2021年春、今購入するならiPadAir第4世代がベスト

Apple

2021年4月、新型iPadProが発表されM1チップの搭載等で話題になりました。

過去にも何度かiPadについての記事を掲載させていただきましたが、今購入するならどのiPadがコストパフォーマンスも含めて“買い”なのかを私なりの視線でお伝えします。

小中学校等でも導入され学習ツールとしてその地位を確実に築き上げているiPad。

ビジネスは勿論、学校や自宅での勉強や息抜き、また映画等の動画鑑賞やスマホやカメラで撮影した写真や動画の編集と活躍の場が多岐にわたるiPadですが、主な使用目的で選択する機種が変わってきます。

 

iPadの種類

まず大きくわけて、iPadPro、iPadAir、iPadmini、iPadの4種類があります。

この中で今販売されている商品(iPadProに関しては今回発表された新型に限定)でどれを選べばいいのかを比較していきます。
※一度購入すると2~4年は使用可能なので、旧型を選んでスペック不足にならない様にする為

 

iPadPro(新型)

新型iPadProはこれまでの様なiPhoneで使用しているチップの改良ではなく、既に発売されているMacBookAirやMacBookPro、Macminiに使用されているM1チップを搭載してきました。

これはもうiPadというよりもキーボードの無いMacBookと言っていいほどのスペックアップです。また容量も最大2TBと大容量の為、4K動画の編集・保存といった作業等も十分可能な商品です。Thunderbolt搭載で高速転送などはまさに重いファイルである動画の転送を目的としての搭載ではないでしょうか。

 

iPadAir(第4世代)

2020年秋に発売されたiPadAir。第4世代となったiPadAirはホームボタンが無くなり電源ボタンに指紋認証を搭載することでロック解除が出来る新しいタイプに変更されました。

また、カラーリングも5種類あり、選ぶ楽しみ・使う楽しみも増した感じのiPadAirとなりました。この第4世代からUSB-Cに変更になり、拡張性も増しました。

この5種類のカラーですが、スペースグレイ・シルバー・ローズゴールド・グリーン・スカイブルーの5色です。所有する喜びの面でいうとカラーの選択肢が増えるのはとても大事ではないでしょうか。グリーンとスカイブルーは実機をみましたがとても美しい色です。

現行iPadPro同様Appleペンシル第2世代に対応。私はこのiPadAirを旧iPadPro10.5インチから買い替えました。

 

iPadmini(第5世代)

7.9インチ、一番小さなiPadであるiPadmini。Appleペンシル第1世代に対応した第5世代です。

小さなバッグにも入るので持ち運びするに最適なiPadですが、ProやAirの様にフルスクリーンではないので、サイズの割りに画面が小さく感じてしまいがちかもしれません。

でもちょうどいい小さすぎないサイズで、スペック的にみても妥協のないこのiPad miniはファンの多いiPadでもあります。

このiPadminiがフルスクリーンで高スペックで新登場したら、とても魅力ありますね。

 

iPad(第8世代)

10.2インチのiPad。一番最初に発売されたiPadから数えて8世代目となったロングセラー商品です。

余程負荷のかかる作業等をしない限りこのiPadで十分ではないかと個人的には感じます。学校での授業等での利用されているタイプはこのタイプではないでしょうか。

ただ容量が最大で128GBというのが、写真や動画を保存しようとしている方にとっては容量不足になります。

 

iPadの容量

iPadPro(新型)

サイズが12.9インチと11インチありますが、両機種とも128GB,256GB,512GB,1TB,2TBの選択が可能。
この大容量は今後もっと普及してくるであろう動画の保存・編集を考慮した容量と感じます。

 

iPadAir(第4世代)

64GB,256GBの2種類。私は256GBを選択し購入しましたが、4K動画の保存を考えると最低512GBは欲しかったというのが感想。ただしiCloud等を別途利用することで対応は可能(有料プラン)。

 

iPadmini(第5世代)

iPadAir同様に64GB,256GBの2種類。iPadminiで動画編集は画面が小さいと思うので、256GBで不足することはないかと、、、。

 

iPad(第8世代)

32GB,128GBの2種類
他のモデルと比較すると大きくても128GBと容量不足は否めない感があるが、写真や動画の保存をしない方や、別途iCloudを契約したりすることで容量不足を解消することも可能。

 

iPadの価格

iPadPro(新型)

11インチモデル
Wi-Fiモデルなら、94,800円~226,800円
Wi-Fi+Cellularモデルなら、112,800円~244,800円

12.9インチモデル
Wi-Fiモデルなら、129,800円~261,800円
Wi-Fi+Cellularモデルなら、147,800円~279,800円

 

iPadAir(第4世代)

Wi-Fiモデルなら、69,080円~87,780円
Wi-Fi+Cellularモデルなら、85,580円~104,280円

 

iPadmini(第5世代)

Wi-Fiモデルなら、50,380円~69,080円
Wi-Fi+Cellularモデルなら、66,880円~85,580円

 

iPad(第8世代)

Wi-Fiモデルなら、38,280円~49,280円
Wi-Fi+Cellularモデルなら、54,780円~65,780円

 

こうして比較してみると、iPadProは高額ですね!

仕様の詳細は下記Appleホームぺージでご確認ください。

 

まとめ:おすすめはiPadAir(第4世代)です。

上記見出しのとおり、私がお勧めするモデルはiPadAir第4世代・256GBモデルです。可能であればWi-Fi+Cellularモデルが良いです。

Wi-Fiモデルとの違いはGPSが内蔵されているかいないかの違いで、iPadAirでナビを利用する予定がないのであればWi-Fiモデルを選択してiPhone等スマホでテザリングすれば十分ではないでしょうか。

私はWi-Fi+Cellularモデルを使用していますがiPadでナビを利用することはこれまでありませんので、Wi-Fiモデルでも不都合ないなと感じます。初期費用を抑える事も重要ですからね。

256GBモデルを勧める理由として、これからもっと普及してくるであろう動画の編集等を考慮すると容量は大きい方が便利です。

私は4K動画の簡単な編集をしますが、256GBでも少なく感じます。ただGoogleフォト等へ保存していますので何とかなっておりますが、容量は多い方が安心です、後から増やすことは不可能ですから。

ただしGoogleフォトは、2021年5月末で無制限アップロードが終了してしまいますので、それ以降は注意が必要です。下記記事に6月以降の対策が掲載してありますので、ご参考にしてください。

これから発売されるiPadProはM1チップ搭載等スペック的に魅力はありますが、何しろ高額なのがネックです。

5G対応になったiPadProですが、未だそのエリアは狭く5Gは2年後くらい後に対応した機種でも十分ではないかと。

またその他他製品より高スペックな箇所はありますが、普通に使用する分ではオーバースペックでは、、、が私個人の感想です。

写真が綺麗に撮影できるiPhoneで撮影した写真・動画をiPadAirで編集出来るので、やはりiPadAirが今現在一番のお勧めです。新型iPadProに関する記事ありますので、下記からご覧ください。

iPadminiは小さすぎず魅力ありますが、そろそろ新型が年内に出る等という噂も出ていますので、それから現行機種と比較する必要があります。

まさかM1チップ搭載のminiが出ることはないと思いますが、もし発表されたらminiは魅力ありますね。

ただ、これまで全くiPadを使ったことがなくてこれからiPadデビューして、iPadライフを満喫したいとお考えの方は、iPad(第8世代)の128GBもお勧めです。

色々なアプリ等を使用してみてiPadの魅力をわかり、継続して使えそうになりましたらアップグレードすればいいので、初めの1台としての導入としてはお勧めできる機種です。

いかがでしたでしょうか。これからiPadを購入してみたいと考えている方から買い替えを検討している方の参考になればと思います。

人との接触を少なくしなければならない今、一人の時間を有意義にするための一つのアイテムとしても優秀なiPad。そのiPadの魅力を体験してみてください。

コメント

  1. […] for Better Our Life2021年春、今購入するならiPadAir第4世代がベストhttps://kazublo.ne… […]

タイトルとURLをコピーしました