょう。

またデスクトップPCがメインで外出時に iPad mini を携帯するといった方も多いのではないでしょうか。

Bluetoothキーボードを活用

このように iPad mini を利用される方にとって最大のネックが、iPad Pro や iPad Air で利用可能な Magic Keyboard など iPad へ装着可能な一体型のキーボードがないことでしょう。

仮にSmartConnect対応のキーボード類があったとしても、画面に合わせたサイズだとキーボード自体が使いずらいでしょう。

また携帯性が魅力の iPad mini では Magic Keyboard は不要と著者は感じます。

そんな iPad mini の外出時に便利なキーボードはBluetooth接続での利用です。

短文ならばタッチ画面での入力で影響ないとは思いますが、長文となるとやはりキーボードを利用した方が効率は上がります。

そこでおすすめのキーボードを3種類ご紹介します。

Apple Magic Keyboard – 日本語(JIS) – シルバー


安心のApple純正キーボードです。iMac などで使用されている方は改めて購入する必要なく、iPad でも利用できることがありがたいです。

個人的に感じる唯一の欠点、それは lightning ケーブルでの充電、、、。

詳細はこちらをご覧下さい。

ロジクール ワイヤレスキーボード K380BK

Windows、Mac、Chrome OS、Android、iOSに対応するマルチデバイスキーボードなので、iPhone でも自宅のPCでも利用できることが可能なのがありがたいです。

279x124x16mm、わずか423gとコンパクトで軽量なのでバッグに入れてどこにでも持ち運ぶことが可能です。
詳細はこちらをご覧下さい。

Ewin ワイヤレス キーボード 折り畳み タッチパッド搭載

折りたためて更にコンパクトなのがコチラのキーボード。

Touch Pad が付属しているのは非常にありがたいです。

詳細はこちらをご覧下さい。

Mac のサブディスプレイも可能

・Macを利用していて、初iPad として iPad mini を購入!

・iPad Pro や iPad Air を利用していて、外出用として iPad mini を購入!

色々な方が iPad mini 第6世代のサイズ感に魅力を感じて購入を検討されていると思います。

そんな iPad mini 第6世代ですが、Mac のサブディスプレイとしても利用可能です。

Sidecar(サイドカー)についてはこちら

また、自宅デスクで iPad を利用するなら、スタンドがあると便利です。

Lomicall タブレット スタンド

上下にスライドすることで、スタンドの高さを180mmから245mmまで調整できます。

詳細はこちらをご覧下さい。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD


USB-Cを搭載した iPad mini ならUSB-Cハブを利用することでデータの取り入れや転送が楽に行えます。

データ転送やHDMI接続などハブとして使用しながらもフルスピード充電が可能です。

お使いのiPad mini や MacBookに48Wまでの高出力充電をしながら、その他のUSBポートなどを用いた作業ができます (12W出力はハブ自体への給電に利用されます)。

詳細はこちらをご覧ください。

気に入ったならフル活用!

サイズが魅力で、そのサイズがネックにもなりかねない iPad mini ではありますが、カラーラインナップやそのサイズが気に入ったなら迷うことなくフル活用しましょう。

「直感」や「お気に入り」といった感情は、 iPad をはじめツールを使う上で最も大事なことだと著者は感じます。

「多少画面が小さくても、こんな素敵な iPad mini なら使いたい!」

ツールを使いこなせる最短距離の一つであること間違いないです。
詳細な仕様はこちら

for Better Life の一つに iPad mini6 はおすすめです!



コメント

タイトルとURLをコピーしました