M2 MacBookPro13 と M1Pro MacBookPro14 を比較

Apple
Appleホームページより引用

M1 Pro MacBook Pro14インチの購入を検討されている方にとって、M2 MacBook Pro13インチの登場は「予想外に魅力的」にみえるかもしれません。

M1 MacBook Pro と同じ筐体を利用しているなど、MacBook Air の様に全てが新しくなった新型ではありませんが、冷却ファン搭載で新型チップ「M2」を最大限活かせる機種としては「Air よりも注目すべき」Mac かもしれません。

今回は今注文してもなかなか到着しない「M1 Pro MacBook Pro」と「新型M2 MacBook Pro」をスペックを基に比較してみたいと思います(2022年6月18日現在)。

「Mac を利用して収益を生み出している方」以外で MacBook Pro の購入を検討されている方の参考になればと思います。

ほとんどの方は M2 MacBook Pro13インチで充分満足

Appleホームページより引用

プロのクリエーターの方以外にとって、また趣味でプロに匹敵する様な凝った動画編集を毎日数時間する様な方は別として、M1 Pro MacBook Pro14インチ(16インチ含む)と M2 MacBook Pro13インチを比較した場合、ほとんどの方は『M2 MacBook Pro13インチ』で充分満足されると思います。

特に「メディアエンジン」が搭載されたことは、動画編集をする上で非常に機能が向上し、大きな進歩と言えるでしょう。

2022 13インチMacBook Pro: 8コアCPUと10コアGPUを搭載したApple M2チップ, 512GB SSD – スペースグレイ

M2チップ搭載 MacBook Pro13インチの詳細はこちらから

補足ではありますが、M2 MacBook Air でも M1 MacBook Air でも充分満足できる性能でもあります。

M1チップ搭載 MacBook Air13インチの詳細はこちらから

「M1 Pro」は「プロ仕様」の Mac

M1 Pro MacBook Pro14インチ(16インチ含む)は「プロ仕様」の Mac であり、個人が自宅で趣味程度のタスクをこなすにはオーバースペックなほど高性能な Mac です。

実際、M1 Pro MacBook Pro14インチを購入された方でも、オーバースペックだと言っている方も多く、日本での販売価格が改定されて値上がりした今、M1 Pro MacBook Pro14インチを購入するのはコスパが悪いと言わざるを得ません。

M2 MacBook Pro と M1 Pro MacBook Pro14インチ比較

Appleホームページより引用

M2 MacBook Air でもほとんどの方は満足される性能ですが、冷却ファン搭載の M2 MacBook Pro13インチならば長時間負荷を掛け続けても安心です。

 

M2 MacBook ProM1 Pro MacBook Pro14インチM2 MacBook Air
発売年月日2022年7月2021年10月2022年7月
カラースペースグレイ / シルバースペースグレイ / シルバーミッドナイト / スターライト / スペースグレイ / シルバー
システムオンチップ
Apple M2Apple M1 ProApple M2
4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU8つの高性能コアと2つの高効率コアを搭載した10コアCPU(上位モデル)4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU
10コアGPU最大16コアのGPU最大10コアGPU
16コアNeural Engine16コアNeural Engine16コアNeural Engine
100GB/sのメモリ帯域幅200GB/sのメモリ帯域幅100GB/sのメモリ帯域幅
メディアエンジン8Kビデオ対応 ProResビデオエンジン搭載8Kビデオ対応 ProResビデオエンジン搭載8Kビデオ対応 ProResビデオエンジン搭載
メモリ8GB / 16GB / 24GB16GB / 32GB8GB / 16GB / 24GB
ストレージ256GB / 512GB / 1TB / 2TB最大8TB256GB / 512GB / 1TB / 2TB
ディスプレイ
13.3インチ Retinaディスプレイ14.2インチ Liquid Retina XDRディスプレイ13.6インチ Liquid Retinaディスプレイ
2,560 × 1,600ピクセル3,024 x 1,964ピクセル2,560 × 1,664ピクセル
500ニトの輝度XDR輝度:1,000ニトの持続輝度(フルスクリーン)、1,600ニトのピーク輝度(HDRコンテンツのみ)500ニトの輝度
SDR輝度:最大500ニト
高さ1.56cm1.55cm1.13cm
30.41cm31.26cm30.41cm
奥行き21.24cm22.12cm21.5cm
重量1.4kg1.6kg1.24kg
カメラ720p FaceTime HDカメラ1080p FaceTime HDカメラ1080p FaceTime HDカメラ
オーディオ
ハイダイナミックレンジステレオスピーカーフォースキャンセリングウーファーを備えた、原音に忠実な6スピーカーサウンドシステム4スピーカーサウンドシステム
空間オーディオに対応空間オーディオに対応空間オーディオに対応
高い信号対雑音比と指向性ビームフォーミングを持つ、スタジオ品質の3マイクアレイ高い信号対雑音比と指向性ビームフォーミングを持つ、スタジオ品質の3マイクアレイ指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ
ポート
Thunderbolt / USB 4ポート × 2Thunderbolt 4(USB-C)ポート x 3Thunderbolt / USB 4ポート × 2
HDMIポート
SDXCカードスロット
MagSafe 3充電ポートMagSafe 3充電ポート
セキュア認証Touch BarとTouch IDTouch IDTouch ID
電源とバッテリー
最大17時間のワイヤレスインターネット最大11時間のワイヤレスインターネット最大15時間のワイヤレスインターネット
最大20時間のApple TVアプリのムービー再生最大17時間のApple TVアプリのムービー再生最大18時間のApple TVアプリのムービー再生
58.2Whリチウムポリマーバッテリー内蔵70Whリチウムポリマーバッテリー内蔵52.6Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
67W USB-C電源アダプタ67W USB-C電源アダプタ(8コアCPU搭載M1 Proに付属)30W USB-C電源アダプタ
価格178,800円(税込)から274,800円(税込)から164,800円(税込)から

M2チップ搭載 MacBook Pro13インチの詳細はこちらから

2機種の価格差

Appleホームページより引用

M1 Pro MacBook Pro14インチと M2 MacBook Pro13インチを同条件の 16GB / 512GB の価格をみてみましょう。

 

M2 MacBook Pro13M1 Pro MacBook Pro14価格差
16GB / 512GB¥234,800¥274,800¥40,000
16GBメモリ / 1TB¥262,800¥302,800¥40,000
24GBメモリ / 1TB¥290,800
32GBメモリ / 1TB¥358,800¥68,000

16GB / 512GB(16GB / 1TB )の同条件で2機種の価格をみてみると、40,000円の価格差があります。

しかし M1 Pro MacBook Pro は

・XDRディスプレイ
・高効率コア6コア
・ProMotionテクノロジー搭載ディスプレイ
・1080P FaceTime HDカメラ
・Thunderbolt 4(USB-C)ポート x 3
・HDMIポート
・SDXCカードスロット

など、40,000円以上の価値ある機能を備えていることもあり、正直微妙なところではあります。

クラムシェルモードで外部ディスプレイ利用なら

MacBook の買い替えで、特に今クラムシェルモードで外部ディスプレイを利用している場合、WEBカメラやスピーカーも揃えている方にとってはこういった機能は外部ディスプレイ使用時は「不要」でもあります。

intel製チップ搭載の MacBook 利用者などで自宅では外部ディスプレイに接続して利用している方は、M1 Pro MacBook Pro14インチよりも M2 MacBook Pro の方が価格も安く、充分満足できるでしょう。

ハブ機能を搭載したディスプレイならば、M2 MacBook Pro13インチの弱点でもあるポート類の少なさも解消されます。


【Amazon.co.jp限定】Dell U2723QX 27インチ 4K ハブモニター(3年間無輝点交換保証/IPS Black・非光沢/USB Type-C・DP・HDMI/フレームレス/縦横回転・高さ調整/VESA DisplayHDR 400/Rec.709 100%)

Dell U3223QE 31.5インチ 4K ハブモニター はこちら

また M2 MacBook Pro はバッテリー持続時間も長く、モバイル用途としても魅力があります。

M1 Pro MacBook Pro14インチはCPU8コアのうち6コアを高性能コアで構成(CPU10コアモデルは8コアが高性能コア)されているなど、スペック面で上回っている分電力消費が多いのはある意味仕方ないことではあります。

ラップトップマシンは「持ち運べる魅力」もある為、バッテリー持続時間が長いのは非常に重要な点でもあります。

M1 MacBook Air も一日中利用可能なバッテリーだったので、M2 も同様に消費電力は少ない筈ですし、公称値よりも長く利用できるかもしれないです。

M2チップ搭載 MacBook Pro13インチの詳細はこちらから

「M1 Pro」を選択するメリットよりも「連係機能」の方が便利

Mac を利用するメリットはその性能以上に、iPhone などと一緒に「連係機能」を利用できることにあります。

この「連係機能」が無ければ、Mac を選ぶよりWindows PCを選択してもそれ程「便利さ」に差はないでしょう。

まとめ 価格を踏まえたバランスは M2 MacBook Pro がリード

Appleホームページより引用

これから M1 Pro MacBook Pro14インチの購入を検討されているなら、価格改定されて値上がりした M1 Pro MacBook Pro14インチよりも、M2 MacBook Pro13インチの方が価格面も含めたバランスを考えると一歩リードしているように感じます。

MacBook Pro 13インチと14インチの差額を「GoPro」などのアクションカメラに充てた方が動画撮影の幅も広がりますし、iPad の購入資金に充てたとすれば更にApple製品同士の「連係機能」を活かせる場が広がります。

Mac は iPhone や iPad と同様に、あなたの for Better Life のアイテムとして外せないものになるでしょ

M2 MacBook Pro13インチは2022年6月24日発売です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました