iPhone 13miniとSE お得な2機種購入前の比較

Apple
Appleホームページより引用

iPhone13シリーズで最もコンパクトながら性能も妥協していない iPhone13 mini。

iPhone をはじめスマホの大型化が進む中、コンパクトな iPhone を選択される場合に比較対象となる iPhone に iPhone SE があります。

iPhone13 mini と iPhone SE を主な利用用途で比較し、どちらを選んだ方が良いのかを今回は検証してみたいと思います。

これから コンパクトなスマホ、コンパクトな iPhone の購入を検討されている方は是非参考にしてみてください。

サイズと重量

コンパクトサイズの iPhone を検討されている方にとって、サイズは重要なポイントの一つでしょう。

まずは両機のサイズですが、

iPhone13 mini
高さ 131.5mm 幅 64.2mm 厚さ 7.65mm 重量 140g

iPhone SE
高さ 138.4mm 幅 67.3mm 厚さ 7.3mm 重量 148g

厚さは iPhone SE の方が若干薄いですが、その他に関しては iPhone13 mini の方が重量を含めコンパクトと言えます。

後ほど説明しますディスプレイ性能ですが、コンパクトな上ディスプレイサイズも大きい iPhone13 mini の方がサイズの面では優位に立っていると言えます。

カラー・仕上げ

毎日使用する iPhone ですので、カラーはとても大事です。

気に入ったカラーの iPhone ですと使用頻度も上がりますし、モチベーションも代わってくるでしょう。

iPhone13 mini の仕上げ

Appleホームページより引用

PRODUCT RED、スターライト、ミッドナイト、ブルー、ピンク
Ceramic Shieldの前面 ガラスの背面とアルミニウムのデザイン
iPhone SE の仕上げ

Appleホームページより引用

ブラック、ホワイト、PRODUCT RED
ガラスの前面と背面とアルミニウムのデザイン

iPhone13 mini は5色、iPhone SE は3色展開で、iPhone13 mini の方が選択肢は多いです。

個人的にはiPhone13 mini のブルーやスターライトは綺麗だと実機をみて感じましたが、カラーだけは人それぞれにより変わってきますので、キャリアや家電量販店などで実機に触れてみることが重要です。

搭載チップ

iPhone の性能で最も重要なパーツであり、頭脳に当たる箇所が搭載されているチップです。

iPhone13 mini は2022年1月現在、最新の「A15 Bionicチップ」を搭載し、iPhone SE は2019年発売の iPhone11 に搭載された「A13 Bionicチップ」を搭載しております。

2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した新しい6コアCPUと、新しい4コアGPUを搭載した新しい6コアCPUの「iPhone13 mini」に対して、2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPUの「iPhone SE」。

ごくごく一般的な「普段使い」ではその差を体感することはできませんが、長く iPhone を利用利用のであれば、より新しい iPhone13 mini を選択された方が iPhone での動画編集など様々な点で高速な処理を得られますので、性能的には iPhone13 mini の方が圧倒的に有利です。

カメラ性能

Appleホームページより引用

iPhone を使う上で最も利用する機能の一つがカメラではないでしょうか。

カメラ性能に関しては大きく違ってきます。

iPhone SE は12MPの広角シングルカメラに対して、iPhone13 mini は広角・超広角のデュアル12MPカメラを搭載しております。

また、iPhone13 mini は「ナイトモード」を搭載しており、夜の撮影も非常に綺麗に撮影することが可能です。

また iPhone13 mini には「センサーシフト光学式手ぶれ補正」を搭載しており、ジンバルを使用したように手ぶれを抑えた動画撮影が可能です。

この機能は iPhone12Pro Max で初めて搭載された機能ですが、13シリーズ全機種に搭載されているのはとてもありがたいことと同時に、動画撮影する機会が増えてきた今スタンダードな機能となるものでしょう。

カメラ性能は全てにおいて、iPhone13 mini の圧勝ですが、iPhone では日中のスナップしか撮影しないと割り切るならば、iPhone SE もアリかもしれません。

ディスプレイ性能

ディスプレイ性能に関しても、iPhone13 mini の圧勝です。

細かい点は2機種を並べて比較しなければ解らないくらい iPhone SE も綺麗な画面ではありますが、本体サイズが小さい iPhone13 mini の方がディスプレイサイズが大きいことは毎日観る画面としては絶対便利です。

ストレージ容量

ストレージ容量は iPhone13 mini が 128GB / 256GB / 512GB の3種に対して、iPhone SE は 64GB / 128GB の2種展開です。

利用用途によりストレージ容量の使用量が変わってきますので一概には言えませんが、カメラ性能に優れた iPhone13 mini で動画撮影する上では充分なストレージ容量を用意されていると言えます。

認証機能

認証システムの違いは現在の社会情勢からみて大事な点でもあります。

iPhone13 mini は一瞬で解除可能な 「Face ID」、iPhone SE は指紋センサー搭載の 「Touch ID」。

家でマスクをしていない状況であれば Face ID は非常に便利で早い解除が可能ですが、外出先での Face ID はマスクを一時的に除ける必要があり、一方 iPhone SE の Touch ID はその必要もなく簡単に指先で解除可能です。

この点に関しては、マスクを常に装着していることを考慮すると、iPhone SE の方が使い勝手は良いと言えるでしょう。

バッテリー性能

バッテリー容量に関してはAppleから公式の発表はありません。

コンパクトなこの両機で最も注意が必要なバッテリー性能は、iPhone13 mini が2406mAh、iPhone SE が1821mAh と判明しています。

容量的には iPhone13 mini の方が多いですが、ブラウジングやカメラ撮影、iD やQRコード決済など利用頻度を考えるとモバイルバッテリーなどを用意されることをおすすめしています。

バッテリー切れで電話ができない、決済ができない場合を想定しておき、最低でも10000mAhのモバイルバッテリーがおすすめです。

また、iPhone13 mini はQiワイヤレス充電対応です。

自宅で充電する際、この機能は簡単・便利でもはやスタンダードと言っても良いでしょう。

通信機能

iPhone13 mini は5G対応、iPhone SE は4G LTE とこの点も2機種の大きな違いの一つです。

ただ、2022年1月現在5G対応エリアはまだまだ狭く、今後のキャリアのエリア拡大に期待するところです。

これから5Gが整備されると、今まで以上に高速通信が可能となり、動画視聴・動画投稿、ビデオ通話などでその差が出てくることは明らかでしょう。

価格

そして最も比較される点がこの価格になります。

これまで比較してきた内容を元にその差をどう捉えるかで価格に見合うか別れるところです。

iPhone13 mini は、128GB 86800円、256GB 98000円、512GB 122800円。

iPhone SE は、64GB 49800円、128GB 55800円。

同じストレージ容量の128GB で比較しますと、その差は31000円になります。

上記価格はアップルストアでの価格ですが、購入後3年利用した場合は月々861円の差になります。

日常での光景を毎日撮影するのであれば、この価格差は少ないと言えるでしょう。

外出先での通信速度を重要視されるのであれば、現在5Gの恩恵を得られない今この差は大きいと言えるでしょう。

安さ最優先なら SE! 安さは二の次なら 13 mini! がおすすめ

ここまで比較してきた通りではありますが、機能・性能面全てで当然ですが iPhone13 mini の方が優っています。

今ほとんどの方が利用しているカメラ性能をはじめ、将来的なことを考慮して機能最優先ならば iPhone13 mini がおすすめであり、なにしろ機種代金を抑えて iPhone を利用したいとお考えであれば iPhone SE がおすすめです。

ほとんどの方が利用しているカメラ、万が一の災害時のことを考えて少しでもバッテリー容量が多いなど、個人的には iPhone13 mini の方が著者的にはおすすめですが、基本的にできることは同じです。

iPhone で買い物も可能ですので、SE を選ばれてできないことはないと言って良いでしょう。

あとは実機に触れてみて、「こっちが欲しい!」と感じた機種があなたにとってベストな機種でしょう。

iPhone13 mini も iPhone SE も、あなたの for Better Life の必須ツールとなるに違いないでしょう。







コメント

タイトルとURLをコピーしました