無印iPadとAir 2機種の価格以上にこれが選択・購入の決め手

Apple

初めて iPad を購入される方やWEB閲覧など「閲覧利用が主な利用」な方におすすめしている iPad 第9世代(無印iPad)ですが、オールディスプレイと気に入ったカラーのある iPad Air 第4世代で購入を迷われる方も多くなってきています。

価格は iPad Air 第4世代の方が若干高額ではありますが、ディスプレイ性能の差などを考慮するとその価格差は気にならない方も多いでしょう。

ただ、その価格差以上に購入の決め手となるものがあるのも事実です。

今回はその「決め手」になる場合の多い性能・機能差に絞ってこの2機種を比較していきます。


結構多い決め手は「Appleペンシル」の差

iPad を利用する際、今1番必要な周辺アクセサリーの一つが「Appleペンシル」では無いでしょうか。

ビジネスの場で、プライベートでの利用などでAppleペンシルの利用頻度は上がっていますし、なくてはならない機器でもあります。

Appleペンシルが利用できるのは iPad のみですし、Mac でもこの便利な機能は使うことができません。

そのAppleペンシルは無印iPad でも iPad Air でも利用することが可能です。

ただ利用できるAppleペンシルの種類に違いがあり、無印iPad は「Appleペンシル 第1世代」、iPad Air は「Appleペンシル 第2世代」になります。

この「世代の差」が結構大事であり、利便性に大きく影響してきます。

それは、「本体装着可能かどうか」です。

使いたい時に直ぐに使える!

Appleペンシルはノートアプリに文字や文章を書いたりPDFや写真に注釈を加えたり、そしてイラストを描いたり iPad の操作もできる万能ペンシルです。

ただそのAppleペンシルも使う時に直ぐに使える状態にあることがとても大事です。

以前、iPad Pro10.5インチを利用していた際にAppleペンシル第1世代も購入しましたが、iPad とは別に携帯する必要があり常に iPad と一緒に手に届くところにある状態でないことが多かったです。

その結果、Appleペンシルを利用する機会は数えるほどしかなかったという経験があります。

今メインの iPad として利用している iPad Air 第4世代は iPad Pro11インチ / 12.9インチや iPad mini 第6世代同様に iPad 側面にマグネット装着可能ですので使いたい時に直ぐ使える状態のため、毎日利用しています。

この「使いたい時に直ぐに使える」ことは非常に重要であり、Appleペンシルを有効活用できる最低限の条件のようにも利用していて感じます。

バッテリー残量を気にすることがない!

Appleペンシル第1世代は iPad のlightning端子へ挿して充電するタイプで「避雷針充電」などと皮肉られたり、挿した状態だと万が一大きな力を加えると折れてしまう危険性もありました。

それがAppleペンシル第2世代はマグネット装着でペアリングも充電も可能ですので、Appleペンシルのバッテリー切れになる心配はありません。

使いたい時にバッテリー切れで使えないといったことからもさようならです。

あまり普段は感じないことですが、Appleペンシル第1世代を利用していた方はそうしたことで作業を中断させられた経験もあるでしょうから、地味にありがたい機能でもあります。

この価格差をどう考える!?

無印iPad と iPad Air 第4世代の価格差を具体的に比較してみましょう。

価格比較
iPad 第9世代iPadAir 第4世代価格差
64GB Wi-Fi39,80069,08029,280
64GB セルラー56,80085,58028,780
256GB Wi-Fi57,80087,78029,980
256GB セルラー74,800104,28029,480

この2機種の価格差はどのモデルも「30000円弱」となります。

iPad Air 第4世代は Appleペンシル第2世代対応以外にも「オールスクリーン」や「フルラミネーションディスプレイ」、「反射防止コーティング」などありますので、この30000円の差を「高い」と感じるか、「妥当」と感じるかで iPad Air 第4世代を購入してAppleペンシル第2世代を使うかどうか決まるでしょう。

もし iPad Air 第4世代のカラーが気に入って購入を検討されているなら、お得に購入する方法もあります。

iPad Air 第5世代が発売されました。

M1チップを搭載して更に高性能となった iPad Air5 に関する記事はこちら

iPad Pro購入を検討されているなら、この組み合わせも!

iPad Pro はAppleペンシル第2世代対応の最も高性能な「ハイスペックiPad」です。

  • 「頻繁」に4K動画編集をする方
  • 「頻繁」にRAWファイルの写真編集をする方
  • 「頻繁」にレイヤーを重ねるイラストを描く方

こうした利用をされる方にとっては iPad Pro は最高のパートナーになるでしょう。

「ハイスペック」と同時に「ハイプライス」でもある iPad Pro の購入を検討されている方で上記のような使い方はほとんどしない方は、ちょっとこちらを見比べてください。

・[iPad Pro11インチ 1TB Wi-Fiモデル]
価格 166800円

・[iPad Air 第4世代 64GB Wi-Fiモデル],[M1 MacBook Air 256GB]
合計価格 166760円

iPhone をはじめ、iPad などの Apple製品は複数台を合わせて利用することでその性能を最大限引き出すことが可能です。

例えば「AirDrop」は写真や動画を一瞬で iPhone から iPad や Mac へ転送してくれます。

高額な製品を購入するより、Apple製品同士の「連係機能」を上手に利用することで、今以上に便利さを体感することが可能です。

AirDrop以外のApple製品同士の連係についてはこちらから

Appleペンシルの違いは購入の決め手に影響

本題に戻りますが、Appleペンシル第2世代対応の iPad Air 第4世代は価格以上の利点があることを今回ご紹介してきました。

iPad を購入してAppleペンシルを利用する予定の方は、機種選択の参考にしてもらえればと思います。

iPad もAppleペンシルもあなたの for Better Life をより一層豊かにしてくれるでしょう。







コメント

タイトルとURLをコピーしました