Mac や iPad におすすめの外部ディスプレイ3選!

Apple

「iPad で観ている動画をもっと大きなディスプレイで観たくなった 」

「MacBook Air を外付けディスプレイの大画面で作業したい」

今お使いのMacBook Air(Pro) や iPad をもっと大きな画面で作業したくなることは普通のことです。

Google Chrome や Safari で色々調べながら文章作成をする際などは特にそう感じるでしょうし、効率も間違いなく上がります。

また今使用している MacBook Air(Pro) や iPad をもっと大画面が欲しいと思い買い替える方で、Mac や iPad の性能に不満がない方もぜひ参考にしてください。

性能に満足されているのであればディスプレイを導入することで解決できます。



Mac や iPad に搭載のUSB-Cを最大限活用

MacBook Air(Pro) や iPad (無印iPadは除く)にはUSB-Cが搭載されていて拡張性に優れます。

せっかくUSB-C搭載の iPad や MacBook Air(Pro) ならそれを有効活用して外部ディスプレイに接続して大画面で作業できるのであれば、性能面で不満のない MacBook Air(Pro) や iPad を買い替えなくて利用できます。

また MacBook Air(Pro) も iPad も両方USB-Cでディスプレイへ接続できますのでどちらも大画面ディスプレイで作業することが可能になります。

ここで大事なことですが、接続する外部ディスプレイもUSB-C接続可能な機種であることが必須になります。

外部ディスプレイの選び方

MacBook Air(Pro) や iPad を接続しようとする外部ディスプレイですが、USB-C接続可能なモデルに絞って選びましょう。

今後HDMIなどよりも主流となりますし、外部ディスプレイへ接続と同時に MacBook Air(Pro) や iPad へ給電もしてくれますので、USB-Cケーブル一本のみの為デスク周りがスッキリとします。

利用用途にあった選び方

「価格の高いディスプレイを選べば間違いないのでは、、、!?」

「種類がたくさんあって選び方がわからない!?」

ディスプレイを選ぶ際どの機器を選べば良いか、初めての方には難しいかもしれません。

選ぶ際のポイントとしては、大きく分けて以下のポイントがあります。

  • ディスプレイの種類
  • 解像度
  • リフレッシュレート

こういった機能・性能差で価格も変わってきますし、利用用途によっても選ぶディスプレイも変わってきます。

ディスプレイの性能・機能

パネルごとの特徴と解像度の違いを比較してみましょう。

TNパネルVAパネルIPSパネル
価格価格が安い価格が高い価格が高い
色再現性色再現性が低い黒がくっきり映る色の再現性が高い
視野角
リフレッシュレート
おすすめ用途ゲーム向き映像鑑賞向きクリエーター向き
解像度
フルHD1920×1080最も普及
WQHD2560×1440
4K3820×2160おすすめ

TNパネル

低コストですが応答速度が速いという特長があり、以前はTNパネルが主流でした。

速い応答速度が要求されるゲーム用や低価格モデルでの採用が多いです。

ただ、角度によっては色が変化する欠点があります。

VAパネル

VAパネルの特徴としてかなり純粋な「黒」を表現でき、コントラスト比を高くしやすいメリットがあります。

しかしIPSパネルと比べると視野角が狭く、斜めから見た場合には性能をフルに発揮できないというデメリットもあります。

IPSパネル

視野角が広く、色が安定しやすくて目にもやさしいといわれています。

応答速度は遅めですが画質の高さが特長で、忠実な色再現性が魅力であり、現在採用製品が増えているパネルです。

USB-Cケーブルで接続可能なディスプレイの多くは解像度が4K・IPSパネルのタイプが多く、機種もそれ程多くはありません。

おすすめのディスプレイ

それではおすすめのディスプレイを数種類みてみましょう。

無輝点交換保証が3年間 Dell U2720QM

Amazonより引用

Dellから発売の「U2720QM」は27インチ / 4K / IPS非光沢ディスプレイで人気のある商品です。

USB-Cケーブル一本で接続・給電可能ですのでデスクの上がスッキリと収まります。

性能に申し分ないこの商品の魅力の一つが、無輝点交換保証が3年間あることです。

逆にこのディスプレイの唯一の欠点は、スピーカー非搭載なところです。

Dellから別売りのディスプレイへ装着するスピーカーもありますし、お好みのスピーカーなどを取り付けることも可能です。

Dellの無輝点保証に関する詳細はこちらをご覧ください。

Amazon限定販売のU2720QMはHDMIケーブルが付属していますので、他のHDMI対応機器を所有されていて接続予定の方にとってはお得です。

商品の詳細はこちらから

BenQ EW2780U

Amazonより引用

BenQから発売されている「EW2780U」は 27インチ / 4K / IPS非光沢ディスプレイで、5Wx2のスピーカーを搭載しています。

USB-Cより60W給電可能、HDMI2.0x2、DisplayPort1.4×1、USB Type-C x1を搭載しており、インテリアに馴染むメタリックブラウンのスタイリッシュデザインも魅力です。

商品の詳細はこちらから

目に優しく、疲れない EIZO EV2485

Amazonより引用

日本のメーカー EIZOから発売されているこの商品は、24.1インチ / WUXGA(1920×1200)/ IPS非光沢パネル搭載でフルHDよりも縦に120ピクセル広いディスプレイですので、在宅ワーク、テレワークなどで長文作成やエクセルのシート表示が広く反映される点がおすすめです。

モニターの基礎となる基板まで、国内の自社工場で生産。1台ずつ、すべてのモニターに対して色調整を行っているので、ディスプレイに拘りたい方は必ず候補に上がるメーカーでもあります。

USB-Cケーブル1本の接続で、ノートPCに最大70W給電が可能です。

商品の詳細はこちらから

今回はゲームを主としたディスプレイは除きました。

ゲーミングモニターをお探しの方はこちらから

iPad だけならテレビへの接続もおすすめ

MacBook Air(Pro) を外部ディスプレイにUSB-Cケーブル一本で接続することを主として iPad も同様に接続可能という観点から今回ディスプレイを紹介してきましたが、iPad だけを大画面のディスプレイに接続するのであれば、ご自宅の液晶ディスプレイなどでも接続可能です。

iPadヘビーユーザーが iPadを強く勧める10+αの理由
新型の iPad Air 第5世代が発表されました。当サイトで度々お伝えしていますが、なぜ iPad をおすすめなのか!?HT-03Aから始まり、Xperia、Galaxyと利用しながらiPadを購入・利用、その便利さからそれ以降iPhoneを利用している著者が、改めてその便利さをはじめとしたiPadをおすすめする理由をお伝えします。

その場合、iPad のUSB-CをHDMIに変換するアダプターが必要になりますが、ディスプレイを購入するよりはお安く済みますし新しくディスプレイを設置する場所も必要ありません。

HDMI変換アダプターはこちら

Macは勿論、Apple製品はカスタマイズしないならアマゾンがお得!
新型MacBook Pro が発売され、MacBook Pro も販売好調の様です。 これからMacBook Pro を購入される方には魅力的な製品ですが、今回はそんな Mac や iPad はどこで購入するのがお得なのかを比較してみたいと思います。

MacBook Air(Pro) の性能をもっと活かしましょう!

13インチの MacBook Air や 16インチの MacBook Pro も利用していると画面サイズがもう少し広ければと感じることもあるでしょう。

13インチの Air を画面サイズを解消しようと16インチの Pro に買い替えるのであれば、性能面で不満がなければディスプレイを導入することで解決できます。

MacBook も iPad も画面サイズが大きくなるだけで効率が上がったりしますので、一つのQOL向上として導入されてみてはいかがでしょうか。






コメント

タイトルとURLをコピーしました