【最新】MacBook Air のおすすめは「M1」か「M2」か!?

Apple
Appleホームページより引用

今 iPhone を利用していて、この機会に Mac や iPad の購入を検討されている方も多いのではないでしょうか。

薄くてお洒落な新色「スターライト」と「ミッドナイト」を追加した M2 MacBook Air の登場は購買意欲をそそられますね。

MacBook Air を購入して、今使っている iPhone をもっと有効に活用しようとされている方には少し高額でもある M2 MacBook Air。

MacBook Air の魅力は、お手頃価格なのに高性能で省電力だった「M1 MacBook Air」が2020年に登場したことが大きかったのですが、円安の影響を受けて日本での価格が高騰した M2 MacBook Air がおすすめなのか!?それとも一世代前になる M1 MacBook Air の方がおすすめなのか!?

今回は、Mac ビギナーの方や久しぶりに Mac の購入を検討されている方を中心におすすめ機種をご紹介したいと思います。

結論 Mac ビギナーの方には「M1 MacBook Air」がおすすめ!

Appleホームページより引用

Appleシリコン搭載の新旧 MacBook Air の大きな違いは「外観」だけだと感じます。

intel製チップを搭載していた Mac から Appleシリコン「M1」搭載へとリプレイスされた MacBook Air(Pro) の進化は、「ハイスペック」で「省電力」な上に「ロープライス」で衝撃が大きかったです。

それと比較すると、「M1」から「M2」への進化は当時と比べるとそれ程大きな衝撃もなく、「デザインの変化」が目立つリプレイスとなりました。

「CPU性能」は intel製のチップも追随しているものはありますが、同時に省電力を両立させている機種はなく、「M1」でも充分満足できる性能を今も有しています。

iPhone ユーザーがこれから Mac を検討しているならば、「M1」チップの性能で充分満足できる機種が M1 MacBook Air です。

M1 と M2 MacBook Air の価格比較

Appleホームページより引用

今Apple Storeで販売されている M1 MacBook Air と M2 MacBook Air(7月販売)の価格を比較してみましょう。

 

M1 MacBook AirM2 MacBook Air価格差
ベースグレード(最安値)¥134,800¥164,800¥30,000
メモリ8GB / 512GB SSD¥162,800¥192,800¥30,000
メモリ16GB / 512GB SSD¥190,800¥220,800¥30,000

両機種とも「ベースグレード」、「メモリ8GB / 512GB SSD」、「メモリ16GB / 512GB SSD」と同条件で比較します。

ほとんどの方はユニファイドメモリ8GBで充分ですが、今後更にクリエイティブな利用をしてみたくなった時などのことを考慮し16GBへカスタマイズするという選択もあるので、比較条件へ含めました。

M1 MacBook Air と M2 MacBook Air の価格差はそれぞれ「30,000円」の差があります。

、、、大きいですよね、30,000円あれば AirPods の購入資金の一部になります、、、

この「30,000円」を高いと感じる方

M1 MacBook Air と M2 MacBook Air の価格差「30,000円」を高いと感じられる方は、MacBook Air をおすすめします。

M1 MacBook Air の性能は非常に高く、4K動画の編集をすることも可能です。

今回新型の M2 MacBook Air が発表される前はもちろん、M2 MacBook Air 発表後でも評価は高く、今後も安心して利用できる Mac の為「M1」を推す方も多いです。

今この記事を書いている私も「M1 MacBook Air 所有者」ですし、今メインPCとして利用しています。

その「M1 MacBook Air」に買い替えたのは2021年12月、M1 Pro / M1 Max の登場を待って性能比較をした上で『性能的に M1 MacBook Air で充分!』と確信したからです。

この「30,000円」を高いと感じない方

新型 MacBook Air の価格を高額と感じない方は、M2 MacBook Air の購入を迷わずおすすめします。

薄く、フラットなボディはこの先しばらくは MacBook の標準となる筈ですし、GPUコア数を最大10コア選択できることから、動画編集に関しては「M1」よりも余裕が出てくるスペックです。

逆に言うと、「動画編集」をする機会がない、もしくは「動画編集」はごく稀にしかしないのであれば、「M1 MacBook Air」でも充分満足できる性能です。

M1 MacBook Air 8コアCPU / 7コアGPU / 256GB SSD はこちら

M1 MacBook Air と M2 MacBook Air の性能差は!?

実際に「M2 MacBook Air」をまだ使用していないので断言は出来ませんが、M1 MacBook Air と M2 MacBook Air の性能差はそれ程感じないでしょう。

intel製チップ搭載の MacBook Air から M1 MacBook Air へリプレイスされた際は驚くことが多かったです。

1番衝撃を受けたのが、「バッテリー持続時間」。

「処理速度」に関して体感できる場面は、「動画の書き出し」など Mac に負荷をかける際に「確かに速い!」と感じますが、そういった負荷を掛けてもバッテリーの残量が減っても1%程度で、朝から晩までバッテリーのみでの利用が可能です。

それ程「M1チップ」の衝撃が大きかったので、M1 ユーザーからすると「M2チップ」に感じる衝撃は少ないでしょう。

むしろ、今後発表・発売されるであろう「M2 Pro / M2 Max」の方に期待しています。

intel製チップ搭載の Mac ユーザーなら

今intel製チップ搭載の MacBook Air や MacBook Pro を利用されている方が MacBook の買い替えを検討されている場合、おすすめ機種はどれになるのでしょうか。

メインマシンとして買い替えるなら、「M2 MacBook Air」がおすすめ!

Appleホームページより引用

現在intel製のチップを搭載している MacBook Air や MacBook Pro からの買い替えならば、長く利用することを前提として「M2 MacBook Air」がおすすめです。

「長く利用することを前提」とは、M2 MacBook Air は価格が高く、M1 MacBook Air の発売当時の販売価格を知っている私からすると、「どうせ購入するなら長く利用しなければ勿体無い!」と感じているからです。

intel製 MacBook Air や MacBook Pro の価格に戻ったと考えれば少しは納得できるかもしれないですが、「円安の影響を受けての日本での販売価格高騰」ですので、高いお金を出して購入する Mac だから、長く利用するつもりで大事に利用したいですね。

性能面ですが、intel製チップを搭載している MacBook ユーザーの方が買い替えた場合、「M2チップ」の処理速度の速さや省電力製に驚くと思います。

Appleホームページより引用

これは「M1チップ」登場の際にも言われていたことですが、バッテリーが減りません。

残量表示が間違っているのではないかと疑う程、バッテリーが減らないことに驚かれると思います。

その為外出時に持ち出すことが多い方ならば、バッテリー性能だけでも「買い替えて良かった」と感じられることでしょう。

ただ、カスタマイズした際には価格もそれなりに高額になりますので、ご利用用途に合わせたモデルを吟味して選択されることをおすすめします。

実機に触れていないのでメモリはどれだけ必要かが判断できませんが、動画編集など負荷をかけるタスクが少ないのであれば8GBもおすすめですが、「長く利用することを前提」とするならば16GBあった方が余裕も出て安心できるでしょう。

頻繁に動画編集もする予定の方は、同時発表されたファン搭載の「M2 MacBook Pro」か「M1 Pro搭載 MacBook Pro 14インチ」の方が熱処理に優れている為おすすめです。

『頻繁に』動画編集をするかしないか!?が、MacBook Air か MacBook Pro 選択の分かれ目になります。

ただ、動画を日々「頻繁に」編集する使い方は、私の知る限り「プロのクリエーター」や「YouTube」動画の編集をする方以外いないと思います。

そうした理由からも、ほとんどの方は MacBook Air で「M2」か「M1」を選択すれば間違いないと言えます。

モバイル用の Mac としての利用なら「M1 MacBook Air」で充分!

一方、iMac27インチなどをメインマシンとして利用されていて、外出時のモバイル用を検討されているのであれば「M1 MacBook Air」で充分でしょう(Mac mini や Mac Studio などデスクトップ利用者も同様です)。

M1 MacBook Air 8コアCPU / 7コアGPU / 256GB SSD はこちら

もし外出時にも動画編集する機会が多いのであれば、今回同時に発表された「M2 MacBook Pro」も狙い目だと思います。

Appleホームページより引用

筐体は M1 MacBook Pro と同じ仕様ではありますが、新チップの「M2」搭載していますし、何より「冷却ファン搭載」なことと、M1 MacBook Air よりもバッテリー容量が多く持続時間も長いことと「控えめな価格」が魅力です。

M2 MacBook Pro を含めたスペックの違いがこの表です。

M2 MacBook Pro13インチM2 MacBook Air
発売年月日2022年7月2022年7月
カラースペースグレイ / シルバーミッドナイト / スターライト / スペースグレイ / シルバー
システムオンチップ
Apple M2Apple M2
4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU
10コアGPU最大10コアGPU
16コアNeural Engine16コアNeural Engine
100GB/sのメモリ帯域幅100GB/sのメモリ帯域幅
メディアエンジン8Kビデオ対応 ProResビデオエンジン搭載8Kビデオ対応 ProResビデオエンジン搭載
メモリ8GB / 16GB / 24GB8GB / 16GB / 24GB
ストレージ最大2TB最大2TB
ディスプレイ
13.3インチ Retinaディスプレイ13.6インチ Liquid Retinaディスプレイ
2,560 × 1,600ピクセル2,560 × 1,664ピクセル
500ニトの輝度500ニトの輝度
高さ1.56cm1.13cm
30.41cm30.41cm
奥行き21.24cm21.5cm
重量1.4kg1.24kg
カメラ720p FaceTime HDカメラ1080p FaceTime HDカメラ
オーディオ
ハイダイナミックレンジステレオスピーカー4スピーカーサウンドシステム
空間オーディオに対応空間オーディオに対応
高い信号対雑音比と指向性ビームフォーミングを持つ、スタジオ品質の3マイクアレイ指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ
ポート
Thunderbolt / USB 4ポート × 2Thunderbolt / USB 4ポート × 2
MagSafe 3充電ポート
セキュア認証Touch BarとTouch IDTouch ID
電源とバッテリー
最大17時間のワイヤレスインターネット最大15時間のワイヤレスインターネット
最大20時間のApple TVアプリのムービー再生最大18時間のApple TVアプリのムービー再生
58.2Whリチウムポリマーバッテリー内蔵52.6Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
67W USB-C電源アダプタ30W USB-C電源アダプタ
価格178,800円(税込)から164,800円(税込)から

利用用途が「エンタメ的利用」が多いなら

これまで Mac の利用が「YouTube」や「Amazonプライム」などネット配信動画の視聴がほとんどで、キーボードを利用した文章作成や表計算などでの利用は少ないといった利用で、もし「iPad も気になっている!」ならば、「M1 搭載 iPad Pro」を利用するという選択もありだと思います。

iPad の特徴として、こうしたエンタメ利用に強く、何より起動が早いことと MacBook Air などラップトップPCよりも機動性に優れており、場所を選ばず利用可能という点でも優れています。

2021 Apple 11インチiPad Pro (Wi-Fi, 256GB) – シルバー

M1 iPad Pro はリプレイスを控えた機種でもあり、次期モデルは間違いなく価格アップされるでしょう。

今回 iPad 各種の価格改定は見送られましたが、秋の iPhone 発表の際はそのタイミングとしてかなり可能性があります。

今回WWDC2022で発表された新OSの紹介の中で、iPadOS の大きな進化が発表されました。

細かい内容は改めて記事として掲載しますが、「iPadOS16」はより Mac に近づく内容となっています。

全てが Mac 同様になる訳ではありませんが、「YouTube」や「Amazonプライム」など動画視聴などの利用では、Mac よりも iPad の利用が適しています。

そのM1 iPad Pro を外部ディスプレイへ接続すれば、更に大きく表示させることもでき、別途ワイヤレスキーボードを接続して文章も Mac の様に作成することが可能です。


【Amazon.co.jp限定】Dell U2720QM 27インチ 4K モニター (3年間無輝点交換保証/IPS非光沢/USB Type-C・DP・HDMI/縦横回転・高さ調整/DCI-P3 95%/VESA DisplayHDR 400)

ロジクール ERGO K860 エルゴノミック スプリット キーボード bluetooth Unifying Windows Mac ワイヤレスキーボード ワイヤレス 無線 パームレスト 国内正規品 グラファイト

まとめ

まだ発売前なので、M1 MacBook Air を利用している私の意見と M2 MacBook Air のスペック表を元にすすめてきました。

「M1 MacBook Air」か「M2 MacBook Air」どちらを選択かをまとめると、

・コスパ最優先なら「M1 MacBook Air」
・デザインに一目惚れなら「M2 MacBook Air」

やはり新型 MacBook Air の外観とカラーは目を惹きます。

いずれにしても日本での販売価格が上がった MacBook Air ですので、ご自身の利用用途をはっきりとさせた上で、「長く利用したいと思える」機種を選ぶことをおすすめします。

MacBook Air は「M1」でも「M2」でも、あなたの for Better Life に欠かせない大事なツールとなるでしょう。









コメント

タイトルとURLをコピーしました