iPad Air 第5世代発表 M1搭載 iPad Air

Apple
Appleホームページより引用

iPad Air 第5世代が発表されました。なんと M1チップを搭載して!

iPhoneSE に A15 Bionic を搭載してくるなら、そうなりますよね!

MacBook Air にも M1搭載しているのですから!

今回は発表発表ばかりの iPad Air 第5世代(以降 iPad Air5)について、スペックを中心に見ていきたいと思います。

もう iPad Pro が不要な感じがしませんか?

2020年の iPad Air4 発売時にも同じようなことを思った様な、、、

M1搭載 Air となりました!

Appleホームページより引用

大きな変更はないだろうと予想していましたが、M1を搭載してくるとは思いませんでした。

発表直前に 「iPad Air に M1チップを搭載か!?」といった噂もありました。

でも、iPhone SE 第3世代に A15 Bionicを搭載してくるのであれば、iPad Air には M1を搭載してきても不思議ではありません。

嬉しい誤算でしょう、購入を検討されている方にとっては最高に楽しめる iPad Air となりそうです。

iPadヘビーユーザーが iPadを強く勧める10+αの理由
新型の iPad Air 第5世代が発表されました。当サイトで度々お伝えしていますが、なぜ iPad をおすすめなのか!?HT-03Aから始まり、Xperia、Galaxyと利用しながらiPadを購入・利用、その便利さからそれ以降iPhoneを利用している著者が、改めてその便利さをはじめとしたiPadをおすすめする理由をお伝えします。

新旧比較

iPad Air4 から進化した点を表にまとめました。

iPad Air 第5世代iPad Air 第4世代
搭載チップM1チップA14 Bionicチップ
フロントカメラ12MP超広角7MP FacrTime HD
センターフレーム対応非対応
通信5G4G

やはり大きく目立つのは、「M1チップ搭載」です。

iPad mini6 との差別化や今回同時にリプレイスされた iPhoneSE 第3世代にA15 Bionic を搭載してきたことを考えると当然と言えば当然ですが、2020年に iPad Air4 が発表された時以上に現行モデルの「 iPad Pro との差」を感じなくなりました。

動画編集などCPUに負荷のかかるアプリやゲーム、マルチタスクなどでも重さを感じることなく利用することができるでしょう。

そしてセンターフレーム対応の12MPフロントカメラはビデオ通話の際にフレームの中心から外れない様にパン調整してくれますので、テレワークや遠方に住む方とのビデオ通話に協力な味方になってくれます。

iPad Air5 にこの機能が対応したことで、全ての iPad がセンターフレーム対応12MPフロントカメラとなりました。

今を代表する「最もありがたい機能の一つ」でしょう。

そして、5G対応(セルラーモデルのみ)。

繋がりたい時にいつでも繋がるセルラーモデルだからこそ、センターフレーム対応フロントカメラもM1チップもその威力を発揮できるでしょう、高速通信のもとで。

また、目立たない進化ではありますが、USB-Cの転送速度が iPad Air4 よりも最大2倍早いと掲載されています。

購入時にストレージ容量64GBを選択して外付けSSDなどを上手に利用すれば、セルラーモデルで費用を抑えることもできます。

周辺アクセサリーは Air4 と併用可能

Appleペンシル第2世代も、Magic Keyboard も iPad Air4 で利用していたものをそのまま利用できるので、iPad Air4 から買い替えを予定している方にとってはありがたいです。

サイズは一緒、重量が数グラムだけWi-FiモデルもWi-Fi+Cellularモデルも増量しただけですので「高価なMagic Keyboard 」も買い替えることなく使えます。

新色も魅力的

Appleホームページより引用

全く新しいカラーに仕上げた iPad Air5。

スペースグレイ、スターライト、ピンク、パープル、ブルー。

今回もそのカラーが気に入って購入を検討される方も多いでしょう。

ポップ過ぎない大人のカラー!

男女問わず人気が出ること間違いなしでしょう。

ディスプレイなどは変更なし。フラッシュも非搭載

ディスプレイは10.9インチの Liquid Retinaディスプレイで細かい仕様も iPad Air4 と全く同じです。

iPad mini6 搭載のクアッドLED True Toneフラッシュを iPad Air5 に搭載してくるかもと予想しましたが、フラッシュ搭載はなし。

以前 iPad mini に関する記事に掲載しましたが、「iPad で撮影・Appleペンシルでコメント記入・そのまま送信」といった利用をビジネスの現場で利用することは案外多く、暗所での撮影でクアッドLED True Toneフラッシュは非常にありがたいと記しました。

ですが iPad mini のサイズだから撮影にも適しており、iPad Air ではあえて撮影までしないことを考えると、フラッシュ非搭載でも問題ないでしょう。

暗所では iPhone で撮影・AirDrop で iPad Air5 に簡単送信可能ですから。

価格

ストレージ容量は iPad Air4 と同じ 64GB / 256GB のラインアップで価格は以下の通りです。

iPad Air 第5世代iPad Air 第4世代
64GB Wi-Fi74,80069,080
64GB Wi-Fi+Cellular92,80085,580
256GB Wi-Fi92,80087,780
256GB Wi-Fi+Cellular110,800104,280

iPad Air4 と Air5 で最大およそ6,000 円という価格差は、M1チップを搭載したことなどを含めると筆者はお買い得ではないかと感じます。

これから iPad Air の購入を検討される方にとってスペック的に iPad Pro に匹敵することを考えると良心的な価格設定でしょう。

また、iPad Air5 の発売に伴い、iPad Air4 からの買い替える方もいるかと思います。

Apple認定整備済製品でバッテリー交換された iPad Air4 を狙うという選択も含めて考えても良いでしょう。

iPad Air4 を利用している筆者は買い替えは検討しませんが、無印iPad からのステップアップとしては最高の iPad Air となるでしょう。

iPad Air 第4世代のデメリットはあるの?解消できる?
2020年秋に発売の iPad Air 第4世代は当時の iPad Pro(A12Z Bionic)をも脅かすほどの「進化」で、Pro を選択する必要がないほど進化した iPad でしたが2022年となった今デメリットと感じる点があるのか?iPad Air5が発表された今、iPad Air4は対抗できるのでしょうか?

入学・進級にもおすすめ

iPad Air5 は3月11日午後10時から注文可能・3月18日発売ですので、大学の入学や進級にも間に合う「春の嬉しいリプレイス」と言えます。

大きな進化はないだろうと予想していましたが、大きな衝撃を再度残してくれた iPad Air の登場です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました