iPad を選ぶ際Wi-Fiモデルをお勧めな方の3つの特徴!

Apple

iPad の購入を検討されている方や追加購入・機種変更を検討されている方で悩まれるのがこのWi-Fiかセルラーかの選択です。
この記事ではどういった利用環境ならWi-Fiモデルを購入されても問題ないかを詳しく解説します。
実はほとんどがWi-Fiモデルを選ばれています。
迷われている方必見です。

Wi-Fiモデルの購入がおすすめな人

・自宅にWi-Fi環境が整っていて、殆ど自宅で利用する方
・所有しているスマホでテザリング契約されている方
・外出先でのネットを接続した利用がそれ程ない方

大きく分けると以上の様な方はWi-Fiモデルを購入された方がコスト的にお得です。
それでは次項で解りやすく解説していきます。

Wi-Fiモデルを選ばれた方が良い理由

iPad は通信キャリアのSIMを入れて利用するWi-Fi+Cellularモデル(以降Cellularモデル)と、Wi-Fiへ接続して利用するWi-Fiモデルの2種類があります。

CellularモデルはWi-Fiのない環境でも通信することが出来る一方、機種代金もWi-Fiタイプより高く毎月のデータ量による通信量も加算されます。

Wi-Fiモデルは購入する際に安くて魅力ではありますが、後でSIMを購入して iPad へ入れることが出来ないため、購入する前によく検討する必要があります。

自宅にWi-Fi環境が整っていて、殆ど自宅で利用する方

ご自宅に光回線などが既に設置されていてWi-Fiが利用でき、iPad は自宅で利用すると割り切っている方はWi-Fiモデルを購入することをおすすめします。
ただ、将来的に外で利用する予定があったり、まだ将来自宅以外で利用するかわからない方は、Cellularモデルを購入してSIMを入れないでWi-Fiで利用するという方法もあります。
これは次の2つの場合にも言えます。

所有しているスマホでテザリング契約されている方

今お使いの iPhone や androidスマホでテザリングが利用可能な方は、購入される iPad はWi-Fiタイプを購入・利用された方が毎月の支出を抑えることができます。

テザリングは便利な利用方法ですが、テザリングが長時間になるとテザリング元であるスマホのバッテリー消費も多くなります。
目安ですが、30分以上テザリングをする必要がある方はCellularタイプを購入することも検討されても良いと思います。

また、今大手キャリアで無料で利用できるWi-Fiスポットも充実していますので、そういったWi-Fiスポットを利用することもおすすめします。

私もdocomoで iPhone と iPad を利用しており、iPad も2台目プラス(データプラス)で利用してきましたが、docomoの d Wi-Fi のスポットが多数あることもあり CellularタイプのiPad Air 第4世代のデータプラスを解約・d Wi-Fiやテザリングでの利用に変更しました。

docomoのd Wi-Fi はこちらから

外出先でのネットを接続した利用がそれ程ない方

iPad のネット接続をした利用はほとんど自宅で、外で利用するのは自宅でダウンロードしておいた映画の視聴という利用をする方もWi-Fiモデルの購入をおすすめします。

自宅でダウンロードしておいた映画の視聴には通信量はかかりませんので、こういった場合もWi-Fiモデルで対応可能です。

映画はAmazonプライム!
Amazonプライムへ未だ加入されていない方はこちらから!試用期間もあります。

iPad 価格表

先ず今販売されている iPad の価格表をご覧ください。

今販売されている iPad 各種の販売価格(税込・Appleストア価格)一覧です。

iPad モデル別 価格表

Wi-FiWi-Fi+セルラー
iPad 第9世代
64GB3980056800
256GB5780074800
iPad mini
第6世代
64GB5980077800
256GB7780095800
iPad Air
第4世代
64GB6908085580
256GB87780104280
iPad Pro 11㌅
第3世代
128GB94800112800
256GB106800124800
512GB130800148800
1TB178800196800
2TB226800244800
iPad Pro 12.9㌅
第5世代
128GB129800147800
256GB141800159800
512GB165800183800
1TB213800231800
2TB261800279800

2021年10月現在

 

今販売されている iPad の価格ですが、Wi-FiモデルよりもWi-Fi+Cellularモデルの方が最大18,000円販売価格が高いです。
またCellularモデルでSIMを契約することで毎月通信量も別途かかります。

Wi-Fiモデルを選択してワンランク上のiPadを選ぶ方法もあります。

Cellularモデルを選ぶ必要がある方の特徴

ではセルラーモデルを購入された方がいい方の特徴は次の3つに当てはまる方です。

iPadをバリバリメイン機として利用を考えている方
・ノートパソコンのテザリングをする必要がある人
・自宅(メインの利用場所)Wi-Fi環境がない人

上記3項目を詳しくみていきましょう。

iPad をバリバリメイン機として利用を考えている方

iPad をメイン機として利用されてい方はセルラータイプを選ばれた方がベターではないかと個人的に感じます。
私個人も自宅で記事執筆はノートパソコンを使用していますが、それ以外は iPad Air 第4世代の利用がほとんどです。


iPad Air 第4世代購入時(iPad Pro10.5インチから機種変更)はここまで iPad Air の利用が上がるとは思っていませんでしたが、利用していくうちに iPad の方がやはり便利と改めて痛感しました。

これからiPad をメイン機として購入される方は、iPad Pro をおすすめします。

ノートパソコンのテザリングをする必要がある人

外出先でノートパソコンの利用があり、テザリング接続を頻繁にする方はセルラータイプを購入し、少し前の私の様にデータプラスなどの契約をされることをおすすめします。

テザリングは接続元のiPhoneやiPadのバッテリー消費が多いので、少しでもバッテリー容量の多い iPad をテザリング元として利用された方が結果として便利です。

バッテリー容量の多い iPad をテザリング元として利用することで、iPhone や androidスマホのバッテリー負担を軽減し、iPhone や androidスマホの寿命を縮めることを防げます。

自宅(メインの利用場所)にWi-Fi環境がない人

自宅やメインの利用場所にWi-Fi環境がない方は迷わずセルラータイプをおすすめします。
その都度テザリングで使用すると、テザリング元のバッテリー負担が激しいですから最初からセルラータイプで利用する方がストレスも軽減されるでしょう。

ドコモのスマホをご利用されている方なら割引などもあるので要チェック!

【コンセントに挿すだけ】工事不要なホームルーターは、一人暮らしの女性など部屋に工事業者などに入られたくない方におすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

iPad 利用者の7割強がWi-Fiモデルを購入されているというアンケート結果もあります。

2010年のアンケート結果ですが、現在もその比率は変わらないらしいです。

最初の購入されるのであれば、Wi-Fiモデルを購入してみて、利用頻度・使用目的などが具体的になった後の機種変更の際にセルラーモデルを検討するという方法もあるかと思います。
私はセルラーモデルをdocomoのデータプラス契約で利用していましたが、つい先日 ahamo へプラン変更した際にデータプラスは解約しました。

利用目的・環境により選ぶ機種やモデルも変わってきますので、今回の内容を参考にして頂ければと思います。

iPad は、あなたの for Better Life のツールの一つとして活躍してくれると思います。

iPad の機種を選ぶ参考記事はこちらから



コメント

タイトルとURLをコピーしました