iPadは情報収集 iPhoneは通信 Macで作業が理想

Apple

自宅で過ごす時間が多くなった今、AmazonプライムやNetflixなどでの動画視聴やネットショッピングなどに費やす時間が増えた方が多いです。

このように整ったネット環境を更に快適に使う為にもデバイスを見直したことはありますか?

iPhone を利用して動画視聴を観やすい大きな画面の iPad に換えてみたり、デスクトップPCやノートPCを利用していたネットショッピングを iPad に換えてみたり。

iPhone でも PC でも動画視聴やネットショッピングなどは充分可能なのですが、なぜ iPad の利用をおすすめするのか?

それは、

iPad は情報収集ツールとしては最も適している」からです。

iPad が情報収集ツールとして最適な理由

iPad が情報収集ツールとして最適な理由、それは

画面が大きく見やすい」ことと、
起動が速い」、そして
コスパ最高」なことです。

まだまだ様々な理由がありますが、この3つは最大の理由でしょう。

例えば、、、

テレビなどで知らないワードや気になった内容を調べることは誰もが経験していると思います。

調べるだけなら iPhone やandroidスマホでも可能ですが、その対象が物の画像だったり場所(地図)だったら画面の小ささから確認しずらかったりしませんか。

それを「画面の大きい」 iPad で調べると、確認しやすいですし、またピンチアウト(指で広げて拡大)すると、さらに見やすく調べたいモノも直ぐに理解できます。

またiPhone やandroidスマホ同様、「起動が速い」のもありがたい仕様です。

デスクトップPCやノートPCで調べるとしたら、電源を入れてから立ち上がるまでに時間がかかります。SSD搭載のPCでも iPad の起動の速さには適いません。

コスパも良い!

そして、「コスパ最高 」なことも利用する上で重要です。

一度購入・利用すると iPhone やandroidスマホよりも長い期間利用されて機種変更もスマホよりも少ない為、自然とコスパが良くなります。

これは iPad が情報収集ツールとして割り切られている為なのかもしれません。

バッテリーの消耗が激しくなったり、故障などが無い限り長く利用し続けられ、結果コスパ最高なことも iPad の魅力の一つでしょう。

最もコスパの良い iPad はこちら


2021 Apple 10.2インチiPad (Wi-Fi, 64GB) – シルバー

iPad のコスパに関するこちらの記事もどうぞ

場所を選ばず利用可能!

iPad は両手または片手で持つことが可能で、PCの様にデスクに置いて作業するなどの制約がありません。

ソファーに座ったまま、横たわったまま、公園のベンチ、カフェなど場所を選ばずにサッと取り出せて利用できる iPad は最高の相棒になるのです。

最も携帯性に優れた iPad はこちら


2021 Apple iPad mini (Wi-Fi, 256GB) – パープル

動画編集だって可能!

情報収集ツールとして最適と述べましたが、iPad は動画編集だって可能です。

恋人や友人との旅行の記録、家族やペットの成長記録を動画で保存する方が増えてきています。

iMovie を利用すれば、iPhone などで撮影した動画を簡単に編集することも可能です。

有料のアプリに比べると利用できる機能は少ないですが、最初は iMovie を利用して動画編集の楽しさ・簡単さを体感し、それ以上に凝った編集をしたいと思ったら有料アプリに替えてみる方法が良いでしょう。

動画編集を楽しむこと、それが一番大事です。

キーボードを接続して長文入力だって可能!

iPad は画面内にキーボードが表示されて文字入力は iPhone の様に利用可能です。

ただ、長文入力となると流石に本物のキーボードを利用した方が入力は速いです。

iPad 一体型のものから、Bluetooth接続で利用するキーボードまで様々な種類がありますので、機能やデザインで選ぶことが可能です。

iPad の利用頻度が高い理由はこちらもどうぞ

万能な iPad ですが、、、

様々なシーンで日常に溶け込んでくれる iPad ではありますが、デスクトップPCやノートPCの方が適した場合もあります。

その一番の理由は、「作業効率がPCの方が高い」ことです。

PCの効率の良さ

iPad は iPadOS に変わってからスプリットビューやスライドオーバーというマルチタスク機能が追加されました。

これは2つのアプリを同時に画面へ表示させる機能ですが、非常に便利な機能です。

ただ2つのアプリしか表示させれないことが、PCの方が作業効率が高いことにつながります。

また、PCでしか利用できないソフトもまだまだあります。

そういった作業をされる方にとってはPCの方が作業効率が高いことは事実でしょう。

PCを必要とする方は減るかも

・自宅でWordなどのOfficeソフトを利用することありますか?

・PCでなければ利用できないソフトを利用していますか?

・そもそもPCを頻繁に利用していますか?

テレワークが普及し自宅で仕事をする方も増えてきましたが、そういった場合はだいたい会社からPCなどは支給されているはずです。

そのような支給されたPC以外、個人所有のPCでOfficeソフトを利用する機会がある方は会社員の方でもごく少数だと思います。

そうした利用がないのであれば、iPad の方が断然利用しやすく快適になると思います。

iPad が快適に利用できる内容はこちらもどうぞ

iPhone 利用されているなら Mac も検討を!

iPad の魅力を伝えてきましたが、やはりPCが必要となる機会もあります。

そんな場合、iPhone と一緒に利用すると格別に便利なのが、Mac です。

Apple製品は複数の機器と合わせて利用することでその魅力が倍増します。

例えば、iPhone と Mac。

iPhone でコピーして Mac にペーストが出来るユニバーサルクリップを利用できるなど、Apple製品同士の連携(連係)機能は作業効率を高めてくれます。

もちろん iPhone と iPad、iPad と Mac の間でも利用可能です。

Apple製品の連係機能の記事はこちら

理想は iPhone・iPad・Mac の利用

iPhone を使用されている方は、可能ならば iPad と Mac を一緒に利用することをおすすめしたいです。

おすすめの機種

個人的には、

・iPad は 無印iPad もしくは iPad Air

・Mac は MacBook Air(M1) もしくは iMac(M1)

iPad は購入された方々の利用用途をみても情報収集作業がほとんどですので、無印iPad で充分対応可能です。
ただ、ストレージ容量は256GBを選択しましょう。

また2020年に発売された iPad Air 第4世代はカラーが豊富で、特定のカラーが気に入って購入される方も多いので、こちらもおすすめです。

一方 Mac は、使用頻度や利用用途にもよりますが、ほとんどの方は MacBook Air で性能的には充分です。

作業効率なら断然パソコン!

自宅で長文入力する機会が多かったり、Excelを利用する作業をしたりなど、情報収集以外の作業をするなら断然PCの方が作業効率は高いです。

今WindowsPCを利用されているならそのままお使い頂いた方が良いでしょう。

また予算が合えば、無印iPad をWEB閲覧など情報収集手段ツールとして導入してみてはいかがでしょうか?

Mac も良いですが、今Windowsをお使いなら無理に買い替える必要もありません。

iPad を利用してみて、Apple製品の連係機能が便利だと感じたら次に購入するPCを Mac で検討されてみてはどうでしょう!?

閲覧主体の利用なら iPad のみでもOK

WEB閲覧や動画視聴などがメインの利用であれば、私なら iPad を選択します。

いざというときはキーボードを接続してGoogleドキュメントや Pages などで文章作成も可能ですし、簡単な動画編集も可能です。

先に iPad を導入して、必要が出てきた際に Mac を買い足しでも、 Apple製品同士の魅力を引き出すことは可能です。

iPhone を利用されている方の参考になればと思います。

Apple製品は、for Better Life の必需品となるでしょう!

iPad の選び方についての記事はこちら






タイトルとURLをコピーしました