iPad の持つ他にない3つの大きな魅力

Apple

2021年は5月に「iPad Pro11インチ M1」「iPad Pro12.9インチ M1」、9月に「無印iPad 第9世代」と「iPad mini 第6世代」の4機種をリプレイスする「iPad 革新イヤー」となりました。

iPad Pro11iPad Pro12.9iPadiPad mini

iPhone と比べると利用者は少ない iPad ですが、iPad を9年間利用してきて「一度利用すると手放せなくなるツール」であると感じています。

そんな iPad の魅力は多数ありますが、大きな魅力として3つここで挙げたいと思います。

その3つの魅力は

・iPadOS やセキュリティアップデート期間が長い
・コスパが良い
・旧型の機種でも社外アクセサリーが充実

それぞれについて解りやすく説明していきます。

iPadOS やセキュリティアップデート期間が長い

2021年最新の iPadOS は「iPadOS15」が9月に登場し、2014年発売の「iPad Air2」にも対応しております。

発売から7年経過した iPad Air2 はバッテリーが劣化しているなど予想されますが、バッテリーの劣化も少なくもしくは交換済みで普通に動く状態であれば、最新のOSにアップグレードできることは iPad Air2 ユーザーからは非常にありがたいAppleのサポートだと言えます。

androidの端末ですと今でも3年程度でアップグレード対象外となってしまう機種が多い中で、7年間無償でアップデート出来ていることは次項で記載する「コスパの良さ」にも繋がります。

コスパが良い

この「コスパの良さ」も iPad の魅力でもあります。

一度利用すると比較的長い期間利用する方が多いのも iPad の特徴であります。

前項の最新iPadOSの対応機関が長いこととも繋がってきますが、iPhone よりも安い価格で対応期間も長ければコスパの良さは最高です。

またiPad を利用してWEB閲覧や動画視聴などをすることで、結果iPhoneのバッテリー持ちが良くなるという良い効果をもたらしてくれます。

画面が大きくて見やすい iPad を利用することで得られるものは多数あるのです。

旧型の機種でも社外アクセサリーが充実

iPad の魅力はアクセサリー類や周辺機器も多数あることもその一つです。

コスパが良いことと共通しますが、iPad のケースやフィルムなどアクセサリー類は旧型の iPad のアクセサリーも多数継続販売されています。

例えば先程の2014年発売 iPad Air2 ですが、既に7年経過しているにも関わらずケースやフィルムなど未だに多数販売されています。

「iPad はまだ無事だけど、ケースが無くて困る」といった悩みはなくなります。

またケースを替えることで気分もリフレッシュされ、愛着の湧いたiPad として長く利用することへも繋がるでしょう。

iPadOS15対応機種で過去の iPad のケース

iPad 第5世代 のケースはこちら
iPad mini 第4世代 のケースはこちら
iPad Air2 のケースはこちら
iPad mini 第4世代 のケースはこちら

最新iPadOSへの対応も長くコスパが良い それが iPad

どうでしたでしょうか?

iPad の持つ3つの大きな魅力を今回取り上げましたが、iPad の魅力はまだまだあります。

利用する上でコスパが良いのは最高で最大の魅力ではないでしょうか!?

iPad はあなたの for Better Life の必需品になるでしょう。



タイトルとURLをコピーしました