良心的なアップデート iOS15&iPadOS15 Apple

Apple

Windows11 が発表され、Windows10 からのアップデートが出来ないユーザーが多い中、Apple のiOSとiPadOS の最新バージョンはiOS15 が2015年発売の iPhone6sシリーズが、iPadOS15 が2014年発売の iPad Air2 まで対応と7年前発売の商品までOSをサポートしてくれるという良心的なサポートです。

これならば余程のことがない限り、WindowsPC を購入するよりも iPad Pro とワイヤレスキーボードを購入し利用していた方が起動も速いし、ノートPCより軽くて持ち出しも気軽と良い事尽くめではと感じています。

著者もWindows10のノートPCを一台所有・この記事作成もそのPCで打っていますが、それ以外にWindowsPCを利用することは無く、専ら iPad がメイン利用となっています。

Magic Keyboard を利用したM1チップ搭載の iPad Pro ならば、またはその iPad Pro へ文章作成時にワイヤレスキーボードを接続すれば、WindowsPC は必要なさそうな気もします。

新型iPad Proを買うべき人
iPadProは安価なPCよりも高性能で動作がもたつくこともなく処理速度も向上しているので負荷のかかるアプリを開いてもクラッシュの心配もありません。どういった作業をする方にとって必要なiPadなのでしょうか。購入検討されている方必見です。

文章入力はGoogleのドキュメントでも対応可能ですし、会社員が在宅ワークで利用するなら会社からPCは支給されるはずですし、あえてプライベート用に WindowsPC は購入する必要もないでしょう。

そこで今使用している iPad Air第4世代を iPadOS15 Beta にアップデートし、暫く使用してみたいと思います。
使用した感想は後日詳しく掲載いたします。

今 iPad Pro を買うならM1か、A12Z Bionicか!
パソコンよりも起動が早くまた持ち運ぶにも軽い為より気軽に使用できるiPad。M1チップ搭載の新型Proを今購入するのか、それとも旧型であるA12Bionic 搭載の2020年モデルを比較的安く購入した方が良いのか?必見です!#iPad


コメント

タイトルとURLをコピーしました