洗車に最適な天気

Car Life

雨も上がり天気も回復してきたから洗車でもしよう!と張り切って洗車をする方多いのではないでしょうか?

洗車に適した天気があるのを知ってますか?せっかく車を洗うのだから仕上がりが綺麗になる為にも洗車に適した天気を覚えておきましょう。

 

結論

風のない曇りの日

 

理由

☆風のある日がNGな理由

まず風がある日は小さな砂ぼこりなどが飛んでいるので、車を洗っている最中に砂ぼこりが飛んで来たら、洗っているスポンジなどでその砂ぼこりも一緒にこすってしまう可能性があります。せっかくの洗車も傷をつくる原因になりかねません。
また、スポンジなどでの洗車が終わり吹き上げる際も風のある日は砂ぼこりなどと一緒に拭き上げてしまう可能性があります。

風のある日は絶対に洗車は控えましょう。

 

☆晴れの日がNGな理由

一日雨が降って降り終わった日が休日で朝から快晴・太陽も出ていて洗車気分!わからないこともないですが、太陽が出ている日中も洗車は避けた方が良いです。
太陽が出ている日中、特に昼の1時から3時までは気温も上昇しきっている時間帯で、気温の上昇と同時に車のボディの温度も上昇します。
その上昇したボディへ洗車をすると、水が乾いた跡 シミができます。水分が蒸発してカルキが残り、これが後々結構厄介なものになってしまいます。

また洗車とは違いますが、雨が上がった直後とかでフロントガラスにワイパーで拭き取れなかった雨水の残りも、可能なら不要な雑巾などですぐに拭き取った方が良いです。雨水の残りも放っておくとガラスがうろこ状の跡が残ってしまいます。

 

洗車方法はこちら soft99 洗車ナビ をクリック(わかりやすく紹介されています)

洗車方法、洗車用品など洗車に関する情報をご紹介| CAR LIFEのサポートならソフト99洗車ナビ
ソフト99洗車ナビは、車の洗車方法や情報について、また車の生活に役立つ実践テクニックやワックスやコーティングのことなどを、マンガキャラクターが楽しく丁寧にナビゲートします。洗車のことならソフト99洗車ナビへ。

 

結論

大切な愛車の洗車は、風のない曇りの日におこないましょう。
せっかく購入した大事な車ですので、いつまでも綺麗な状態を維持できるように、洗車も天気と時間帯を選んですることで、ボディを良い状態で維持しましょう。
for Better Car Life にお役立てください。

大事な車のエンジンオイル交換も忘れずにしましょう。
関連記事はこちらから。

負担のかかる夏前に、エンジンオイル交換を(多走行車)
梅雨入りから真夏まで、エンジンは過酷な状況が続きます。 ハイブリッド車が増えてきた今、エアコンを使用しない春や秋は窓を開けているだけで綺麗な空気を循環させることができるので、エンジンが始動せずにモーターだけで走行可能な距離も多くなります。 ところが、梅雨入りから真夏の期間はエアコンを使用する為、エンジンが始動する時間も多くなります。エアコンを利用しない春や秋よりもエンジンに負担がかかるのです。 そんなエンジンを保護してくれるのが、エンジンオイルです。 エンジンオイルの役割 潤滑作用 ...
タイヤの空気圧管理、とても重要です
最近はセルフサービスのガソリンスタンドが普及してきて、フルサービスのガソリンスタンドよりも価格が安いため、利用されている方も増えています。また、洗車もドライブスルーが主流となり、洗車後のタイヤの空気入れも自分でするタイプが増えてきています。そのタイヤの空気圧には適正な空気圧があります。空気圧が減っていると危ないのは当然ですが、空気圧が高すぎても危険なことをご存知ですか。空気圧過多と空気圧不足によるトラブルはこちらを参照してください。とくに夏場は路面の温度も上昇し、走行による抵抗で...

 

問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました