新型の噂がありますが、iPad Air 4 を使い続けます!

Apple
Appleホームページより引用

2022年もあと少しで1ヶ月経過し、春のApple新商品発表の噂や予想などが目立つ次期となってきました。

その噂の中で「iPad Air 第5世代」が登場との情報が出ています。

現行モデル「iPad Air 第4世代」ユーザーでもある著者が、もし次期iPad Air 第5世代が噂通りのスペックで登場した場合に買い換える必要があるか、また買い換えるか考えてみました。

今 iPad Air 第4世代ユーザーの方や今 iPad Air 第4世代の購入を検討されている方の参考になればと思います。

☆iPad Air 第5世代が発売されました。☆

iPad Pro と同じM1チップを搭載して更に高性能となった iPad Air5。

カラーラインナップも豊富で Air4 同様、人気が出るでしょう。

結論 iPad Air 第4世代を使い続けます!

最初に結論を述べましたが、噂通りのスペックで登場したとしても、噂以上のスペックで登場したとしても現在利用している iPad Air 第4世代を使い続けます。

その理由は!?


私がiPad Air 第4世代を使い続ける理由

今、著者からみた「iPad Air 第4世代」と「次期 iPad Air 第5世代」の噂を基に考えてみましたが、

  • Wi-Fiでの利用が多い為、まだ5Gは必要としない
  • セルラーモデルだから、いざとなったら必要な時だけpovo2.0を利用
  • センターフレーム機能は魅力だが、利用頻度は多くない
  • そもそも iPad Air 第4世代に不満がない

主にこういった内容から、iPad Air 第4世代を使い続けるでしょう。

先ほどの4点について、少し詳しく解説したいと思います。

iPad Air 第4世代のデメリットはあるの?解消できる?
2020年秋に発売の iPad Air 第4世代は当時の iPad Pro(A12Z Bionic)をも脅かすほどの「進化」で、Pro を選択する必要がないほど進化した iPad でしたが2022年となった今デメリットと感じる点があるのか?iPad Air5が発表された今、iPad Air4は対抗できるのでしょうか?

Wi-Fiでの利用が多い為、まだ5Gは必要としない

iPad Air 第4世代の利用場所が自宅が多い為、セルラーモデルではありますがWi-Fi専用 iPad として現在利用しています。

これからも新型コロナの影響もあり、外出先で iPad Air を利用する機会は多くならないと予想できます。

それに2020年1月現在では5Gエリアは整備されてなく、その恩恵を得られるのはもう少し先になると感じます。

ただ、2020年は3大キャリアとも5Gエリア整備を進めてくるでしょうから楽しみでもあります。

必要な時だけpovo2.0を利用

自宅での利用が多い iPad Air 第4世代ですが、外出先で利用する機会が増えた場合、povo2.0を契約・必要な時に必要な量だけ利用するという方法が選べるのはありがたいです。

iPad mini 第6世代はSIMを入れて利用していますが、画面サイズの大きい iPad Air をセルラーで利用する必要性がこれから出てくるかどうかが5G対応iPad を購入するかの決め手となるでしょう。

外出先での利用が少ないのであれば、テザリングで十分です。

センターフレーム機能は魅力だが、利用頻度は多くない

M1 iPad Pro に初めて搭載され、その後 iPad mini 第6世代と iPad 第9世代にも搭載された12MPセンターフレーム対応フロントカメラはリモートワークやビデオ通話の機会が増えた今、ありがたい機能でもあります。

思うように外出し難い今、ビデオ通話でコミュニケーションを取ることは便利ですし、遠く離れた家族や恋人との連絡手段として非常に有効なツ

ールでもあります。

 

ただ、センターフレーム対応でなくてもビデオ通話は可能ですし、iPad Air 第4世代の7MPフロントカメラでも充分利用可能です。

ビデオ通話で大事なことはカメラの画質よりも、

Wi-Fiなど無線通信環境がどれだけ安定しているかが重要です。

会話が途切れ途切れにならないように、安定したWi-Fi環境に改善する方がビデオ通話にとっては大事だと感じます。

ビデオ通話を頻繁にするならば、理想はWi-Fiなどの無線通信ではなく、iPad にハブ経由で有線通信が安定するでしょう。

そもそも iPad Air 第4世代に不満がない

上記の3項目に関しては「新しく5G対応になるだろう」、[センターフレーム機能を搭載してくるだろう」などの新しく追加されるであろう機能を想定してですが、そもそも今利用している iPad Air 第4世代に対してiPad利用歴9年の著者は不満がないことがこれからも利用し続ける最大の要因です。

iPad Air 第4世代が発売された2020年秋、A12Z Bionic搭載の iPad Pro をも脅かすほどのスペックと仕様で登場し、4K動画編集も楽々こなす iPad Air 第4世代は今でも普通に利用される方にとっては「最高スペックの iPad」であると思います。

頻繁に動画や写真の編集をする方や、頻繁にイラストを描く方はスペック的に iPad Pro を利用した方がメリットは多いですが、iPad Air 第4世代でもクリエイティブな作業を苦にすることなくこなしてくれるのです。

iPad Air5を待つ!? Air4購入は大丈夫!?【2022年】
オールスクリーンとなり、パワフル・カラフルなiPad Air 第4世代が発売されて1年経過しました。そんな iPad Air 第4世代ですが、「今購入しても大丈夫?」「次期 iPad Air 第5世代を待った方がいい?」といった事をよく聞かれます。iPad Air 第4世代を買うべきか!?

こうしたことから著者はしばらくの間、iPad Air 第4世代と iPad mini 第6世代の併用をこれからも続けていくことになるでしょう。

ただ、やはり新型の登場は気になりますね、購入するしないは別として。

予想されている追加機能以外で何か「これはっ!」といった新しい機能があるとまた違うのでしょうが。

ただ、現行モデルもハイスペックな機種ですので、iPad はあなたの for Better Life のベストパートナーとなってくれることは間違いないです。




コメント

タイトルとURLをコピーしました