iPhoneよりPCよりも iPad の利用頻度が高い6つの理由

Apple

ノートパソコン、iPhone、そしてiPad と所有していますが、中でも自宅ではiPadの使用時間が長いことを改めて感じています。

このサイトの記事作成はノートPCで入力していますが、その他ノートパソコンを利用する機会は殆どなく、WEB閲覧はほぼiPadです。

外出時は手軽さからiPhoneがメインとなっていますが、iPhoneで気になるサイトがあればiPadで詳しく観る癖もついています。

理由は画面が大きいため情報量が多く閲覧しやすい為です。

そのiPadの魅力と使い方を改めて簡単にご紹介したいと思います。

起動が速いからストレスフリー

今利用しているノートPCはレノボのThinkPad。このThinkPadが記事作成に活躍してくれているのですが、SSD搭載機ですが起動が遅い。
昔のHDD時代に比べれば格段に速くなっているのですが、iPad の Touch ID や iPhone の Face ID を利用しているとSSD搭載PCの起動が遅く感じてしまいます。
これは iPad 利用者の方はかなり感じていることだと思います。
気になるニュースを検索するとき・不明なワードを調べるときなど、起動が速いことはツールに必要な最低条件になっています。
そういった面からも iPad の起動の速さはありがたいと同時に速くて当然、起動の速さがあるからこそこれ以降に記載する内容にも繫がってきます。

iPhone(スマホ)同様の操作で直感的

起動の速さ同様に、その操作もiPhoneなどのスマホ同様に直感的なタッチ操作で出来ることも、「普段使い」に最適なツールとなる理由でもあります。

時にはキーボードを繋いで長文入力することも可能、マウスも同様に接続可能。
難しい操作なく使えることがiPhoneなどのスマホ同様に魅力であります。

WEB閲覧・ショッピング・動画編集・映画鑑賞 すべてこの1台で完結

ネットショッピングを含めWEB閲覧に関して、スマホよりも画面が大きい為サイトの見やすさが各段に違います。
特にネットショッピングでは大画面だから商品写真を大きく確認できるなどメリットが多数あります。
動画編集も無料アプリをはじめ使いやすい有料アプリも多数あります。iPad だけで動画編集をされている方も多数おりますし、品質の高い動画作成が可能です。
これも直接画面タッチで簡単に操作できるiPadだからこそ出来ることだと思います。

ビジネスにだって利用可能

iPad はビジネスの場でも必需品になり得ます。
Officeソフトは使えますし、ビジネスでのiPad のメリットとして、クライアントへ画面をみせてプレゼンすることが出来る点も見逃せません。
資料に記載のないことも直接画面で確認してもらうことが可能なことは、疑問点を直ぐに解消されるというメリットをもたらしてくれます。
また、ビジネスに必要な予定やTo Doリストなども純正アプリでも備わっていますので、直ぐに利用することも可能です。

Appleペンシルが装着可能 使用頻度が上がります

今発売されているAppleペンシル第2世代は本体へマグネットで取り付けが可能な為、以前の第1世代よりも利用頻度が上がっていると感じています。

使いたいときに直ぐに利用できる状態にしておくことはとても大事です。

また第1世代のAppleペンシルも、カバーへマグネットで装着可能なペンシルホルダーなども販売されているので、そういった商品を使うことでAppleペンシルを直ぐに利用できる環境をつくることも可能です。

iPad 同様、直ぐに利用できることはとても大事な要素です。

目的・利用者に合った機種選択が可能

今販売されている iPad は、画面の大きさと機種で分類すると5種類販売されています。
利用者の目的によって選択できることもありがたいです。

iPad の利用目的による選び方は下記サイトを参照してください。

まとめ 控え目に見ても「最高のツール」

使いたいときに直ぐに使えるiPad。
大きく見やすい画面で、その画面をタッチ操作で簡単に利用できるのが iPad の最大の魅力だとおよそ7年利用してきて感じます。
Appleペンシルを利用することでデジタルツールにアナログな文字を加えることも可能ですし、ときにはキーボードを接続して長文入力も可能。

でもそれ以上に普段のWEB閲覧や動画視聴などで大画面で利用できて、思い出の写真や動画を大きな画面によりたくさんの人と観れることなど、日常生活を更に楽しいものにしてくれる。
それが iPad!
まだご利用されていない方は早くその魅力を体感してもらいたいと思います。






コメント

タイトルとURLをコピーしました