Officeを使う必要がないなら、Macを選ぼう!

Apple

プライベートで利用するパソコンを選ぶ際、何を基準で選んでいますか?

少し前までなら無難にWindowsを選ぶ方が多かったのですが、今おすすめしたいのはM1搭載の MacBook Air(or Pro)がイチ押しです。

今回はMacをおすすめする理由を簡単にご紹介したいと思います。

そもそもWindowsPCでなければダメ!?

個人のパソコンでWordやExcelを利用しなければならない機会はそれ程多くないと思います。

Office for Macも販売されていますが、印刷する際に微妙にズレたりすることがあり、どうしても万能ではありません。

もし文書作成する必要があるのなら、Googleのドキュメントが無料で利用出来ますし、MacにはPagesという優れた文書作成ソフトがついてきます。

私はこのサイトの記事はGoogleドキュメントで下書きしています。
とても便利ですよ。

M1チップ搭載のMacBook Air(or Pro) はバッテリーの心配無用

ノートパソコンを自宅以外で利用する際にとても重要なことは、バッテリー持ちが良いかでしょう。
新しいM1搭載の MacBook Air や Pro は消費電力が少なくバッテリー持ちが良いことで購入者の方々から好評です。
使うソフトにもよりますが、丸一日給電せずに利用できるケースも多々あります。

iPhone との連携が便利

今日本でスマホ利用者の中で、iPhone を利用されている方が一番多いです。
その iPhone と MacBook Air(Mac類)の連携(連係)機能が便利なのです。
連携機能に関しては過去記事に詳しく掲載してありますので、そちらをご覧ください。

使うことが楽しくなる

iPhone や iPad を初めて使ったときのことを思い出してください。
夢中になって触れて、色々なアプリをダウンロードし使ってみませんでしたか。
Apple製品はそういった所有する喜びや使う楽しさを与えてくれます。
キーボードや操作方法はWindows機と多少違いますが、直ぐに慣れるでしょう。
私が初めてMacBook Air を使ったときも直ぐに慣れましたので大丈夫です。

M1 MacBook Air(Pro) のデメリット

バッテリー消費が少なく高性能なM1搭載のMacBook Air(or Pro)ですが、デメリットもあります。
外部モニターが1台しか接続できないことや、外付けGPUが接続できないことなどです。
ただ、こういった使い方をする方は拘った作業をする方なので、普通に利用するには全く問題ないので安心してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
iPhone は生活を便利にしてくれました。これからももっと生活を便利にしてくれるツールとなっていくでしょう。
それと同じように、MacBookをはじめとする Mac類は仕事や作業を効率よく、そして作業することを楽しく変えてくれます。

もしパソコンを買い替えるのならば、高性能で省電力なMac を選ばれてみてはいかがでしょうか。
今以上にあなたの for Better Life に役立ってくれると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました