スクリーンショットは最も簡単なメモ作成

Apple

iPhone やスマホ、または iPad などのタブレットでWEB閲覧などしているときに、メモを取りたい箇所がでてきたことはありませんか。
そんな場合に限って時間がなかったりと不運な状況だったりします。
そんな時、一瞬でメモを取る方法があるのです。

android機種でも可能ですが、今回はiPhone での利用方法をご紹介したいと思います。
iPhone や iPad 初心者の方も是非ご覧ください。

スクリーンショットは最も簡単なメモ作成

スクリーンショットとは、iPhone や iPad に表示されている画面をそのままデータとして保存する方法です。
この機能をつかうと、見ていたWEBサイトなどの内容で一部メモを取りたいけど時間がないときなどに利用することで、メモを忘れることを防ぐことができます。

スクリーンショットの方法

それではスクリーンショットの方法を、WEB画面をもとに解説していきます。
この画面をスクリーンショットしたい場合、

iPhoneの両端にある「電源ボタン」と「音量+ボタン」を同時に押します。

そうするとスクリーンショットされた画面が表示されますので、左上の「完了」をタップして終了です。

保存先は写真でも iCloudDrive でもどちらでも大丈夫ですが、写真の方がすぐに確認できますのでおすすめです。

スクリーンショットは普通のメモより大容量

スクリーンショットは画像として残すため普通のメモよりもサイズが大きく、スクリーンショットを多く使うと iPhone の容量を圧迫しかねません。
対策として次の方法があります。

時間のある時に「メモ」アプリにメモしなおす

スクリーンショットはPNGといったファイルで保存されます。
先ほどスクリーンショットした画面は912KB の容量になっていて、1MB(メガバイト)弱の容量です。
最近のiPhone は大容量ですが、スクリーンショットでメモの癖がついてしまうと容量圧迫の原因になりかねません。
時間のある時にApple純正の「メモ」アプリにメモしなおすことをおすすめします。

先ほどのスクリーンショットに表示されている、
【スマホよりもお得 利用期間が長い iPad はコスパ最強です】
をGoogleで再度検索し、URLをメモに貼り付けてメモのタイトルを記入することで、「メモ」アプリに保存しておくことが可能です。

Googleの検索欄へ、スマホよりもお得 利用期間が長い iPad はコスパ最強です と入力する

そうすると、先ほどスクリーンショットしたサイトが一番上に表示されますので、クリックします。

表示された画面でURLを長押しすると”コピー”の項目が出ますので、「メモ」アプリへ貼り付けてメモのタイトルを入れれば終了です。

不要になったら削除しましょう

「メモ」アプリにメモしなおしたなら、保存したスクリーンショットは削除しましょう。
先ほども申しましたが、不要な写真ファイルは容量を圧迫しますし、他の写真を撮影していると後から不要なスクリーンショットを削除することは探すだけでも大変です。
メモに転記した不要なスクリーンショットは直ぐに削除しましょう。

「メモ」アプリも有効に活用しましょう

時間のない時のスクリーンショット、便利ではないですか。
慌ただしい現在、時間をかけずに処理する場合が多くなってくることが多々ありますので、このスクリーンショットは他の目的での利用も可能です。
また、Apple純正アプリの「メモ」アプリも優秀なアプリですので、これを機に利用の仕方や機能を確認されてみてはいかがですか。

for Better Life の一つとしてこれからご利用してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました