MacBook を持ち歩くなら iPad mini6 との相性が抜群!

Apple

情報収集なら iPad が各段に便利、編集作業なら Mac が得意

このサイトでこのことは度々掲載してきましたが、MacBook Air や MacBook Pro を持ち運ぶ必要がある方にとっては iPad mini のサイズが重量的にも負担が少なくおすすめであると再認識させれられましたので、改めてその話しをしたいと思います。

MacBook を持ち歩くなら iPad mini6 との相性が抜群!

仕事で MacBook Air や MacBook Pro を携帯しなければならない方は多いと思います。

著者の様に車で移動する方達にとっては重量は然程気にならないですが、電車や徒歩の多い都心にお住まいの方にとって、毎日持ち運ぶものは少しでも軽い方が体への負担も少ないので大きな問題でもあるでしょう。

そのような場合に便利で性能にも満足できるのが、「iPad mini 第6世代」です。

iPad mini 第6世代の性能についてはこちら

セルラーモデルでわずか297g(Wi-Fiモデルは293g)と300gを割る軽さでありながら、最新A15 Bionic搭載など性能も申し分ありません。

またAppleペンシルが利用可能な iPad mini を一緒に利用することにより、Mac のサブディスプレイとして利用できたり、写真やPDFに一言Appleペンシルで記入出来たりしますので、仕事の幅も広がります。

編集はキーボードのある Mac で、閲覧など簡単な作業は軽量で手に取りやすい iPad mini6 を合わせて利用することでより良い環境を整えることが可能です。

Mac をテザリングするなら iPad mini6はセルラーがおすすめ!

MacBook Air や Pro を持ち歩く方にとって通信環境は必需品です。

Wi-Fiスポットも増えてきましたが、iPhoneをはじめとするスマホでテザリングされる方も多いのではないでしょうか。

少しの時間なら iPhone などでもいいのですが、長時間テザリングをするとバッテリー容量の少ない iPhone などスマホはみるみるバッテリー消費が増え、いざというときに電話が出来ないなんてことも出てくるかもしれません。

iPad mini6 をはじめ、iPad はiPhoneなどよりも大容量のバッテリーを搭載していますので、長時間のテザリングも安心です。

それでも万が一の時の為に、モバイルバッテリーは用意しておくようにしましょう。

iPad mini6 をサブディスプレイとして利用可能

Sidecar を使えば、Mac のデスクトップを拡張またはミラーリングするディスプレイとして iPad を活用できます。

Mac でsプレゼン資料を操作し、プレゼンモニター用として iPad mini6 のディスプレイをお客様に観て頂くなど利用用途も広がります。

Sidecar の詳細はこちらから

おすすめは M1 MacBook Air

画像はAppleホームページより引用

iPhone や iPad との相性が抜群に良い MacBook を携帯するなら、本体が軽い方が荷物全体の重さも軽く済ませます。

でも軽量だからと言って性能を犠牲にすることは避けたいです。

そんな iPad mini6 と相性よく、性能も妥協していないのが「M1搭載 MacBook Air」です。

2021年秋、新型MacBook Pro 14 / 16インチが発売され、その驚異的なスペックが注目されていますが、プロのクリエーターの方々が利用する以外は M1 MacBook Air で充分性能的にも満足できる仕様となっています。

必要以上のスペックより、今利用する用途に合わせて費用を抑えることで余った予算を他のApple製品購入費用に充てた方がQOLは間違いなく向上します。

MacBook Air がおすすめな理由はこちら

iPad mini 第6世代と M1搭載 MacBook Air はあなたの for Better Life に手放せないツールとなるでしょう。





タイトルとURLをコピーしました