iPad Pro12.9インチはサブディスプレイとしてもGood

Apple

最近新たにキー一つでOSを切り替えられるキーボードとマウスを導入して作業している際にふと思いついたこと。

それは、
「今利用しているiPad Air第4世代がもしiPad Pro12.9インチだったら…」

iPad は直ぐに利用出来る特性などからベースとなる11インチサイズがベスト。
また外出先に気軽に持ち運びできる iPad mini の利点など様々な利用目的からの選び方などを掲載してきました。

今回はiPad Pro12.9インチの特性 「画面の大きさ」 というメリットを最大限活かせる方法があると感じましたので12.9というサイズを活かしましょう、徹底的に!

結論 大は小を兼ねる

画面が大きいことは良いことです。
iPhone の画面の小ささをカバーする為に iPad の利用を勧めてきましたが、最大の画面を持つ iPad Pro12.9インチについても同様のことが言えます。
例えばスプリットビュー

iPad の画面をSafariともう一つのアプリを同時に表示する方法ですが、画面が大きい方がメインアプリもサブアプリも見やすいです。
大は小を兼ねるのです!

iPad Pro12.9のサイズ

iPad Pro12.9インチのサイズは以下の通りです。
iPad Air第4世代と比較してみます。

iPad Pro 2021iPad Pro 2020iPad Air 第4世代
高さ280.6mm280.6mm247.6mm
214.9mm214.9mm178.5mm
厚さ6.4mm5.9mm6.1mm
重量(Wi-Fi)682g641g458g
重量(Cellular)684g643g460g
リフレッシュレートProMotionテクノロジー 120HzProMotionテクノロジー 120Hz60Hz
オーディオ4スピーカーオーディオ4スピーカーオーディオ2スピーカーオーディオ(横向き)

 

 

iPad Pro12.9のメリット

色々な iPad を利用・比べてきた視点から iPad Pro12.9インチのメリットをいくつか挙げます。

マルチタスクでスプリットビュー・スライドオーバーが使いやすく見やすい

先ほども記載しましたが、マルチタスク(2画面)にする際は画面が最大の12.9インチのiPad Pro が一番有利です。

スプリットビューやスライドオーバーとして利用するには iPad Air などでも可能ですが、より画面の大きい iPad Pro12.9インチを利用する方が効率は良いでしょう。

iPad でマルチタスク機能を使う
iPadOS では、マルチタスク機能を使って、複数の App を同時に使いこなせます。新しいマルチタスクメニュー、Dock、Spotlight を使って、複数の App で作業する方法をご案内します。

Amazonプライムなどで映画・動画視聴に優れている

せっかくの休憩で動画視聴するには、やはり画面が大きい方が迫力もあり細部までハッキリ映る12.9インチがベターでしょう。

iPad は仕事でも利用可能ですが、趣味や余暇で利用するにも最高のツールです。
大事なその時間を有効に利用するには大きな画面で映画を視聴した方が気分転換にもなるに違いないでしょう。

ノートとして利用する際に画面を大きく使える

例えば資格試験などの勉強で iPad を利用する際にノートとしても利用することが出来ます。
ノートとしても大画面の方が断然使いやすいです。
マルチタスクを利用して片方にテキスト、もう片方にノートなんて使い方だって可能です。

イラストが描きやすい

仕事や趣味でイラストを描く方にとっては大画面の方が使いやすいことは言うまでもないでしょう。

動画・写真の編集がしやすい

動画の編集もカットする際画面が大きい方が範囲を指定しやすいですし、写真の現像も同様に細部まで細かく観れる大画面の方がやはり優れています。

iPad Pro12.9 はどんな人に向いている!?

・頻繁に動画編集をする人
・頻繁にRAW現像をする人
・頻繁にイラストを描く人
この3つは以前から iPad Pro が適していると紹介してきました。

新型iPad Proを買うべき人
iPadProは安価なPCよりも高性能で動作がもたつくこともなく処理速度も向上しているので負荷のかかるアプリを開いてもクラッシュの心配もありません。どういった作業をする方にとって必要なiPadなのでしょうか。購入検討されている方必見です。

またこういった方以外にも、例えば
・今使用しているPCのサブディスプレイとして iPad の利用を考えている人
・息抜き時間に映画鑑賞して気分転換したい人
など、iPad Pro12.9インチの大画面は様々な方の用途に合う使い方が出来ると思います。

また、iPad Pro12.9インチをメインの iPad として利用し、外出時には iPad mini32GB をサブ機として利用するなんて方法もあるかと思います。

2台揃えるのは費用がかかるのであまりおすすめできませんが、整備済製品などを狙うなんて方法もありますので、Appleの整備済製品をチェックしてみるのもおすすめです。

整備済製品という選択 Apple製品の購入
タイトルの「整備済製品」、聞いたことがある方もいると思います。 購入後すぐに返品された商品などを再整備し、最大15%引きの特別価格で購入ができる製品です。 この整備済製品を選択すると初期費用を抑えることができますのでおすすめです。 Appleのサイトの整備済製品詳細を読むと 整備済製品の内容は以下に要約されます。 Apple認定整備済製品はすべて、新品のApple製品と同様の機能上の基準を満たすため、全項目試験を含む厳格なプロセスで再整備。 整備済デバイスはまった...

まとめ

iPad は種類が多く、どの機種が自分に当てはまるのか判らないなんて方も多いかもしれません。
ただ、どのiPadも基本的なことは変わらず出来ますので、安心してまずはご利用されることをおすすめします。
その後自分に合った iPad が見付かったら改めて購入し直すことも可能です。

これから購入の為に最適なiPadの選び方・比較【2022年】
iPad mini第6世代と無印iPad第9世代が発表され、これから iPad を購入されようとしている方で複数ある iPad シリーズの中からどの種類を選べば良いのかわからない方も多いと思います。今回は利用用途や iPad の特徴からどのiPadを選べばいいかを解説しますので、購入時の参考にしてください。

まずは、iPad のもつ大画面の便利さを楽しみましょう!

コメント

  1. […] for Better Our LifeiPad Pro12.9インチはサブディスプレイとしてもGoodhttps://kazublo.n… […]

タイトルとURLをコピーしました