M1 ProとMax発表からみる M1 MacBook Airのコスパの良さ

Apple

2021年秋、新型MacBook Pro が発表され、M1 Pro と M1 Max という新型の「最強SoC(チップ)」は映像クリエーターやデザイナーなど「プロフェッショナル仕様」の新型MacBook Pro は他の追随を許さない、一個人には縁遠いMacBook Pro となりました。

そこで改めて感じることが、2020年に発表・発売された、M1チップ搭載のMacBook Air と MacBook Pro のコスパの良さでしょう。

コスパに優れたこの2機種は、「一般的」な利用をする上で必要十分な性能を持った MacBook ですので、改めてこの2機種の性能とコスパの良さを見てみましょう。


M1 MacBook Air(Pro) と新型MacBook Pro の性能比較

まずはこの3機種の主な性能を比較してみました。

MacBook AirMacBook Pro 13MacBook Pro 14【New】
発売年202020202021
搭載チップM1M1M1 Pro/M1 Max
ディスプレイ
13.3インチ13.3インチ14.2インチ
RetinaディスプレイRetinaディスプレイLiquid Retina XDR
CPU
8コア8コア最大10コア
4つの高性能コアと4つの高効率コア4つの高性能コアと4つの高効率コア8つの高性能コアと2つの高効率コア
GPU最大8コア8コア最大32コア
ユニファイドメモリ最大16GB最大16GB最大64GB
ストレージ最大2TB最大2TB最大8TB
バッテリー駆動時間最大18時間最大20時間最大17時間
ストレージ
256GB256GB
512GB512GB512GB
1TB1TB1TB
2TB2TB2TB
4TB
8TB
Thunderbolt / USB 4ポート×2Thunderbolt / USB 4ポート×2Thunderbolt4 (USB-C)ポート×3
ポート
HDMIポート
SDXCカード
セキュア認証Touch IDTouch Bar と Touch IDTouch ID

資料作成や時々動画編集なら充分な性能のAir

資料作成や動画編集を時々するなら M1搭載 MacBook Air の購入をお勧めします。

充分な性能ですしバッテリー使用時間も長く、そして何より1.29kgと軽量ですので、外出先でも安心して利用できます。


Apple MacBook Air ノートパソコン: Apple M1 Chip、13インチ、8GB RAM、512GB

2020年発売の M1 MacBook Air はインテルプロセッサーに変わってM1チップという新しいSocを搭載し、低電力・高効率・高性能な MacBook Air として一世を風靡しました。

M1チップ

Amazonホームページより引用

M1チップとは、ARMベースの5nmプロセス製造のチップであり、160億個ものトランジスタを搭載しています。

CPU、GPU(グラフィックス)、メモリ、I/Oなどを1つのSoCに統合して、高いパフォーマンスと省電力性を実現しています。

CPUは8コア(4つの高性能コアと4つの高効率コア)、GPUは7または8コア、Neural Engineは16コアです。

M1チップを搭載したことにより、MacBook Air にはこのようなメリットがあります。

  • CPUは最大3.5倍高速(MacBook Air)
  • GPUは最大5倍高速
  • 機械学習は最大9倍高速(MacBook Air)
    (機械学習は映像分析、音声認識、画像処理などで利用される)
  • 最大15時間のワイヤレスインターネット
  • 最大18時間のApple TVアプリのムービー再生
  • MacBook Airは冷却ファン非搭載なので静か

通常の利用なら MacBook Air で充分な性能

この MacBook Air へ搭載されたM1チップの性能が素晴らしく、最上位のMacBook Pro 16インチ(インテルプロセッサー搭載機)に匹敵するような処理性能で、それでいて非常に消費電力が低いのです。

システムが生み出す熱はアルミニウム製の放熱板が拡散しますので、どんなに負荷の高い作業に取り組む時でも、MacBook Airはファンが回る音が無く完全に静かなのです。

ただ最近は動画で旅行やお子さんやペットの成長記録を動画で撮影される方も多いので、「頻繁」に4K動画編集をしたりと負荷のかかる作業をされるのであれば、冷却ファン搭載の M1搭載 MacBook Pro 13インチを選択された方が安心でしょう。

M1搭載 MacBook Air の詳細はこちらから

動画編集など負荷のかかる作業をするならPro(13㌅)

冷却ファン搭載の M1搭載 MacBook Pro 13インチであれば、動画編集など負荷のかかる作業でもより安心して利用できます。

Apple MacBook Pro Apple M1 Chip (13インチPro, 8GB RAM, 512GB SSD)

最近のデジタル一眼レフカメラやiPhoneをはじめとするスマホでも4K動画の撮影が主流となってきました。

ほとんど日常で行う簡単な作業では先述の「MacBook Air」で充分なのですが、頻繁に4K動画編集などをするのであればそれだけ負荷をかけることになり、発熱も増す要因の一つであることは間違いないです。

そういった負荷のかかる作業を多くされる場合は、冷却ファン搭載の MacBook Pro を選択されることをおすすめします。

実際、M1搭載 MacBook Air で4K動画編集を多くされる方の意見で、「熱問題」があるのも事実です。

M1搭載 MacBook Pro の特徴として

  • CPUは最大2.8倍高速(MacBook Pro)
  • GPUは最大5倍高速
  • 機械学習は最大11倍高速(MacBook Pro)
  • 最大17時間のワイヤレスインターネット
  • 最大20時間のApple TVアプリのムービー再生
  • 冷却ファン搭載で熱効率が良い

こういったことが挙げられます。

最新のM1 Pro や M1 Max 搭載の MacBook Pro を選択しなくても、この13インチM1 MacBook Pro でも充分な性能であります。

M1搭載 MacBook Pro 13インチの詳細はこちらから

メモリが16GBなら更に安心

M1チップにより、MacBook Air と MacBook Pro は超高速ユニファイドメモリも活用できるようになりました。

このMacBook Air と MacBook Pro は8GBのメモリを標準で搭載し、16GBに拡張できます。

MacBook Air や MacBook Pro に搭載されているメモリの容量が大きいほど、より多くのアプリを同時に実行でき、パフォーマンスが向上します。

このメモリは後で増量することは出来ないので、Appleストア(オンラインストア)で購入の際にメモリを16GBにアップグレードする必要があります。

16GBのメモリを搭載することでパフォーマンスが向上し、メモリ不足でフリーズすることなく安心して利用できます。

~ちょっと一息~

iPad や Mac をの利用を始めてからプログラミングやアプリ開発に興味を持たれる方が増えてきています。
ただスクールへ通いたいけど通えないといった状況の方が多いのも現実としてあります。
そういった方には自宅にいながらプロの現役エンジニアからプログラミングやアプリ開発が学べるオンラインスクールがあります。
近くにスクールが無かったりスクールへ通う時間をかけたくない方にはオンラインスクールがおすすめです。

拡張性等は対応USBハブで解決


今回発表された M1 Pro と M1 Max 搭載の最新MacBook Pro では、SDカードスロットの復活やHDMIケーブルスロット搭載など拡張性能の改善も魅力の一つではあります。

2020年発売の M1搭載 MacBook Pro ではSDカードスロットの廃止もあり読み込む際にはUSB-C端子経由でハブなどを接続することが可能ですので、別途購入する必要はありますが、それ程高価なものでもないので拡張性を理由に新型MacBook Pro を選択する必要もないでしょう。

おすすめのUSBハブはこちら

携帯しないのなら iMac や Mac mini といった選択もおすすめ

「PCの仕様は自宅のみで、外出先へ持ち出すことはない」

「外出時は iPad と割り切って使うから、デスクトップの Mac がいい!」

といった方には、iMac や Mac mini という選択もおすすめです。

既にディスプレイをお持ちの方ならば、Mac mini を購入することで費用を抑えることも可能ですし、同じ M1チップ搭載の為処理速度をはじめ性能的にも申し分無いでしょう。

iPad もキーボードを接続して長文入力も可能ですし荷物の軽量化にも繋がりますので、「Appleの連携(連係)機能」を両機器で上手に使い分けることで作業環境を整えることも可能です。
M1搭載 iMac はこちら
M1搭載 Mac mini はこちら

「新型MacBook Pro」14インチのベースグレードも魅力

今回発表された「M1Pro」搭載の「MacBook Pro 14インチ」のベースグレードは239,800円(税込)と新型の中でも最もお求めやすい価格で、MacBook Pro としてはこれまでのインテル製CPU搭載機と同じくらいの価格で購入することが可能です。

・8コア中6コアが高性能コア(M1は8コア中4コアが高性能)
・Liquid Retina XDRディスプレイ搭載
・14.2インチ
・ポート類増

こういった点を含めると、この価格は決して高額とも言い切れないと個人的には思います。

作業内容にもよりますが、これからのことを考えるとストレージは1TBを選択した方が安心でしょう。

この機種以外のスペックは「一般利用」としてはかなりのオーバースペックですので、クリエーターの方やこれからクリエーターを目指す方などを除けばこのスペックを利用しきれないでしょう。

最新MacBook Pro は「プロのクリエーター」仕様

Appleホームページより引用

冒頭でも述べましたが、最新MacBook Pro はプロのクリエーター仕様ですので、普通に利用するにはかなりのオーバースペックです。

購入した自転車1台を大型トラックで運搬する様なものです。

  • 今どういった利用がメインなのか!?
  • 今後どういったことをする為に購入するのか!?

この2点を踏まえた上でご自身に合った Mac を購入されることをおすすめします。

そして、費用を別のApple製品導入に充てることでApple製品同士の連係(連携)機能を利用することで、一層便利に活用することが可能です。

ほとんどの方がされる作業は M1 MacBook Air のメモリ8GBで充分対応できます。

8GBの M1 MacBook Air で4K動画を編集してYouTubeへ掲載されている方も実際にいます。

著者も M1 MacBook Air で4K動画編集をしていますが、冬の空気が冷たい時期だからかわかりませんが熱問題は発生することはありません。

また、以前 M1 MacBook Pro13インチを数日利用した際、ファンが回った回数も一度だけでした。

M1自体が熱を発しにくいのかもしれません(利用用途・利用環境も影響すると思われます)。

MacBook Air はこれまでの常識を覆す程のコスパと性能です。

M1搭載 MacBook Air(Pro) は、あなたの for Better Life のベストツールになることでしょう。






タイトルとURLをコピーしました