新型MacBook ProよりもM1 MacBook Airが絶対おすすめ

Apple

「新型MacBook Air が発表されてスペックが魅力で気になる、、、」

「家族やペットとの思い出を動画で残したい、、、」

「PCの買い替えで MacBook を検討していて、Pro か Air で迷っている、、、」

M1 Pro と M1 Max を搭載した新型MacBook Pro が発表されて、そのスペックに魅力を感じている方も多いのではないでしょうか!?

高スペックは魅力であり、ロマンでもあります。著者もそう感じます!

ただそれだけで新型の MacBook Pro を購入するのはちょっと待ってください!

今回の新型MacBook Pro は高スペック過ぎて、プロのクリエーターでなければ使い切れない程のスペックなのです。

動画・映像クリエーターやプログラマー仕様なので、著者を含めて「一般での利用」は購入した MacBook Pro1台だけを大型トラックで自宅まで運ぶようなものです。

では、どのMacBook を選べば良いのか?とその理由を簡単に解説していきます。


ほとんどの方にMacBook Air がおすすめ!


2020 Apple MacBook Air Apple M1 Chip (13インチ, 8GB RAM, 512GB SSD) – スペースグレイ

タイトルにも記載した通り、ほとんどの方は MacBook Air(M1搭載 2020年発売)で充分満足されます。

おすすめ機種は MacBook Air でストレージは512GB あると動画編集・保存にも安心できます。

簡単に纏めますと

  • ほとんどの一般利用者のタスクを処理するには、M1 MacBook Air の性能で充分
  • 一般利用者からみて、M1 MacBook Air(2020) と M1 Pro MacBook Pro(2021) の価格差でメリットとデメリットが MacBook Pro(2021)を選ぶ要因にならない(M1 MacBook Air の方がメリットが大きい)
  • 軽量で持ち運べる M1 MacBook Air(2020) を気軽にどこにでも持って行く方がスキルアップにつながる

こうした理由から、M1 MacBook Air がおすすめなのです!

M1搭載Air(Pro) と M1 Pro(Max)搭載の新型PRO とのスペック比較

まず最初に M1搭載 MacBook Air(Pro) と新型M1 Pro(Max)搭載の新型MacBook Pro のスペックと最低価格を比較してみましょう。

MacBook AirMacBook Pro 13MacBook Pro 14【New】MacBook Pro 16【New】
発売年2020202020212021
搭載チップM1M1M1 Pro/M1 MaxM1 Pro/M1 Max
ディスプレイ
13.3インチ13.3インチ14.2インチ16.2インチ
RetinaディスプレイRetinaディスプレイLiquid Retina XDRLiquid Retina XDR
CPU
8コア8コア最大10コア10コア
4つの高性能コアと4つの高効率コア4つの高性能コアと4つの高効率コア8つの高性能コアと2つの高効率コア8つの高性能コアと2つの高効率コア
GPU最大8コア8コア最大32コア最大32コア
ユニファイドメモリ最大16GB最大16GB最大64GB最大64GB
ストレージ最大2TB最大2TB最大8TB最大8TB
バッテリー駆動時間最大18時間最大20時間最大17時間最大21時間
ストレージ
256GB256GB
512GB512GB512GB512GB
1TB1TB1TB1TB
2TB2TB2TB2TB
4TB4TB
8TB8TB
ポート

 

Thunderbolt /USB4ポート×2Thunderbolt /USB4ポート×2Thunderbolt4(USB-C)ポート×3Thunderbolt4(USB-C)ポート×3
HDMIポートHDMIポート
SDXCカードSDXCカード
セキュア認証Touch IDTouch Bar と Touch IDTouch IDTouch ID
税込価格115,280円~148,280円~239,800円~299,800円~

この表を基に簡単にわかりやすく解説していきます。

M1 MacBook Air は性能充分なラップトップPC

まず価格から比較していきましょう。

新型MacBook Pro は「プロ仕様」のMac!

Appleホームページより引用

新型MacBook Pro 14インチでベースグレードとなる機種でも、239,800円からの選択(カスタマイズにより価格は上がります)になります。

インテル製のCPUを搭載していたMacBook Pro ではこの価格帯がベースグレードでしたが、そのインテル製のCPU搭載機よりも高性能かつ低出力なM1搭載 MacBook Air の2倍の価格になります。

M1チップ搭載の MacBook Air のコスパの良さがここで解ります。

M1チップ搭載の MacBook Air(Pro) と比べると、M1 Pro(Max)チップ搭載の新型MacBook Pro は高性能コアが増えたことや Liquid Retina XDRディスプレイ搭載・ポート類の復活などの改良・進化がありますが、たまに4K動画編集をするなどの「使用用途」からすると、その価格差は大きすぎると言えるでしょう。

簡単に言いますと、M1 Pro や M1 Max 搭載の新型MacBook Pro はその新型MacBook Pro を仕事で使用して、利益を上げる「プロのクリエーター」用に製造された MacBook です。

MacBook Pro に「Pro」の名が付く限り、「プロ仕様」の Mac として新型を発表し続けるでしょう

万が一ストレージ不足の際は外付けSSDで解決

家族やペットとの思い出を動画で保存される方が増えてきています。

著者もその一人ですが、動画は写真よりもファイル容量が多く、MacBook Air のストレージ容量を減らしてしまいます

更に4K動画で撮影・編集すると、これまでになくその容量負担があることに気が付くことでしょう。

理想は MacBook Air のストレージ容量を1TBにするのが利用ですが、512GBから1TBへストレージ容量をアップすると22,000円増となってしまいます。

512GBの増量で22,000円のアップです。

「動画編集をしてみたけれど、別に編集しなくてそのまま保存しておくだけでも構わない」

こうなった場合、折角購入した MacBook Air の1TBのストレージが無駄になってしまいます。

勿体ないです!

動画編集をしてみて面白く継続できそうな場合は、USB typeC接続可能な外付けSSDを別途購入して、編集済みの動画は移動して保管しておくことでストレージ不足は解消されます。

先程の価格差の22,000円があれば、今2TBの外付けSSDを購入可能です(有名な記録メディアメーカー製)。

万が一「飽きてしまった」ときのことも考えて、無駄のない選択をおすすめします。

おすすめの外付けSSDはこちら

カスタマイズでメモリ16GBあると安心

Appleホームページより引用

M1チップ(SoC)搭載の MacBook Air(Pro)は、メモリ(RAM)が8GBが標準仕様です。

これまでのPCと違い、CPU・GPU・メモリなどのデータ共有が効率よく、あらゆる作業が高速でスムーズです。

MacBook Air(Pro)はこのメモリを購入時に16GBに拡張することができます。

MacBook Air(Pro)に搭載されているメモリの容量が大きいほど、より多くのアプリを同時に実行でき、パフォーマンスが向上します。

※MacBook Air(Pro)のメモリを後から拡張することはできません。
使用用途によりメモリ不足になると考えられる場合は、購入時にアップグレードしておくことをおすすめします。

ただ4K動画も20分程度の編集ならば、8GBのメモリで作業されている方もいます。
(後述しますが利用するソフトにもよります)

差額は iPad やミラーレスカメラ等に充てるべき!

「おすすめ機種は MacBook Air でストレージは512GB 価格は142,780円」と最初に記載しました。

最新MacBook Pro 14インチのベースモデル 239,800円との差額、97,020円は iPad の購入資金に充てたり、ミラーレスカメラの購入費用に充てることをおすすめします。

iPad は既に持っていてミラーレスカメラに興味が無いなら、カメラ性能が向上したiPhone13 Proシリーズに機種変更すると、家族やペットとの思い出撮影にとっては良い出費となるでしょう。

また個人的におすすめは、GoPro などのアクションカメラです。

プールや海でも水深10メートルまで耐えられ、また多少の高さから落下させてしまっても安心なカメラは他にはありません(10メートル落下からも耐えられる)。

撮影することに集中できますし、途中電話がかかってきても撮影に影響ないのが魅力でもあります。

MacBook Air と合わせて利用することで、記憶の思い出をもっと多くの記録として残しましょう。

目的は MacBook を使いこなすことでなく、家族やペットとの思い出を動画として残しておくことであり、Mac はそのためのツールなのですから。

動画編集は iMovie から始めよう!

4K動画の編集ソフトは多数あります。

その中でもおすすめは無料でダウンロード・利用可能な iMovie です。

先程も述べましたが、万が一途中で動画編集の奥深さや楽しさを得られずに止めてしまっても無料のソフト(アプリ)なら痛くないからです。

そして、「もっと凝った編集をしてみたい!」となったときに有料の編集ソフトを購入することをおすすめします。

おすすめの有料動画編集ソフトは Final Cut Pro  です。

一度購入するとそれ以上の費用負担がなく(Final Cut Pro X 税込36,800円)、iMovie の有料版と言えますので操作方法もガラリと変わることはありません。

Adobe製のPremiereProなど有名な編集ソフトもありますが、サブスクリプションサービスですので毎月支払いが発生して高額になってしまいます。

その分便利な機能もありますが、プロが利用する編集ソフトと割り切りましょう。

ほとんどの方はMacBook Air の性能で充分満足!

Amazonホームページより引用

Apple MacBook Air Apple M1 Chip / 13インチ / 8GB RAM / 512GB SSD

深掘りはしませんでしたが、ほとんどの方は MacBook Air で充分な性能であることを理解いただけましたでしょうか!?

今回は家族やペットとの思い出を動画で記録・編集・保存する事を目的を例として挙げましたが、その動画編集をもっと上の段階で編集したいと思えたときは上位機種への買い替えを検討されても良いと思います。

おすすめの M1チップ搭載 MacBook Air の詳細はこちらから

Macの購入はAmazonがお得!

カスタマイズモデルの購入でないのであれば、Mac の購入はAmazonがお得です。

ポイント付与もあり、またAmazonチャージを利用することで更にポイントバックがあります。

お得なAmazonチャージについてはこちら

MacBook Air は、Apple製品の特徴でもありますが買取や下取り価格が良いです。

ただ買い替えを必要としないくらいの性能であることも間違いありません

MacBook Air は、あなたの for Better Life に役立つツールとなるでしょう。




  

タイトルとURLをコピーしました