MacBookの選び方 M1かM1 ProかM1 Maxか?

Apple

現在 iPhone や iPad を利用されている方で、パソコンをMac に買い替えを検討されている方は多くいます。

ただ、現在発売されている M1 MacBook Air,M1 MacBook Pro,M1 Pro と M1 Max搭載の MacBook Pro と4種類発売されており、どの MacBook を選べば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか?

無駄に高額な出費をしない為にも利用用途に合った機種選びが大切になってきます。

今回は初めて MacBook の購入を検討されている方や、以前 Mac を利用していたがWindowsを現在使っており iPhone 所有なのでまたMac を検討されている方などの参考になる様に簡潔にまとめてみました。


簡単にまとめるとこの2パターン

私が現在 M1 MacBook Air を利用していて感じることですが、大きく分けるとこの2パターンで検討されるのが良いと思います。

  • M1 Pro と M1 Max 搭載 MacBook Pro は「プロのクリエーター仕様」!
  • 「プロのクリエーター」以外の方は M1 MacBook Air で充分!

この2パターンについて「M1 MacBook Air 利用者」としての見解を記してみたいと思います。

M1ProとM1Max 搭載MacBook Proは「プロのクリエーター仕様」

Appleホームページより引用

2021年10月発売の「新型MacBook Pro」は「M1 Pro」「M1 Max」というM1チップをスペックアップさせたSocを搭載してきました。

中でもGPUを最大32コア搭載できるなど、映像関係などの「プロのクリエーター」向けの仕様で登場してきました。

ここでいう「プロのクリエーター」とは MacBook を利用することで収益を得ている動画を編集される方などであり、例えばYouTubeなどで広告収益を得ている方も該当されます。

またプロの映像クリエーターの方や、プロカメラマンなどやデザイナーの方も当然「プロのクリエーター」として記させていただいています。

こうした方々は作業時間を短縮させることでよりスペックの高い MacBook Pro を利用する必要がありますし、使う道具により作品の仕上がりも変わってきます。

MacBook Pro の名の通り「Pro の為のMac」であり、今後も MacBook Pro としてリプレイスされる限り、「Pro 仕様の Pro の為の Mac」であり続けるでしょう。

「プロのクリエーター」以外の方は M1 MacBook Air で充分!

Appleホームページより引用

一方、プロのクリエーター以外の方はどの MacBook がおすすめなのでしょうか?

答えは一つ、

2020年発売の「M1搭載 MacBook Air」一択です。

「趣味で4Kの動画編集をしたいのだけれど、、、」

「スペック不足が心配で、MacBook Pro の方が安心では、、、」

こういったことから MacBook Pro の購入を検討をされている方も多いのではないでしょうか。

でも心配ありません。

M1搭載 MacBook Air はこれまでの MacBook Air のイメージを覆す「セミプロ級」のスペックを備えた Mac なのです。

実際 M1 MacBook Air で動画編集をされYouTubeへ投稿されている方も多いですし、4K動画編集も可能です。

M1 MacBook Air の性能に関してはこちらの記事を

新型MacBook ProよりもM1 MacBook Airが絶対おすすめ
「新型MacBook Air が発表されてスペックが魅力で気になる」M1 PRO と M1 MAX を搭載した新型MacBook Proが発表されて、そのスペックに魅力を感じている方も多いでしょうが、殆どの方にはこの機種がおすすめです!

Pro と Air の差額を別の商品へ充てた方がGood!

もし今、スペック不足を案じて MacBook Pro の購入を検討されているのであれば、高性能・高コスパの M1 MacBook Air の実力を再度確認してみてください。

MacBook Air 購入ならコスパ最高なM1現行機がおすすめ!
初めて Mac の購入を検討されている方や、今 Mac を使っていて買い替え検討や買い増しなど様々な理由があると思いますが、おそらく Mac史上最高コスパの 「M1 MacBook Air」や「Mac mini」など「M1 搭載機種」がほとんどの方にとってベストな選択の理由を改めてご紹介したいと思います。

そして、MacBook Pro を購入されようとしていた費用と MacBook Air の差額を他の機器購入費用に充てた方が「クオリティ オブ ライフ(QOL)」が間違いなく向上します。

例えばiPad を購入することで、閲覧中心のインプット的作業は格段に向上します。

iPhone で閲覧中のサイトを iPad の大画面で閲覧することにより見やすさが向上し、情報収集・処理も向上するでしょう。

また、「ユニバーサルクリップボード」などApple製品同士の連係(連携)機能を使うことで作業スピードが向上します。

iPad など既に所有されているのであれば、ミラーレスカメラや GoPro などのアクションカメラの購入費用に充てることもできるでしょう。

旅行やドライブ、各種イベントの際 iPhone などのスマホのカメラで撮影される機会が多いです。

アクションカメラを追加することで着信を気にすることなく撮影可能ですし、またプールサイドや海での撮影も GoPro などのアクションカメラなら防水性能も優れており、多少の落下で故障することもありません。

本格的な撮影も可能なミラーレスカメラを利用することで、今まで以上のクオリティの高い写真や動画で「記録を残す」ことが可能です。

そして本格的に動画編集など重い作業を頻繁にする機会が増えたら、スペックアップとして MacBook Pro の購入を検討されても遅くないでしょう。

使い切れない性能に費用をかけるのではなく、その費用は別に充てた方が「生活の質の向上」に繋がります。

メモリは8GBでも充分な性能

Amazonホームページより引用

Apple MacBook Air M1 Chip、13インチ、8GB RAM、256GB SSD
M1搭載 MacBook Air はベースグレードなら115280円で購入することが可能です。

スペックは8コアCPU / 7コアGPU / メモリ8GB / SSD256GB ですが、この性能で充分でしょう。

ただ動画編集などはストレージ容量を必要としますので、512GB搭載モデルの142780円(8コアCPU / 8コアGPU / メモリ8GB / SSD512GB)のモデルを選択される方が安心です。

Apple MacBook Air M1 Chip、13インチ、8GB RAM、512GB SSD

長く利用するなら16GBへカスタマイズをオススメ!

Appleホームページより引用

M1 MacBook Air は高性能・高コスパと先ほど記載しましたが、Windows機と比べるとやはり高額になります。

これまで MacBook Air をはじめ、Apple の製品は多少高めではありますが、性能から比較しますと1世代前の40万円超えの16インチMacBook Pro と同等以上の性能を考えると、M1 MacBook Air は高コスパと言い切れます。

せっかく購入する高性能・高コスパの MacBook Air ですので、長く利用される方も多いでしょう。

そういった利用であれば、MacBook Air 購入の際にメモリを16GBへカスタマイズされることをおすすめします。

8GBから16GBへカスタマイズすると22000円高くなりますが、メモリ不足で MacBook Air の動作が鈍くなることも防げますし、複数のアプリ(ソフト)を開いていることによる動作の鈍さを解消してくれます。

まとめ ほとんどの方には MacBook Air がおすすめ!

これまで記載してきた通りですが、

M1 Pro と M1 Max 搭載 MacBook Pro は「プロのクリエーター仕様」!
「プロのクリエーター」以外の方は M1 MacBook Air で充分!

これを基準に MacBook Air か Pro を選択されることで無駄に高額な Mac を購入しなくて済むと思います。

「最小の投資で、最大の利益を出す」ことも全てのことにおいて重要でしょう。

Mac をはじめ、Apple製品はあなたの for Better Life のツールとして最大の利益をもたらしてくれるでしょう。







コメント

タイトルとURLをコピーしました