Mac と Windows どちらも使えることが重要!

Apple

iPhone や iPad を利用してから Mac の購入を検討されている方が増えています。

著者も 最初はAndroidユーザーでしたが、iPhone を使用してから少ししてPCを「Mac」に変えました。

厳密に言いますと、Windows PC を利用しながら Mac を追加したという表現が正しいのですが、やはり iPhone と合わせて利用するなら Mac は非常に便利です。

そこで今回のタイトルにある、「Mac と Windows どちらも使えることが重要!」とはどういった意味なのか?
簡単に解説していきたいと思います。

就職前の大学生や入学したばかりの大学生などでパソコンを購入予定の方などはぜひ参考にしてください。

Mac と Windows どちらも使えることが重要!

「低価格で購入なWindows」、「Macへの憧れ」などパソコンを選ぶ基準はたくさんありますが、殆どの方は所有しているパソコンは1台だと思います。

iPhone利用者はMacがおすすめ!と伝えてきた著者ですが、MacもWindowsも両方使えることが重要です。

一般企業のほとんどはWindowsを利用している

高校生や大学生が就職する企業の殆どで、業務で使用するパソコンはWindowsを使用しています。

仕事でパソコンを利用するのは当たり前の時代ですので、Windowsは使える様にしておく必要はあります。

Windowsを使える様にする為だけなら廉価版で充分

Windows を利用する最も大きな理由が「Word」や「Excel」、「PowerPoint」のOfficeソフトの利用でしょう。

Mac でもOfficeが利用可能ですが、印刷時にズレが生じたり、Excelでもまだ互換性に不安があります。

OSの違いによる「不具合」がまだあります。

オンライン上で利用可能な「Microsoft365」を著者はWindowsとMacで使用しており、現時点で互換性に関しては以前より改善されているように思えますが、完璧ではないのが現状です。

その為WordやExcelで送られてきた資料はWindowsのノートPCで開くようにしています。

面倒ではありますが、事前に対応できることは対応する必要があります。

WordやPowerPointなどはPDFに変換して送ってもらうなどで防げることもありますが、実際そうお願いできることは多くありません。

こうしたことからWindows PCを使いこなせるようにする必要はあるでしょう。

そして、使いこなせるようにする為だけなら、廉価版のWindowsで充分可能です。

Windows PCは価格がお求めやすいのが利点

Windows PCは低予算でも購入可能な機種があることがありがたいです。

各社ダイレクトショップでアウトレットセールや学生割引などを利用するとお得です。

中でも著者のおすすめは、著者も利用している「lenovo」か「NEC」がお得です。

デザイン・クリエイター関係に就職希望なら最初からMacでも

将来希望する企業が Mac を利用していることがわかっているなら、早いうちから Mac を使い慣れておくことも大事でしょう。

将来希望する職種を調べるとどういったソフトを利用しているかなどはわかりますので、予め調べておくことで目標とする職業への近道にもなるでしょう。

それでも iPhoneユーザーには Mac が便利!

個人で動画を撮影・編集、そしてYouTubeなど動画投稿サイトへ参加する方が増えた今、日本で1番利用者の多い iPhone と一緒に利用することを考えると、「Mac」との相性や使い勝手の良さを利用すべきだと思います。

もちろんWindows PCでも簡単な動画編集から高度な編集までできるソフトは揃っていますが、「iOS」「iPadOS」「MacOS」の連係機能は作業を始める前から作業中、作業後のファイル共有などあらゆる面でそのメリットを体感することができますし、「Macを使っていて良かった!」と単純に価格で比較できない利点を得ることができるでしょう。







タイトルとURLをコピーしました