iPad mini第6世代 3ヶ月使用した感想「サイズ・仕様が完璧」

Apple

2021年9月に大きく改良された iPad mini 第6世代が発売されて3ヶ月。

その iPad mini 第6世代を利用してきた感想はほとんどの方がベストアイテムと言うのではないかと思います。

世界的にそれ程販売数量も他の iPad よりは少なく、リプレイスされるまでの期間が長いことも人気がイマイチであった証拠でもあるでしょう。

ただ今回の iPad mini は少し違いました。

3ヶ月使用した感想を今回改めて記してみました。



いつでもどこでも利用できるサイズが大事

iPad mini 第6世代を利用するまでは、11インチクラスの iPad がWEB閲覧するには最適なサイズで小さ過ぎず大き過ぎない「適度なサイズ」と感じていました。

ただそれは自宅やオフィス内でソファーやデスクに座っていて利用する場合のことで、外出先でサッとバッグから取り出して何かを調べたい時などは11インチクラスの iPad だとどうしても取り出すのを躊躇してしまうことが多かったのが事実です。

そういう場合は iPhone を取り出して調べたりすることがメインでしたが、やはり画面の小ささによる扱いやすさとは逆に「見づらさ」をトレードオフと割り切っていることが普通でした。

それが iPad mini 第6世代はこの画面サイズが「ちょうどいい」サイズであり、片手で握れる最大サイズがいつでもどこでも利用したいと思わせてくれるのです。

iPad mini 第5世代でもその点は一緒でしたがオールスクリーン主流の今、一度 iPad mini第6世代を手にしてしまうとやはり「全てが画面」は情報量も多く8.3インチを無駄なく利用できる点がGood!

iPad はオールスクリーンに限ります。

満足できるスペックが完璧

Appleホームページより引用

この小さ過ぎないオールスクリーンのサイズが魅力の iPad mini 第6世代ですが、最新の 「A15 Bionic」搭載の iPad mini はスペック不足を感じさせることもなく、4K動画も無料アプリの iMovie で楽々編集することも可能です。

ほとんどの方は iPad の利用用途はWEB閲覧やYouTubeなどの動画視聴といった「閲覧中心」の利用がほとんどですので iPad mini 本体へ負荷をかけるアプリを利用することもそれ程ないので、充分すぎるスペックと言っても良いでしょう。

また、フロントカメラのセンターフレーム機能はビデオ通話などで活躍してくれるなど今の情勢の中で役立つ機能を追加してくれたと感じます。

また、背面カメラは広角カメラのみの単眼レンズですが、ちょっとした撮影でAppleペンシルで注釈をつけて送る場合などでは充分過ぎると思います。

趣味やおこさんの成長記録で動画や写真を撮影するなら、カメラ性能の良い iPhone で撮影・AirDropで iPad mini へ送ることで解決できるためカメラ性能はこれで充分でしょう。

またWi-Fi6対応もこれから動画など容量の大きなファイルを送る機会が増えることを考えると、ありがたい仕様でもあります。

Appleペンシル第2世代対応が◎

iPad mini 第6世代で大きく改良された点は、「8.3インチオールスクリーン」と「Appleペンシル第2世代対応」でしょう。

今Appleペンシルは iPad を使用する上で最も重要なアクセサリーであり、第2世代対応となったことでこれまで以上に利用頻度が上がるでしょう。

本体へ装着できるということは、「使いたい時に直ぐに使える」大事なポイントであり、iPad Pro10.5インチでAppleペンシル第1世代をほとんど利用することがなかったことが嘘の様に毎日利用するようになりました。

いつでもどこでも利用できる iPad mini のサイズ同様、直ぐに利用できることは使う上で最も大事なことでしょう。

USB-C搭載だから外付けSSDも直接つなぐだけ

iPad mini 第6世代も iPad Air や無印iPad 同様、ストレージ容量は64GBと256GBの2種類しかありません。

128GBがラインアップにあれば良いと感じる方は多いと思いますが、USB-Cを搭載することにより、万が一本体ストレージ容量が危なくなった際は、外付けSSDへ簡単にファイル転送・移管することが可能です。

また外部ディスプレイへ接続するのも簡単ですので、大勢で外部ディスプレイで写真や動画などを観たいときはケーブル一本で対応出来る点も嬉しい仕様です。

5Gの恩恵はこれから

iPad 利用者はWi-Fiモデルを利用されている方が多いですが、iPad mini 第6世代は「いつでもどこでも利用できそのサイズ」を活かす為にもセルラーモデルがオススメです。

その性質上、iPhone を見る様にサッとポケットやバッグからサッと取り出して利用することが可能ですので、スマホ感覚で利用できるのです。

また MacBook Air や Pro などを持ち出すことの多い方がテザリングで仕様することもおすすめです。

docomoのギガホでデータプラスを契約することでiPhoneのデータ容量を利用することができ、そのデータ容量をテザリングすることもできます。

iPhone やスマホでテザリングをすると iPhone 本体のバッテリー消費が激しい為、バッテリー容量の多い iPad mini でテザリングすることで万が一の時に電話ができないという危険性を最小限に抑えることが可能です。

反対に、ノートパソコンなどを外出先で利用することがないのであれば、iPad mini はWi-Fiモデルでも満足されると思います。

唯一の欠点 それは「マルチタスク」

Appleホームページより引用

iPad mini を利用していて唯一と言っていい欠点、それは8.3インチのスクリーンではSplit Viewなどのマルチタスクは不向きという点です。

iPadOS での長所というとマルチタスクが魅力の一つですが、そのSplit View や Slide Overなどの利用においては11インチクラスの iPad と比べるとどうしても見づらさが気になることです。

これは購入前から解ってはいたことですが、今 iPad mini 第6世代の購入を検討されている方は家電量販店などで実際に iPad mini に触れて体感されることをおすすめします。

ほとんど全てが「ちょうど良い」それが iPad mini 第6世代

Appleホームページより引用

iPad というとやはり主流はこれまで11インチクラスのディスプレイサイズでしたが、「iPad は閲覧中心の利用」をする機会が多く、キーボードなどを利用する編集的な利用はパソコンと割り切って考えると、「サイズと仕様がちょうど良い」と感じます。

欲を言えば、閲覧中心用として iPad mini、メインの iPad として11インチの iPad Air や iPad Pro と2台所有がベストでしょう。

ただ、ほとんどの方は iPad にそれだけ費やすことはしないでしょうから、家電量販店などで全てのサイズに触れて、持って、操作してみて一番ご自身に合う iPad を選択することをおすすめします。

「iPad利用歴 8年超」の著者の結論は、「サイズ・仕様が完璧」。

iPad mini をはじめ、iPad はあなたの for Better Life の手放せないツールとなるでしょう。





タイトルとURLをコピーしました